失点過多とやはりメッシ

メッシ

リーガ・エスパニョーラ第34節、バルセロナVSベティス@カンプ・ノウ。

失意のチャンピオンズからの切り替えがかなり難しかったと思いますが、開始早々にふわっと失点し痛々しい我が愛しのバルサ。イニエスタの絶妙なクロスをディフェンダーの後ろから出て来たサンチェスが頭で流し込み追い付き一息つきました。

しかし、トップのビジャは連動出来ず、決定機を2回ミスショットしカンプ・ノウは異様な雰囲気となってしまいます。

そして、前半終了間際にペレスの強烈なゴラッソを見舞われ1ー2で折り返し。イニエスタやソングの寄せが甘かったでしょうかね。ビジャが外しまくり、テージョのミドルがバーを叩いていただけにかなり嫌な流れでした。

やれやれ。

56分に相手キーパーのミスで、ビジャが何とかヘッドを捩じ込み追い付くとシステム“メッシ”が発動。

ビジャに代わってピッチに入ったメッシがすぐにフリーキックを捩じ込み、イニエスタの秀逸なヒールパスを受けたサンチェスがディフェンダーとキーパーを引き付け、走り込んできたメッシに優しいパスを通し、メッシはゴールへパスしこの試合にケリを付けました。

またまた途中出場で2ゴール。

リーガでは止まりませんね。試合は4ー2でバルサが勝利を収めチャンピオンフラッグ奪還にチェックメイト。

次週、難敵アトレティコとのフエラでの一戦。要塞カルデロンで決めて欲しいですね。

なんにせよ、お疲れサマでした。

 

ビジャ

バルセロナを去るかなぁ。

 

ゴラッソ

寄せが甘かったですが、ゴラッソでもありました。

 

ビジャ2

何とか同点ゴールを決めましたが、外し過ぎました。

 

メッシ

メッシ2

ビジャに代わって即フリーキックを捩じ込み、ゴールへ流し込むだけで2得点の『神』。

 

メッシ3

終了間際にイニエスタとのパス交換でハットトリックのビッグチャンスがありましたが、バセリーナは失敗。

その後、珍しく外したボールを蹴り上げ、ピッチサイドのマットも蹴り飛ばしていました。チャンピオンズでの、チームに貢献出来なかった苛立だったのかな?しかし、出場した試合での連続ゴールは継続中で、今シーズンも50ゴールに到達するかもしれません。

残り4ゴール。