決戦前座

バルサ

リーガ・エスパニョーラ第32節、バルセロナvsレバンテ@カンプ・ノウ。

ミッドウィークにミュンヘンへ乗り込む贔屓のバルサ。リーガはほぼ手中に収めていますので、32節は重要でもあり重要でもないゲームでしたかね。イニエスタは出場してコンディションをキープ。メッシやシャビ、ペドロにブスケツ、アルバもお休み。特にメッシはケガを治し、トップフォームに近いカタチでファーストレグに先発してもらいたいものです。

試合はまぁ~・・・コレといった感じで得点する感じがしませんでした。チアゴとセスクのポジショニングが被っていましたかね。テージョはボールが足元に着かず、ビジャは消えていたでしょうか。

センターバックで先発したのはアビダルとアドリアーノでしたが、レバンテが全く攻めてこないので、大過なくクリーンシートで試合を終えることができました。アドリアーノはミュンヘンで先発でもオッケーかな。

スコアレスドローで終わるかと思いましたが、84分にエリア中央でボールを受けたセスクが綺麗にゴール左隅に蹴り込み、勝ち点3を上積み。前の試合でマドリーが3-1でベティスに苦戦しながらも勝利していたので勝ち点差は変わらず13のままですが、覇権奪還は確定かな。

 

セスク

狭いところで決め切りました。

今シーズンの10ゴール目はメッシに次ぐゴール数で良くやっていると思います。しかし、マジョルカ戦でのハットトリックもそうですが、格下相手には結果を出すセスク。ビッグクラブ相手でもそれなりにやれれば批判も減るんだろうけど・・・。

好きなので頑張って欲しいものです。

そして、ミュンヘンでのファーストレグ。アウェイゴールを持ち帰ろうゼ!

広告