アンダルシアで一つも勝てず・・・

マドリード

リーガ・エスパニョーラ第22節、グラナダVSレアル・マドリード@ロス・カルメネス。

何故『クラシコ』のクオリティを継続することが出来ないのでしょうか?ガチガチに守るグラナダの壁を突破出来ず、前半は全く良いところがありませんでした。寄せというか、圧力というかが全くなく、ポゼッションも向いてません。前線の動きがなく、単純にクロスを放りこむばかりで、ゴール出来る感じが皆無でした。加えて、ロナウドがキャリア初のオウンゴールを犯す悪循環。コエントランはそこそこオーバーラップで攻め上がりましたが、アルベロアが駄目でサイド攻撃が出来てませんでした。シャビ・アロンソは疲れすぎ(試合後負傷していたようですが)て精彩を欠きすぎていました。

0-1で前半を終えましたが、ビハインドは1点。どうとでもなるハズですが・・・。後半入ったベンゼマ&カジェホンが1度有ったチャンスを逃しそのままタイムアップのホイッスル。

4度アンダルシアの地に沈み、試合終了後はボスによる恒例のバルサ批判、選手批判が展開されました。

 

モウリーニョ

『ずっと前から明確なことが一つある。このリーグには、日程管理されていないチームが存在しているんだ。水曜日(クラシコ)があり、両チームともかなりの消耗を強いられた。今日は我々が試合に臨み、明日にもう一チームがプレーする。常に同じことが起きている。』

逆もあるような気もしますし、相手はグラナダですし・・・。いつも思いますが、『スペシャル・ワン』の割には言っている事が小さいです。

『水曜日に90分間戦った選手たち、またそうでない選手たちがいる。前者が消耗しているのは分かっているが、ベンチやスタンドで観戦していた後者が、なぜ疲れているのかは理解に苦しむ。』

イグアイン・・・、全く駄目でした。モドリッチ・・・、パスが回ってきませんし回ってきても持ちすぎか、パスが出せずどうしたらいいか迷っている感じでした。イグアインは昨シーズンでチームを離れるべきでしたし、モドリッチは最低の補強となってしまいましたね。

 

ロナウド

キャリア初のオウンゴール(触るのが精一杯でしたが)のCR7。

カウンターで世界一の脅威となるロナウドですが、この試合のようなコンディションとポゼッションでは・・・。ユナイテッドとの決戦までにコンディションが戻るでしょうか?

広告