“we love mourinho”

カンプ・ノウ

リーガ・エスパニョーラ第16節、バルセロナVSアトレティコ・マドリード@カンプ・ノウ。

今年もこのゲームを入れてあと2試合となったバルセロナ。開幕からここまでチームレコードを更新する14勝1分の勝ち点43で首位を独走していますが、最後のヤマを迎えることとなりました。ダービーでは全く良い所を出せなかったですが、チョロ・シメオネが見事に統率し結果を出しているアトレティコ。メッシVSティグレ・ファルカオもクローズアップされて否応なしに盛り上がりましたが、歓喜はカンプ・ノウに訪れました。

8分に右からのクロスにフリーのファルカオが頭で合わせて左ポスト叩いてゲームが動き、31分にメッシがロストしたボールを中央左で受けたファルカオが単騎突進し、ヴァルデスを嘲笑うループでアトレティコが先制しました。ブスケツは全く追い付けず、プジョルのカバーも間に合いませんでした。

ここまでシュートも満足に放てないバルサでしたが、5分後に右45度からアドリアーノが豪快にゴール左上に蹴り込んだゴラッソ(バーに当たりゴールに吸い込まれました)で追い付き落ち付きを取り戻し、前半終了間際にコーナーキックの毀れ球をブスケツが技ありのタメでディフェンダーとクルトワを冷静に避してゴール右上に蹴り込み2-1で折り返しに成功。

後半早々の57分にメッシが一瞬のスピードでディフェンダーを置き去り、抑えたシュートでゴール左隅に蹴り込み3-1とし勝負を決めました。キーパーの手前でワンバウンドするスピードのあるシュート。ウイニングイレブンのメッシが良く打ってゴールしてくれますが、アーセナルのヴェンゲルの言葉が蘇る凄いシュートでした。

終了間際にもディフェンダーのヒールでの横パスを奪いチップキックでゴールを決めたメッシのドブレーテで4-1で圧勝したバルサ。

磐石です。

 

アドリアーノ

凄い1発でチームを勢い付けたアドリアーノ。

この試合ではアウヴェスの代わりに右ラテラルに入って勝利に貢献です。

 

メッシ

この試合も2発のメッシ。

モウリーニョに『負傷退場した選手が2日で復帰することはないはずだ。私の概念では、選手というものはもうプレイできないときにだけピッチから去る』と口撃されましたが問題ありませんね。

マドリーを去るであろうモウに、『俺たちは愛してるぞ。マドリーに残れ!!』コールでお返ししたカンプ・ノウのクレ達。

痛快でした。

広告