采配の妙

カシージャス

2人の知将による素晴らしいチェスマッチ。

コンフェデレーションズカップ・セミファイナル、スペインVSイタリア@ゴヴェルナドール・プラーシド・カステロ(フォルタレーザ)

勝者に相応しかったのはイタリアだった。スリーバックを採用しスペインを上回る決定機を作り、イニエスタとアルバの攻撃オプションを無力化していた。

思えば昨年のEURO2012のグループステージでもスペインと互角のゲームを演じ(ファイナルではコンディションの差で0-4で完敗)、魅力溢れる攻撃的なフットボールを世界に披露し、カテナチオは遠い昔となったアッズーリ。

惜しむらくは、決定機で決めることが叶わなかったことだろう。バロテッリの不在も響いたかもしれない。スペインを完全に沈黙(トーレスの個人技のみが唯一のチャンスだった)させたが、スコアレスで前半を終えた。

スペインは4-1-2-3の布陣を敷いていたが、シルバが全く精彩を欠き、ワイドに開き効果的に右サイドを攻めあがるマッジョに手を焼いていたアルバは、攻撃参加の機会を失っていた。

後半、アクシデント(?)の為か、先に動いたのもプランデッリ。スリーバックの一角のバルザーリを下げて、驚くことにモントリーボを投入。デ・ロッシを3枚の中央に下げ、ボヌッチを右にスライドさせた。デ・ロッシは攻めでも効果的な働きを見せていた前半だったが、近代フットボールでは死滅してしまったリベロ的な役割を担う格好で、前のピルロとモントリーボへボールを供給できるようにトランスフォームした。

一方のスペイン。後半、メンバーチェンジはなく始まったが、消えていたシルバの見切りを早々に付けたデルボスケ。ヘスス・ナバスを右に入れて、バルサスタイルから縦への突破でイタリアラインを下げさせることに舵を切る。酷暑で足が止まるであろうイタリアにとってはかなり効果的な一手だった。お蔭で右サイドでキエッリーニは徐々に疲弊し、ピボーテのピルロやモントリーボが守備に忙殺されることとなり攻めへの活力を失うこととなる。

しかし、ズルズルと時間だけが過ぎ効果的な攻撃が見出せない両者。スペインにはメッシは居ない。天才イニエスタが素晴らしい個人技を披露し局面の打開を試みてはいたが、疲労のせいかシュートの精度を欠いてネットを揺らすことが出来なかった。

デルボスケは前線のペドロをマタに、プランデッリはマルキージオをアイクラーニ(どうでもいいがアイクラーニの奥さんは美人過ぎる・・・)に代えるもゲームは動かない。終了間際にピケに決定機が訪れるが、渾身の力を振り絞って身体を投げ出すアッズーリの魂のディフェンスに、バルセロナまで届かせるが如く大きくフカしてしまいゴールネットを揺らすとこは叶わず、エクストララウンドへと死闘は続くこととなった。

最後も先に動いたのはプランデッリ。前線で頑張っていたジラルディーノに代えてジョビンコを投入し一撃に期待を賭けた。スペインの爺様はここでは様子見。最初にイタリアに決定機が訪れたが、ジャッケリーニの一撃はポストを叩き歓喜は訪れなかった。

これを機にデルボスケが最後の、あまりにもエキセントリックな一手を放つ。正直、『それはねェーよ』と極東の片隅で喚いてしまったが、コレがあまりにも効果的で驚きを禁じえなかった。

ここまで、あまり(とういうか一度しかなかったが・・・)決定機を作れなかった坊主頭のイケメンに代えてハビ・マルティネスを投入したデルボスケ。もう失点しないことが前提なのか?、『ビジャだろ、ソコは・・・』、無知蒙昧な極東の素人の考えをヨソに、そのまま9番の位置にバイエルンのピボーテを配したのである。この190㌢の長身ミッドフィルダーが前線で効果的に動き、ボールをキープし、イニエスタとのパス交換でチャンスを築こうと奮戦した。

シャビの無回転ミドルがブッフォンに弾かれポストを叩き、右サイド深くをナバスが抉る等ゴールの香りが漂い、劇的なスペイン勝利のフィナーレの予感も感じたがとうとう両者ネットを揺らせず、120分の死闘を終えてフットボール・ロシアン・ルーレットでファイナル進出へのチケットを争うこととなった。

ここで詳細は記さないが、7人目にイタリアはボヌッチが右上にフカしてしまい、スペインはナバスがそのプレイスタイル同様、勢い良く左下隅に蹴り込み(あの勢い、ボールスピードではブッフォンはノーチャンスだった)死闘に終止符を打った。

負けない“ラ・ロハ”。

そしてファイナルは、世界が望む現王者と元王者(ウルグアイを2-1で下したセレソン)との久しぶりのビッグ・マッチとなった。セレソン的には“マラカナンの悲劇”を拭い去るにはまたとない相手。

世界が感嘆するスペクタクルにならんことを願うだけである。

 

ナバス

ラ・ロハ

みんなキックが上手いです。

全くハズす感じがありませんでしたね。イタリア1人目のカンドレーバに“クッキアイオ”で決められましたが、シャビが返す刀を冷静に右隅にブッフォンの逆を取って沈め流れを戻しました。

 

カシージャス&ブッフォン

カシージャス&ブッフォン

健闘を讃えあう両カピタン守護神。

『聖』イケルは覇気がないような印象をい受けましたが、勝ち切りファイナルへ。しかし、延長戦でも決着が付かないゲームをライブ観戦していては遅刻してしまいますね~。

トホホ・・・(笑)。

広告

無印良品アルミアラームクロック

CLOCK

ダイニングカウンターに置いていた時計が壊れたので新しく手に入れました。

シンプル・イズ・ベスト。

直径90ミリのシンプルな置き時計です。

視認性も有って気に入りました~。1,100円とリーズナブルでオススメです。

ナイジェリアを軽く一蹴

イニエスタ

ナイジェリアは良かった。

独特のリズムと長い足、スピードとフィジカルの強さもスペインより上だ。しかし、キックオフ早々にジョルディ・アルバ(左サイドバック)にゴールに蹴り込まれグループステージ突破が厳しくなった。

どこぞの国と同じ。哀しい程に似ている。

スペインは酷暑もあってか、この試合はほぼ何もしていないと思う。それでも、アルバが決めて優位に事を運ぶ。後半半ばに途中出場したボーズ頭のイケメンがディフェンダーの裏からスルスルと飛び出して、左からのペドロのクロスをヘッドで合わせ2-0とし試合を決めた。追い付くチャンスを逃していたヤング・イーグルス。決定機で決めないから離される。

どこぞの国と同じ。哀しい程に似ている。

終了間際にまたもやアルバが、今度は単騎独走。キーパーをキックフェイントで出し抜き無人のゴールへ難なくボールを流し込み、世界王者はセミファイナルへと駒を進めた。

ブラジルもそうだが、世界のトップはゴールを決める術を数多く持っている。

フットボールはネットを揺らすためのゲームだ。そして、セミファイナルは欧州対決、南米対決と決まった。おそらくファイナルは現王者と元王者の対戦となるだろう。

どちらがゴールを多く決めるか?

僕は、セレソンが勝つのではないかと思っています。

ボールピープル

SONY DSC

グラフィックスポーツ誌『Number』等でお馴染みのフォトグラファー、近藤篤氏のフォトブック。

なぜブラジルは強いのか?

『半端じゃない数の人間が、半端じゃない意気込みで、毎日ボールを蹴っているから』に1票です。

ヨルダンの路地から聖地『アンフィールド』、フットボール世界一のスペインから、そしていまだ続いている震災の地、岩手。いくぶん村上春樹的(タイトルも)な文体ではあるのだけれど、クールで時々シリアス、ファニーなキャッチや核心を衝く一言、心揺さぶられるワンショット満載です。

ブラジルでの惨敗に心を傷めた全てのフットーボール好きに手に取ってもらいたい1冊です。

女性の唇を奪うことと、オフサイドラインぎりぎりのところで、相手ディフェンダーの裏とGKの前の1点にボールを流しこむことは、実は同じことだったんだ。

ふむ。

そして、ボールを蹴っている人たちは、みな一様に幸福感に満ち溢れています。そして最後にこれを引用しておきたいと思います。

いつも自分が正しいと思っているから、サッカーは面白い。そして自分が正しいと思っていることの半分はいつも間違っている。だからサッカーはやめられない。ダメだった選手をダメだったと言えないジャーナリストや、つまらなかった試合をつまらなかったと怒れないカメラマンを、僕は国会議事堂の中にいる人たちを信じないのと同じくらいに信じない。そして同業者に向かって、批判したことに対して謝罪を促すような発言をする連中は、もっと信じない。彼らは批判すべきときに批判するだけの経験と度胸がなかった、ただそれだけの話なのである。

Competition for “Neymar” by “Neymar”

ネイマール①

ネイマール②

ネイマール③

コンフェデレーションズカップ・グループステージ・最終節、ブラジルVSイタリア@アレーナ・フォンチノヴァ。

ネイマールが止まりません。

自ら得たFKを、美しい一発で沈めイタリアを粉砕しました。

後半早々に1ー1に追い付かれた後の貴重な一発。クラックに相応しい、1・2戦のゴラッソなボレーも秀逸でしたが、このフリーキックも甲乙付け難いです。

これで3戦連発。

大会前に決まったバルサ入団も良い影響を与えているのかもしれませんね。この調子で、スペインとのファイナルを観たいものです。

ゲームは4ー2でブラジルが勝利。日本の体たらくに苛立っていましたが、世界のトップオブトップを観てスカっとしまた。

さぁ〜、未明はスペイン。よもや、ナイジェリアに遅れはとりませんよね。じっくり観たいと思います。

 

ネイマール&バロテッリ

まだ、イマイチなスーパーマリオとの1ショット。

仲良さげですなぁ〜。

バロッテッリにも期待したものです。

『日本らしくしっかり負けた』

カガワくん

自嘲気味に言ったカガワくん。

3連敗が意味するものは何だろう?

ブラジル戦はヘビに睨まれたカエル。イタリア戦は窮鼠、少し猫を噛む。メキシコ戦はなんと表現できるだろうか?無為に過ごした90分。

選手個々も問題だが、指揮官の無能ぶりも見過ごすことは出来ない。

ザッケローニは更迭がふさわしい。

選手交代での期待、ピッチへ明確な指示をこのミステルは出すことが出来ない。ズルズルと『失点してしまうだろうなぁ〜』と思って観ていると間違いなく失点してしまう。疲労の色が濃く出始め、押し込まれると踏ん張れずバタバタと失点してしまう。

カガワくんの同僚、チチャリートに2発(あやわハットトリック。PK を川島くんが止めて事無きを得た)沈められ、ほとんど抵抗もせず(動けなかった)終了間際の岡崎くんの無意味なゴール(オフサイドだった)のみに終わり、勝ち点0でブラジルを去ることとなった。

試合後、『大会への準備は万全ではなかった』と言ったザッケローニ。万全ではない本田くんや長友くん、長谷部キャプテンに頼るしか能がない指揮官など不要だ。ゲーム中も後手後手で効果的な交代策を示せず、無能ぶりを世界に晒してしまった。

『個』の力が圧倒的に不足していると言った本田くんの言葉は正しい。ブロックを引いて、カウンターを狙うしかないのだろうか?

あと1年。

ドローに恵まれればグループステージは突破できるかもしれない。しかし、世界で賞讃を得つつ勝つフットボールは、今のままでは望外の極みだ。

『ザッケローニ』、全ての元凶がココにある。

あと1年もある。

新しい指揮官で臨むことは可能なハズだ。今すぐ、指揮官を代える。話しはそれからだ。

 

サポーター

3戦ともライブ放送を観ましたが、メキシコ戦が一番怒りにプルプル震えました。ふう〜。

応援、ありがとう。

セレソン、ブラジルの至宝は絶好調ですね。羨ましい〜。

“クストス” エヴォスクエア・ハイフィデリティ

ハイフィデリティ

買いました~(ウソです)。

現物が気になり、撮らせてもらいました。Tさん、ありがとう~。

サイズは45ミリ×45ミリのケース(50ミリ×50ミリもあります)で、厚みも重さも半端ないです。上下位置にある積算計、9時位置にはスモールセコンド、3時位置にはパワーリザーブ、4時位置にデイトがあって、シースルーバックになっています。

文字盤を設けていないのが特徴的なクストス。メカニカルなルックス、カッコ良すぎです。実物を見て改めて思いましたね。

買うゼ!!たぶん・・・。