expectation of “final”

ファイナル

いよいよ日本時間26日3時45分、2012-2013シーズンのチャンピオンズリーグ・ファイナルが始まりますね。

■完璧なミュンヘンとゴキゲンなボルシア!

ブンデスやセミファイナルでの内容を見ても、バイエルンが勝つのが大方の予想だろうけど、そうは行かないのがフットボール(と思いたい)。

■1発勝負のファイナルは予想不可能!?

危険なリベリーとロッベンを抑え、レヴァンドフスキを起点にロイスとグロスクロイツ(ゲッツェが居ないので)、ギュンドアンが追い越していくシーンがどれだけ見れるかに懸かっているでしょう。

■半端ない運動量でバイエルンを上回れるか?

■カウンターを何発出せて、訪れる決定機を決めきれるか!?

バイエルンは結構入れ込むのではないかと思っていますので、ソコにつけ込んで、イナして、躱して、ゴキゲンなショートカウンターを成就させて欲しい。

■ロイスが仕事をすれば勝てる!!

ミスを恐れず、バイエルンをリスペクトし過ぎず、迷わず駆け上がって、振り抜いて欲しい。

ロッベンとラーム、リベリーとアラバの両サイドにスペースが出来るハズだからワンタッチ、ツータッチで付いて、逆サイドを駆け上がって欲しいですね。

ゴールのイメージは出来ています。

■興味深いクロップの策は果たして?

まずは落ち着いて、前半は失点を避けてもらいたい。

“Deutsch Fest”

2ー1でドルトムントの勝利。死のグループを首位で突破し、世界一のカウンターを持つ白いゴリアテを破った今シーズン。ファイナルでも勝利するに値します。

心から勝利を祈念したいと思います。

 

クロップ

このひとの笑顔をウェンブリーでも観たいものです。