カンボジアへ行ってキタ

DSC03842.JPG

今年のバカンスはカンボジアのワールド・ヘリテージ、4泊5日の旅となりました。

思ってた以上に良い旅でした。クメール料理はちょいと苦手でしたが、アンコール・ワット他多数の遺跡を存分に堪能。やっぱ旅ってイイねー。

 

DSC03844.JPG

DSC03852.JPG

午前4時に起きて6時前に見た朝焼けのアンコール・ワット。

 

DSC03868.JPG

DSC03877.JPG

アンコール・トム、南大門。

 

DSC03879.JPG

DSC03886.JPG

DSC03889.JPG

DSC03898.JPG

京唄子師匠。

 

DSC03901.JPG

DSC03908.JPG

知らない遺跡(笑)。

 

DSC03912.JPG

象のなんちゃら、、、

って写真を数点アップしようとしたら、無料分3Gを使い切りました。新しいものを立ち上げないとダメかー(泣)。

滝…二つ

屋久島の旅三日目は、レンタカーを借りて滝巡りを行いました。

 

大川の滝

一つ目は、日本の滝100選のうちのひとつ、『大川(おおこ)の滝』です。

 

大川の滝

落差88m。最近雨が降っていないそうで水量が少なくほぼ一筋でした。

 

大川の滝

大川の滝

大川の滝

15年位前にカナダへ行った時に見たナイアガラ瀑布(遊覧船に乗って見たのですがアレはホント凄かった)には到底敵いませんが、それでも大量のマイナスイオンでしたかね。

そして、もう一つが『千尋(せんぴろ)の滝』。

 

千尋の滝

落差80m(だったかな?)。

ここは滝壺側までは行けず、展望台からしか見れません。雨量が多いと左側の花崗岩まで全て水が流れるそうです(近くに居たガイドさんがそう言ってました)が、いかんせん雨量と滝までが遠過ぎる(笑)。屋久島空港からだと行って来いで2時間から2時間半位をみておけばいいでしょうか。あと、ランチで行った『いその香り』というお寿司屋さんの(何だった忘れましたが)地魚にぎりが最高に美味しかったです。屋久島を訪れる方は是非行かれることをオススメいたします。

そしてお宿に戻って温泉&花札、DAY-3でした。

白谷雲水峡備忘録

白谷雲水峡

白谷雲水峡

『もののけの森』入口。

歩を進めるとさっそく大きな岩が登場し、それを登りきると吊り橋が現れます。

 

白谷雲水峡

白谷雲水峡

白谷雲水峡

ここでルートをチョイス。

僕たちは橋を渡らないルートを選択(杉コースと命名)し、厳しい行程を行くことにしました。

 

白谷雲水峡

白谷雲水峡

最初に登場する二代杉。

 

白谷雲水峡

白谷雲水峡

二代大杉。

 

白谷雲水峡

三本足杉。

 

白谷雲水峡

びびんこ杉。

 

白谷雲水峡

三本槍杉。

 

白谷雲水峡

奉行杉。

奉行杉を見てしばらく行くと吊り橋を渡るルートと合流。やっぱり杉コースはハードでした(笑)。

 

白谷雲水峡

くぐり杉。

 

白谷雲水峡

くぐり杉内部。

ウィルソン株のようにハートマークではありません。そして進んでいくと、、、

 

白谷雲水峡

白谷雲水峡

白谷雲水峡

苔むす森。

『こだま』のフィギュアを持参して撮影するべきでしたね(笑)。

 

白谷雲水峡

なぜ武家・公家と命名したのでしょうか。

そしてラストは、、、

 

白谷雲水峡

太鼓岩。

苔むす森から20分程度急な坂を登ると到着したでしょうか。突然広がるパノラマは絶景の一言です。

 

白谷雲水峡

白谷雲水峡

縄文杉コースより明らかにラクでしたが、1年歳を取ったからか疲労度はそんなに変わりませんでした(泣)。

本格的な装備も不要で、ガイドさんなしでも全く問題ありません。今回は雨も降らずの4時間程度のトレッキングでした。下山時に弥生杉を見るコースを行けば『白谷雲水峡』完全制覇でしたが、それは断念。歳は取りたくないものですね。

以上、『白谷雲水峡』でした。