impossible dream

チャンピオン

プレミアリーグ第34節、マンチェスター・ユナイテッドVSアストンヴィラ@オールドトラッフォード。

ユナイテッドファンではありませんが、クイーンの名曲を聴くのはいつでも、どこでも素晴らしく、心揺さぶられます。

ゲームは開始2分。ギグスの左からのグラウンダーのクロス(真ん中のカガワくんが触れず右に流れていきました)をファンペルシーが決めて早くも先制。

続きは13分。ルーニーの難しい右後ろからの浮きパスをダイレクトボレーで2点目。

仕上げは33分。これまたギグス(カガワくんからの絶妙なスルーパスを受けた)からの折り返しをエリア中央で受けて、冷静にキーパーを躱してハットトリック達成。

ユナイテッド通算20回目の優勝に華を添えました。この名門の歓喜の輪に、日本人フットボーラーが居たこと(今シーズンは準レギュラーですかね)はホント凄いことですよね。今更ですが。

それも、この試合はトップ下でした。惜しむらくは、後半に迎えた決定機を吹かして4点目を決めきれなかったこと。ファンペルシーが冷静に決めたように、決めきることが出来るハズですもん。

試合後のセレブレーションの輪にも自然と溶け込んでいて、イイなぁ〜と思った人は多かったと思います。幸せな朝を迎えることができました。

さて、ユナイテッド。解説の粕谷さんもおっしゃってましたが、ヨーロッパで通用するにはどうしたら良いか。カガワくんを真ん中に配していくのか?来シーズンはチャンピオンズリーグでも活躍してもらいたいと切に願います。

おめでとうございました。

 

1点目

流し込むだけの1点目。

 

2点目

グレイトでファンタスティック(サー談)な2点目。

 

3点目

華を添えた(ちょっと危なかった?ポストに当てましたし)3点目。

自身初の優勝、ユナイテッド20回目の優勝に大きく貢献したNo.20。次週は古巣との凱旋対決です。エミレーツは凄まじいブーイングしょうね。

 

ユナテッド

ファーガソン

来シーズンはヨーロッパでもお願いしますよ~。

 

レジェンドと

試合後のレジェンド、ライアン・ギグスとの1枚。

嬉しそう。

 

シャンパンファイト

エバンスと。

来シーズンは不動のレギュラーで活躍を期待せずにはおれません。

the future is with “kagawa”。

観に行きてェーーー。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中