油断が招いた1発?

バルセロナ

コパ・デル・レイ、クォーターファイナル・ファーストレグ、バルセロナVSマラガ@カンプ・ノウ。

直前のリーガでも対戦したマラガ。その時は3-1で圧倒したバルサでしたが、今日は勝ちきることが出来ずセカンドレグでゴールが必要となってしまいました。

ピントからのビルドアップをチアゴが奪われる致命的なミスで失点しまったバルサは、すぐさまメッシがディフェンダーからボールを奪いゴールを決めて1-1とし、コーナーキックからカピタン・プジョルのヘッドで難なく勝ち越し、前半でアドヴァンテージを得ました。先発したアレクシス・サンチェス(2度の決定機を祖国チリに向けて放つかのごとくふかしてしまいました)が決めていればもっと楽な展開で勝利出来ていましたね。

しかし、リード出来たバルサ。後半もしっかり得点を奪いファーストレグで勝負を決めたいところでしたがかなり低調なゲーム運びで、終了間際の89分に痛い1発をセットプレイから喰らいラ・ロサレダで雌雄を決することとなってしまいました。

10人となったマラガ相手に全く数的優位と見えなかったバルサ。油断した訳ではないでしょうが、痛すぎるドローで攻めまくるセカンドレグが楽しみでもあります。昨シーズンのチャンピオンズリーグ・セミファイナル同様とにかくゴールが必要となりました。

マストゴール、トゥウイン。

そしてチアゴくん・・・反省しなさいよ~。

 

メッシ

この日は1得点のみのメッシ。

消えている時間が多かったですね。

広告