躍動した若きドイツ代表

チャンピオンズリーグ【グループD】第5節、アヤックスVSドルトムント@アムステルダム・アレーナの一戦は、ここまでマドリーと互角以上の戦いを見せていたドルトムントがアヤックスを4-1で一蹴し首位でノックアウトラウンド進出を決めました。

退屈なボール回しのアヤックスに対して、効率良くショートカウンターを決めたドルトムント。全員の意思が統一されていて、見事なカウンターを繰り出します。

ゲッツェがカウンターの起点にロイスとレヴァンドフスキーが決定力を見せて、昨シーズンの雪辱を果たしました。

ゴキゲンなカウンター。

どこまで行くでしょうか?

広告