『クラシコ』疲れ?

メッシ

リーガ・エスパニョーラ第22節、バレンシアVSバルセロナ@メスタージャ。

『クラシコ』後の疲労からか全体的の重かったバルセロナ。パスが繋がらず、またホーム・メスタージャで奮起したバレンシアの圧力もあって勝ち点1を得るのがやっとのデキでした。

ゴールが生まれる感じがしない中、33分に右からのクロスから毀れたところをバネガに決められ先制を許しました。それで目が覚めたわけではないでしょうが、前への意識、メッシがボールに絡むようになり、失点の6分後にペドロがPKを得て何とか追い付きました。

メッシが左上に強烈に決め1-1に。

メッシはリーガ12試合連続ゴールとなり、自身の記録を更新しましたが、流れからのゴールは前半は生まれませんでした。後半は前半よりは良かったと思いますが、セスクがチャンスを決めきれず、バレンシアの方が決定機が多く負けていてもおかしくはありませんでした。珍しくヴァルデスのファインセーブでマドリーに続いて勝ち点3のロストは免れましたが1-1で試合を終えました。

『クラシコ』の消耗って半端ないのでしょうかね。マドリーの失態に続いてのバルサの停滞。チャンピオンズリーが始まるまでに回復を願うばかりです。

 

セスク

メッシからのスルーパスに抜け出したセスクでしたが、ディフェンスに寄せられ、グアイタにはコースを消されボールはポスト左に逸れてしまいました。

決まっていればなァ・・・。

広告