“happy one”

モウリーニョ

このオヤジ、ホント上手だなぁ〜。

先日、古巣チェルシーに復帰し入団会見を行ったモウのオヤジ。6年ぶりに古巣に帰還し、現在も“スペシャル・ワン”で有り続けているのか?とのプレスの質問に見事なトークで切り返しました。

『現在の私にあだ名を付けるならば“ハッピー・ワン”となるだろう。インテルで2年、マドリーで3年過ごしたが、この世界ではとても長い時間だった。私のキャリアにおいて愛するクラブに入団するのは初めてのことだ。とても幸せに思う』

『プレミアリーグで指揮を執る意欲がある。リーガでは、優勝の可能性があるクラブは2つしかない。しかしここは、もっと開かれた競争が存在している』

先日のイニエスタの発言『モウリーニョはスペインサッカーに打撃を与えた』にはマイルドに返答しました。

『スペインサッカーに傷を付けてはいない。私は、終わりが見えなかったバルセロナの支配に終止符を打っただけだ。勝ち点100でもってリーガを勝ち取ったことでね』

マドリーを傷心の中去りましたが、バルサのポゼッションに対応し最後には勝利したプライドが垣間見えます。

そして、スーツが良く似合います。

『チェルシーに復帰できたことに、大きな満足感を得ている。ただ、快適な場所に戻ってきたわけではない。むしろ、その逆だ。人々は私が何を勝ち取れるか知っている。私は、人々がこれから獲得できるものを信じて、自分を愛してくれることを望んでいる』

1,400万ユーロ(17億?)の世界最高のサラリーを得るハッピー・ワン。希代の露悪者とロンドンブルーの来たるシーズンはどのようなシーズンとなるでしょうか?

プレミアも目が離せません。

 

モウリーニョ

トーレスとマタはどうすんの?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中