価値あるドロー

クロップ

チャンピオンズリーグ、ラウンド・オブ・16・ファーストレグ、シャフタール・ドネツクVSボルシア・ドルトムント@ドンバス・アレナ。

昨シーズンの王者チェルシーが沈んだ極寒の地ウクライナ、ドネツク。いつものようなゴキゲンなショートカウンターは影を潜めてしまいましたが(マドリーしかりポゼッションはイマイチ上手くいきませんね)ドルトムントは2度先制された逆境を終了間際に追い付き、貴重なアウェイゴール2つを捥ぎ取りホームへ戻りました。

31分にクロアチア代表のスルナに美しいFKを決められ、68分にはロングボールの処理をフンメルスが誤り失点してしまいましたが、その都度の粘りで昨シーズンの教訓を活かしたカタチでしょうか。

41分のレヴァンドフスキのゴールは偶然に助けられ、終了間際のフンメルスのゴールはコーナーキックからでした。まだ突破を決めた訳ではありませんが、熱狂的なホームで早い段階で先制出来るとネクストラウンドです。

 

レヴァンドフスキ

最初のシュートを空振りしてしまいましたが、それがフェイントになりディフェンダー2人は交錯してしまい、ドフリーでゴールを決めることが出来ました。

ラッキーも実力?

 

フンメルス

ドンピシャのヘッドを決めたフンメルス。

2失点目は明らかなミス。名誉挽回の1発は貴重過ぎる2発目のアウェイゴールとなり、ネクストラウンドへの扉を半分開けました。

今日でラウンド・オブ・16の半分が終わりました。ユヴェントスがセルティックにアウェイで3-0で圧勝し勝ち抜ける可能性が一番高いですね。パリもメスタージャで2-1バレンシアに勝利しましたが、ズラタンが1発レッドを貰いました。残りは次週です。

バルサVSミランが待ち遠しいですね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中