“helter skelter”

ビラノバ

驚きました。

この時期になって(この時期だからでしょうか?)、ティト・ビラノバが退任することとなりました。昨年に発覚した耳下腺の腫瘍(再発)ですが、オペを行い現場に復帰しましたが・・・。

経過は思わしくないのでしょうか?

治療と並行しての指揮はタフ過ぎますが・・・。

『今週、ティト・ビラノバ監督が受けたすべての検査を分析した結果、必要とされる治療を受けながら監督業を両立することは不可能だと判断した』と語ったロセイ会長。つい先日、『賢人』グアルディオラとのゴタゴタの舌戦も報道され何やら騒がしいバルサです。

まずはティトの回復、完治を祈念したいと思います。

次なる指揮官の下(来週に発表される模様)、早急にセントラルを獲得しなければなりませんが、何だかスッキリしないですね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中