“blaugrana fiesta”

パレード①

82回のリーガのコンペティションで22回目の優勝を遂げた愛しのバルサ。

宿敵、マドリーの32回にはまだ大きく離されていますが、ここ5シーズンで4回目の優勝。クライフが根付かせたクラブの理念は唯一無二。ホントに素晴らしいクラブです。

20世紀最高のクラブはマドリーでしたが、このままクラブの理念を見失しなわなければ21世紀はバルサとなるでしょう。表彰される時はこの世にいませんが、間違いありません。

そのバルサの歴史上、最も素晴らしいチームであろうペップ・バルサが遺した今シーズン。長く厳しいリーガでの2年ぶりの復権はチーム、クラブ、クレにとって素晴らしいシーズンであったこと(まだ全日程を終えていませんが)は間違いありません。しかし、チャンピオンズでまさかの歴史的惨敗を目の当たりにし、来るシーズンへ向けては一考が必要です。6年連続セミファナル進出は偉業ですが、ミュンヘンは『賢人』を招聘しバルサ以上の結果を残そうと着々と準備を進めています。

システム“メッシ”が封じられた時のプランB。ってまぁ〜今日は止めましょう。

祭りです。

素晴らしいヒトコマ。以下、記念フォトを。

 

メッシ

まずは『神』。笑顔じゃないけど(苦笑)

 

セスク

何かと高い要求で批判とブーイングに晒されるセスク。

ゴールもアシストも多いけど、ビッグマッチで精彩を欠いています。好きなプレイヤーなので頑張って欲しいです。

 

シャビとヴァルデス

チームを去るヴァルデスといつまでも頼れないシャビ。

 

ビジャ

この方も来シーズンは居ないでしょうかね?

ミラン戦での美しいゴールは忘れません。

 

ピケ

もう少し安定感が欲しい。

 

カピタン

怪我に悩まされたグラン・カピタン。

ヨーロッパでの重要なゲームに貴方の不在は痛過ぎました。

 

クレ

パレード②

凄い人だかり。

50万人のクレが駆け付けたそうです。

 

ソング等

ソングとアルバ楽しそう。

 

イニエスタ

素晴らしいテクニックと時に見せる熱いメンタル。

イニエスタ、最高!

 

パレード③

『Més que un club』

クラブ以上の存在です。

 

メッシ

メッシ

追加メッシ。

怪我を完璧に治してくださいね。

広告

パシージョ

サポーター

イニエスタ

リーガ・エスパニョーラ第35節、アトレティコ・マドリーVSバルセロナ@ビセンテ・カルデロン。

前日にマドリーが引き分けて2シーズンぶり22回目の優勝が決まっていたバルセロナ。アトレティコはコパのファイナルが控えているので、ファルカオがゴールを決め、サンチェスが同点ゴールをセスクとのコラボで決めたり、オウンゴールでバルサが勝利しましたが、ゲーム自体に観るべきものはありませんでした。

覇権奪還おめでとう、しかし来シーズンはヨーロッパでの復権も。

ネイマール、フンメルスの獲得を。

前線でのプレスの復活を。

アウヴェス(バルセロナを離れるかもしれませんが)は凡庸なクロスを止めること。

スリーバックに挑戦しません?

トレブルを目指して。

 

メッシ

ちょっと心配事。

試合途中に自らピッチをあとにしたメッシ。もう今シーズンはゲームに出ない方がイイですね。

来シーズンは怪我無く、素晴らしく輝かしいシーズンを。

good-bye “roberto”

マンチーニ

隣人の歓喜の瞬間に合わせて、シティがマンチーニを解任しました。

当然でしょうかね。

2シーズン連続でグループリーグで敗退したチャンピオンズ。プレミアも2位ではありますが、早々にユナイテッドの独走を許し、最後の望みのFAカップも終了間際の失点でウィガンに敗れる失態。

イタリアの伊達男、指揮能力も伊達でした。

グッバイ、ロベルト。

スカイブルーのマフラーを巻いて、いつも片手をポケットに入れている立ち姿は気にっていましたが、勝たないと生き残れません。

昨シーズンの劇的なプレミア制覇から、期待のシーズンでしたが失敗に終わり、マンチェスターの両雄は新体制で新シーズンを迎えることとなりました。

ペジェグリーニが来るのかな?

theatre of dreams

サポーター

プレミアリーグ第37節、マンチェスター・ユナイテッドVSスウォンジー@オールドトラッフォード。

感動的でした。

昨シーズンのシティのようなドラマではありませんでしたが、それでも今シーズンを象徴するかのような、最後には勝っているユナイテッド。

チチャリートのゴールで先制も後半早々に追い付かれ、逆転されそうなゲーム展開を何とか耐えて、終了間際にリオの劇的なゴールでサーのホーム最終戦に勝利で華を添えました。

カガワくんも90分間フル出場。

試合後のセレモニーにも馴染んでいて、楽しそうでしたね。ヨーロッパのトップクラブに日本が誇るトップ下が所属している事実、凄いです。

来シーズンはマッチョな4ー4ー2を好むモイーズがボスとなりました。かなり心配ですが、オールドファッションにも適応しチャンピオンズでも結果をだしてもらいたいものです。

おめでとうございました。

 

チチャリート

ファーガソンボーイズの一人、“チチャリート”エルナンデス。

らしいゴールでボスのホームラストゲームで結果を出しました。

 

スコールズ

寡黙なMr.ユナイテッド。

ボスと共に自身2度目で最後の引退です。

 

リオ

ドローかな?と思いましたが、コーナーキックの溢れ球を豪快に蹴り込み値千金のゴールを決めたリオ。

 

ユナイテッド

カガワくん

どのチームを観てもこの瞬間はイイですね。

 

モイーズ

新しいボス。怖い・・・。

カガワくんを重用するかかなり心配です。エヴァートンから“アフロマン”フェライニを連れてくるって噂もあります。

オールドスタイルのキック&ラッシュではヨーロッパでは勝てないと思いますが、ユナイテッドの選択は果たして?

 

カガワくんとルーニー親子

来シーズンはどうなるかな?