史上初!4年連続の偉業

メッシ②

大方の予想どおりメッシが4年連続のバロンドールを手にしました。

記録的な91ゴールを上げた昨シーズン。タイトルはコパ・デル・レイのみでしたが、妥当です。今シーズンはリーガを手にし、チャンピオンズとコパも取れば5年連続も当確でしょう。

メッシに残されたタイトルはワールドカップのみとなりました。

 

最終候補者

最終候補者の3人。

イニエスタが受賞する日は来ないでしょうか?

 

メッシ①

史上最高のフットボーラー。

カンプ・ノウで生で観たことは生涯忘れないでしょう。引退する前にもう一度観てみたいですね。

広告

果たして・・・リーガは退屈か?

バルサ

カタルーニャダービー。

リーガ・エスパニョーラ第18節、バルセロナVSエスパニョール@カンプ・ノウ。ここまで異次元の・・・とまではもう少し?だと思いますが、圧倒的にリーガを無敗で独走中のバルセロナ。

贔屓の@uemachiとして嬉しい限りで、スペクタクルな得点やプレイを毎週生で堪能できて大満足ですが、他のチームのファンにはやはり面白くないのかもしれません。

ダービーともなれば盛り上がるはずですが、エスパニョールは『4-5-1』のバス横付け。にもかかわらず開始早々にシャビに決められ失点し破綻しました。その5分後にもメッシの引っ掛けたシュートをペドロがコースを変えて2点目を決めて開始早々にゲームの行方は決まってしまいました。

あと65分も残っていましたが、エスパニョールが追い付く、得点するイメージは全く持てません。そして、ペドロが中央に飛び出しブスケツのスルーパスを絶妙なループでキーパーを嘲笑い3点目決めて、あとはバルサが何点取るのか?メッシのゴールは生まれるのか?に興味が変わってしまいました。

流れからのゴールを観ることは叶いませんでしたが、セスク(ケガから久しぶりの復帰)が得たPKを難なく決めて前半だけでポーケル達成です。

『間違いなくマニータ@ダービーじゃん!!』と期待しましたが、後半はペドロが2度ネットを揺らしましたがオフサイドで取り消し(オンサイドだったですね)でゴールは生まれませんでしたが、難なく4-0で勝利し無敗(17勝1分)を継続中です。

スーパークラック、『神』メッシとスペイン代表のコラボが織り成すスペクタクル。

結果がなんとなく分かるので、そういう意味では退屈かもしれませんがセルティックが起こしたジャイアント・キリングの例もありますので、決して退屈ではないでしょう。

昨今、プロ・アマ、男女を問わず、『○○○バルサ』の冠が付くバルセロナが撒いた種(より攻撃的に、美しく勝利する)は、世界中で芽が出ています。

この極東でも年末に野洲高校が、本家以上に愚かにも実戦し(どこかで閉所フェチと揶揄されていましたが、それ程繋いで、繋いで中央を抉じ開けるスタイルを展開して僕は楽しめましたが・・・)をていましたが、『退屈だ!!』などと言わず、フットボールをエンターテイメント域に昇華させた稀有のチームをあと数年堪能できる喜びを噛み締めましょう。

 

シャビ

イニエスタの高速グラウンダーパスに完璧に合わせたシャビ。

好調過ぎます。

 

ペドロ

ハットトリックは逃しましたが、ペップの元でデビューした頃のような絶好調さでしたね。

 

メッシ

この試合はPKのみのメッシ。

明日のバロンドールの前祝としては少し寂しいかな・・・?