終戦

マドリー

リーガ・エスパニョーラ第35節、エスパニョールVSレマル・マドリード@コルネジャ・エル・プラネット。

マドリーは次週のダービー@コパ・ファイナルに備えて主力を温存して臨んだ一戦でしたが、1ー1のエンパテでゲームを終えてリーガの行方が決まってしまいました。

コルネジャ恒例の21分、ダニエル・ハルケ哀悼の儀式の余韻の中失点してしまい、後半何とかイグアインが頭で押し込みましたが勝ち切れず。

マドリードダービーに備えて休んでいたシャビ・アロンソ、ロナウド、ベンゼマを投入しましたが、実らず。加えて前半の失点前にヴァランが右膝を負傷してしまい(今季絶望)踏んだり蹴ったり。唯一残されたタイトル、コパへ不安を残す痛いゲームとなってしまいました。

昨シーズンにバルサから奪い取った覇権をあっさり手放し、不協和音が漏れ過ぎるここ最近のマドリー。

コパ・ファイナルはどうなるでしょうか?

 

ロナウド

ファイナルはまた別モノでしょうか。

ティグレ・ファルカオに違いを見せつけるでしょうか?楽しみです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中