“final game”

カガワくん

プレミアリーグ・最終戦、ウエスト・ブロムウィッチVSマンチェスター・ユナイテッド@ザ・ホーソンズ。

サー・ファーガソン最後のゲームは撃ち合いとなりました。

ディフェンスが緩すぎましたかね。チチャリートのクロスに反応した、カガワくんの珍しいヘッドで開始早々に先制し、オウンゴールとビュットネルの豪快なシュートで30分までで3ー0としましたが、40分に1点返され折り返し。

後半、途中出場のルカクに得点を許しカオスへ突入しました。

53分にバレンシアの早いクロスをファン・ペルシーが合わせ、63分にカガワくんギグスと繋いだボールをチチャリートがゴールへ流し込み再び3点差とにも係わらず、ルカクにハットトリックを許すなど、5ー5で試合を終えてしまいました。

サー・ファーガソン通算1,500試合目の最終戦は締まらない結果でしたが、観ていて面白い試合ではありました。

カガワくんは後半途中でスコールズと交代しましたが、プレミア1年目、お疲れさまでした。通算6ゴールは不満な結果だったでしょう。途中怪我もあり戦列を離れたりもしました。タフなプレミアです。身体を労り、来シーズンでの飛躍を期待したいと思います。

モイーズよ、カガワくん使ってくれよ〜。

 

ユナイテッド

今週はたくさん試合観たなぁ〜。そして、週末はチャンピオンズ・ファイナル。今シーズンラストですね。

広告

届かなかった舞台

ベイル

プレミアリーグ・最終節、トッテナムVSサンダーランド@ホワイト・ハート・レーン。

目指したチャンピオンズの舞台。最終戦に勝利しても上にいるアーセナルが勝利してしまうと5位で終わるスパーズ。

サンダーランドに猛攻を仕掛け、計20本のシュートを浴びせました。試合は終了間際のベイルの恐ろしい1発で1ー0で勝利しましたが、ガナーズも敵地でニューカッスルを破り、来シーズンもヨーロッパリーグとなってしましました。

残念でした。

ベイルの1発が決まった時のスタンドの喜びが素敵過ぎただけに、悲し過ぎます。

去就は果たして?

 

ベイル一撃

ベイル②

右45度から中央へ切れ上がり、迷わず振り抜いた1発。

ゴール左上に突き刺さる凄いシュートでした。イイもの観れたァ〜。

さようなら、デヴィッド

ベッカム

ひとつの時代を彩ったフットボール・アイコンが引退を決めました。

その名はデヴィッド・ベッカム。

好き嫌いは置いておいて、右足から放たれる恐ろしく曲がる正確なキック。フットボーラーとしてはソレだけですが、十分過ぎる威力がありました。

アイドルポップスターの妻、甘いマスクと全身タトゥーのインパクトに、フットボーラーとしては少し負けていましたが、自身や家族同様マドリーにロス、ミラノにパリと華やかなキャリアを送りました。

スリーライオンズでもキャプテンを勤め、日韓ワールドカップではソフトモヒカンを流行らせ、因縁のアルゼンチン戦ではペナルティを決めました。

『ただ、ハードワーキングなフットボーラーとして見て欲しい』

との言葉を残しましたが、ピッチ外での印象がどうしても話題になってしまうもどかしさみたいなモノに悲哀が窺えます。

スコールズの方が優れていたし、ジェラードやランパードほど愛されてもいないでしょうが、間違いなくひとつの時代を代表し彩っていたベッカム。

お疲れさまでした。多くの日本人は貴方を忘れないでしょう。

 

ユナイテッド時代

みんな若いなぁ〜。スコールズ、イイです(笑)。

 

ユナイテッド時代②

美しいフォームからの秀逸なクロスや芸術的フリーキック。

 

レッドカード

苦い思い出の98年、フランスワールドカップ。

老獪なシメオネに報復行為をしてしまい1発レッド。ゲームも敗れ、メディアに『10人の勇者と1人の愚者』と酷評されていた記憶があります。

 

ユナイテッド時代④

戴冠

一転して99年にはファイナルでバイエルンを2ー1で下し、チャンピオンズ制覇に貢献しました。クォーターファイナルではシメオネが在籍していたインテルにも勝利し見事リベンジを果たしたシーズンでした。

 

ユナイテッド時代③

オトコマエだなぁ〜。

 

2002年・日韓ワールドカップ出場を決めた(グループ首位通過を決めた)語る継がれる秀逸な美しい弧を描いた1発。

 

代表

ゴールを決めたあとのお馴染みのポーズ。

代表115キャップ、そのうち50試合以上でキャプテンを任されたそうです。

 

ベッカム

パリでの、フットボーラー人生ラストゲームにアシストも決め感動的なフィナーレでした。

 

胴上げ

Visca Barça

バルサ①

リーガ・エスパニョーラ第36節、バルセロナVSバジャドリード@カンプ・ノウ。

お祝いです。

ペドロがゴールを決めて、オウンゴールで早々に2ー0とし試合を決めました。後半もペドロやビジャ、イニエスタにセクスと何度もチャンスがありましたが決め切れず。 まぁ〜今日はイイですよ。

終了間際にモントーヤがペナルティを献上しましたがそれはご愛嬌?

来シーズンはヨーロッパでの復権を切に願います。

 

ペドロ

ペドロ②

今シーズンはゴールが足りませんでした。

 

オウンゴール

最近オウンゴール多くね?

 

バルサ

去就が注目されるビジャとセスク。

ビジャは去るだろうなぁ〜。

 

トロフィー授与

トロフィー

カピタンが受け取り、この後ビラノバとアビダルが掲げました。

 

バルサ

イイですねェ〜。

この後、お子さんがいる選手はみんな迎えに行きました。

 

メッシ&ベイビー

メッシ&ベイビー②

チアゴくんとお祝いのメッシ。

早く怪我を治して欲しいですね。

 

イニエスタ&ベイビー

ヴァレリアちゃんはママ似で超カワイイ。

良かった良かった。

 

ブスケツ

バルサ②

ブスケツにもお子さんがいるのかな?

カワイイですね。

 

メッシ

お疲れさまでした。

まだリーガは2試合残っていますが、来シーズンもよろしくお願いします。

This is “football”

アトレティコ

マドリー

コパ・デル・レイ・ファイナル・マドリード・ダービー@サンティアゴ・ベルナベウ。

残酷な“明”と“暗”。

決める時に決めておかないと大きすぎるツケを払うことになります。21年ぶりに実現したファイナルでのダービー。マドリーは対アトレティコここ25戦無敗と圧倒していましたが、結果、辛酸を舐め無冠でシーズンを終えることとなってしまいました。

具体的な数字が分かりませんが、シュート数、決定機で大きく圧倒していたマドリー。14分にCR7がコーナーキックをヘッドで捻じ込み幸先良く先制。2年前のバルサとのファイナルのようにヘッドを沈め、マドリーが勝つだろうなぁ~って感じになりました。

しかし、35分。“ティグレ”ファルカオが南米のプレイヤーらしい個人技(アルビオルとケディラを躱し置き去りにする素晴らしいテクを披露)で前を向きボールをキープ、ダイアゴナルに右から中央へ入って来た“ベスティア”コスタにスルーパスを通し、“ベスティア”はエリア手前で左足を振り抜きにディエゴ・ロペスの左を抜いて同点に追い付きました。

分からないものです。

決定機が全く無かったアトレティコでしたが、勝負強く1発を沈め1-1に。前半終了間際に溢れてきたボールをエジルが左脚で叩き付けた一撃が右ポストに当たるシーンがありましたが、イーブンで後半へ。

このポストへの一撃が、結果この試合を象徴していたかもしれません。

後半もマドリーに決定機が幾度となく訪れました。CR7が右ゴールライン際で粘って中央へ折り返し、溢れてきたボールをフリーのベンゼマが左脚で振り抜きましたがこれもポストを叩き、その跳ね返りをエジルが秀逸なトラップでディフェンダーを躱してシュートを放つもゴールライン前で弾き返され、その後のCR7のフリーキックも(壁の下を抜いた頭脳的な一発でしたが左ポスト下を直撃し、溢れたボールはコエントランが吹かしてしまい)はゴールを割れませんでした。

決めきれない苛立。モウリーニョは主審に対する激しい抗議で退席処分。

アトレティコは亀のように耐え凌ぐのみでしたが、一度、右からのクロスをフェリペ・ルイスがダイレクトでシュート(惜しくも枠へは飛びませんでしたが)したシーンがありました。

しかし、両者ネットを揺らせず延長戦へ突入。

そして98分。ついにゴールが生まれます。コーナーキックから、一度跳ね返されましたが、右サイドからコケが絶妙のクロスを上がっていたミランダが合わせてネットを揺さぶりました。

マドリーももちろん諦めず、イグアインとエジルにフリーの好機が訪れましたがクルトゥワがビッグセーブで1点差を守り抜き10度目の国王杯制覇を成し遂げました。

いつもなら簡単に決まっていたであろうチャンスを逃し続けたマドリー。ゴタゴタが無惨過ぎて、オンリー・ワンはチームマネジメントに失敗し、マドリーでのキャリアを最低の形で終えることとなるでしょうね。

アトレティコの皆さん、関係者、クレの方達、おめでとうございます。“ティグレ”の去就は気になると思いますが、来シーズンはチャンピオンズにも出場です。

果たして、どんなシーズンになるでしょうか?楽しみですね。

 

コスタ

貴重な同点弾、良く決めました。

 

決勝点

コケへの寄せが甘かったですかね。

コパ10度目の優勝を手繰り寄せたヘッド。

 

エジル

not his day。

勝負弱いイメージは無いんですけど、3回も決定機を決めることが出来ませんでしたね。

 

ロナウド

先制弾を上げたロナウドでしたが、苛立ちの余りレッドカードを受けてしまいました。

『聖』イケル、優しい。

 

モウリーニョ

立つ鳥跡を濁し過ぎです。

尊大で高慢。似合っていますが、いい加減飽きてきたかな。

 

祝勝

シメオネ、お見事。

Android4.2

nexus

Galaxy Nexusのアップデート(オフィシャル)をしてみました。

前回が昨年11月でしたのでちょうど半年経ちました。使ってみた印象は、それほど変わりませんね。特別なユーザーエクスペリエンスはありませんが、実情は全く活かし切れてないと言ったところでしょうか。

情弱乙。

新しい端末に替えたいとも思いますが、まだまだ全然イケるNexusです。もう暫くは頑張ってもらいましょう。

ドン!!

正義

海賊に助けは借りねェ。

 

スモーカー&たしぎ

スモーカーはまぁ~許せますが、たしぎちゃんが残念過ぎました。

 

SONY DSC

弱ェ奴は死に方も選べねェ。

麦わらやローに遅れを取っている2人。次の出番で挽回出来ますかね?