前橋育英、初出場初優勝で閉幕

甲子園

第95回全国高校野球選手権大会が幕を閉じた。

決勝戦はどちらが勝っても初優勝となる群馬・前橋育英と宮崎・延岡学園。そしてどちらも前評判はそれほど高くなかった。

前橋育英は2年生エースの高橋くんがほぼ一人で投げ、延岡学園は3人の継投で勝ち上がってきた。どちらも守りがしかっりしていて無駄な点を与えない。ここぞという時に集中打が出る。高校野球の模範的チームだ。

試合は4回ウラに3点を先制された前橋育英がすぐに表の攻撃で3点を奪い後半へ。7回に4番荒井くん(監督さんの息子さんだそうだ)が3塁線を破るタイムリーで1点を捥ぎ取り、初出場(春は一度出場がある)で初優勝を果たした。勝敗の差はよくあることだが守備の乱れだと思う。イレギュラーバウンド的なものあったが、取れるアウトを一つ一つ積み重ねる。無駄な点を与えない。とても重要だ。前橋育英が3点を失った回は4点目をライトの素晴らしいバックホームで防いでいる。内野も球際に強い。連戦、猛暑で疲弊しているエースを守り立てていたと思う。

この試合を観ていて、少し驚いたことがある。

9回ウラ、1点を追う延岡学園の攻撃。先頭バッターが死球で出塁し、続く6番バッターがセンターへ痛烈なヒットを放った。ノーアウト、1塁2塁。サヨナラを狙うには1アウト2塁3塁にする送りバントが定石だろう。

しかし、延岡学園の青年監督はこの場面でバントのサインは出さなかった。イケイケで押し切ろうとしたのだろうか?従来の高校野球なら確実に送りバントだろう。良いか悪いかは分からない(僕は強硬策は好きだが・・・)。バントでも失敗していたかもしれない。下位打線に向かっていたこともあるだろう。結果は出なかったが、打って行った延岡学園に拍手を送りたいと思う。

勝敗を分けた印象的なシーンだった。

前橋育英高校、優勝おめでとう。

サッカーで有名だが(全国大会の常連で、確か国立のピッチに立っていたと思う)、野球が先に全国制覇を達成した。エースの高橋くんはまだ2年生。来年も楽しみだ。

今年も色々あった甲子園。

かなりの試合を観たが、印象的だった試合をいくつか記しておきたいと思う。

 

【1回戦、宮城・仙台育英対埼玉・浦和学院、11×-10】

センバツの優勝校と昨秋の明治神宮大会の覇者の試合が1回戦に組まれた好カード。初回に1点を取った浦和学院だったがそのウラに6失点。3回に8点を奪い、その後1点を取って逆転するも、仙台育英が4点を捥ぎ取り終盤へ。

好カードと言うには大味な展開過ぎたここまでだったが、最後は2年生サウスポーエース小島くんが足の痙攣で降板し9回サヨナラとなった。失策や四死球も多く褒められた試合ではなかったが、ここぞという時の強打。鋭いバットスイングは観ていて楽しい強豪どおしに相応しい試合だった。

 

【3回戦、愛媛・済美対岩手・花巻東、6-7】

超高校級ピッチャー、安楽くん擁する済美高校に挑んだ花巻東。初回と3回に得点し優位に試合を進めるも終盤7回、8回で追いつかれ3-3に。延長10回に連打で安楽くんを攻略し4点を奪い勝負を決めたかに見えたが、そのウラ、ノーアウト1塁2塁で4番安楽くんが右中間スタンドへ特大のスリーランを叩きこみ1点差。続く5番もラッキーなヒットでノーアウト2塁とし、まだまだ続くかに思えた試合だったが、送りバントを失敗し後続も絶たれ花巻東がベスト8へ。

送りバントの失敗が痛すぎる試合だった。話題の花巻東・千葉くん対策としてセンターをショートセカンドの間に守った5人内野も話題を呼んだ一戦だった。

千葉くんは見事その間を破るヒットを放ったり、誰もいないライトへの長打も打っての大活躍。花巻東は超高校級を攻略し勢いが付いていたが、鳴門戦でのサインを盗む行為(真偽は定かではないが・・・)でケチがつき、準決勝では何も出来ずに敗戦。分からないものだ。

 

【準々決勝、群馬・前橋育英対茨城・常総学院、3×-2】

ベスト8に残った中で最も前評判が高かった茨城・常総学院。エースの飯田くんは前の3試合でどれも4安打しか許しておらず、ツーシームやカットボール、シンカー等多彩な変化球を駆使し万全のピッチングでここまで勝ち上がってきた。この試合も2回に2点を奪い、守っては0を重ねる。

そしてあとアウト3つまで来た。ここでマウンドに悪夢が襲った。浦和学院・小島くん同様に足(軸足の右足)が痙攣してしまったのだ。マウンドでの屈伸、一度ベンチに戻ってのストレッチやマッサージ等で一度マウンドへ戻るもやはり続投は不可能で、無念の降板。

リリーフした2年生ピッチャー金子くんが簡単に2つのアウトを取って、最後のバッターも簡単なセカンドゴロに打ち取ったが・・・。少しイレギュラーしたボールを弾いてしまい、そこから連打で追いつかれてしまう。そして10回ウラ。四球とヒット、送りバントで1アウト2塁3塁。そして、センターへ痛烈なヒットを浴びて常総の飯田くんの夏は幕を閉じた。

あとアウト3つでの悲劇とあとアウト1つでのエラー。

もっとも分からない1戦だった。

高校野球の、夏の甲子園ならではのドラマに心揺さぶられた熱い2週間だった。ちなみに、優勝予想が外れたのは言うまでもない(後輩ももちろんハズした)。前橋育英はベスト8には来ると予想はしていたのだけれど(言い訳)。

来年以降もまたドラマを期待したいものだ。

広告

目を覚まさせるゴラッソ

ビジャ

2013-2014・スーペル・コパ・ファーストレグ、アトレティコ・マドリードVSバルセロナ@ビセンテ・カルデロン。

眠い目を擦りつつ観ていた一戦は、今シーズン、バルセロナから移籍したビジャが美しい一発を古巣に見舞いゲームが動きました。

カウンターからワンツーで抜け出し、右からのグラウンダーのクロスをダイレクトで右足アウトに掛けて右隅に捻じ込みました。

目を覚ますゴラッソ。

バルサはボールは支配するも、縦へのクサビが入らず、ボールは横へ横へ。メッシは悪いときのメッシ、ドリブルとパスが引っ掛かり前へは進めず。第1節のような流れる攻めはほとんど無かったですね。

後半に、セスクがメッシ(ケガ?打撲?で大事を取って交代)と代って入ると徐々にペースを掴んでいきましたかね。

残り30分あたりでネイマールを入れてアウェイゴールを狙うバルサ。待望のゴールはアウヴェスの右からのクロスを左サイドから駆け上がってきたネイマールのヘッドで生まれました。

アトレティコとしてはもったいない失点、防げた失点でした。

試合はそのままホイッスルを迎えセカンドレグへ。パススピードが無かったバルサは、たっぷり水を撒いたカンプ・ノウで違う形を見せてもらいたいものです。

 

ビジャ

ビジャ

ゴール以外はあまり見せ場はなかったけれど、1発決めるのは流石でした。

 

ネイマール

ネイマール

バルサでの公式戦初ゴールを珍しくアタマで決めたネイマール。メッシ不在の後半に結果を出し、メッシ依存からの脱却を果たすことが出来そうかなと少し期待を抱かせるゴールとなりました。

さてと、遅い夏休み。

ロンドン→マンチェスターへ旅立つ準備をしようっと!!行くゼ!オールドトラッフォード!!

じぇじぇじぇ

花巻東

今日、岩手・花巻東が甲子園を去った。

曰く付きの敗退だと思った。

理由は、花巻東、2番・センターの千葉くんのバッティングがいつもと違ったからだ。156cmの小柄ながら、3回戦では愛媛・済美の安楽くんから長打を放つ等大活躍。準々決勝の徳島・鳴門戦では5打席で、1安打・4四球と全て出塁するなど、チームの勝利に大きく貢献していた。

その打法は粘って粘ってファウルを打つ。打てる球を打つ。四国の“怪物”と“イケメン”をこれで攻略した。

イイと思う。

僕は、鳴門戦を観ていたのだけれど、本当にファウルばかり打っていた。『ソレやって楽しいのか?』と思うほどファウルを打って、粘っていた。鳴門の坂東くんは『もうイイや、1塁行けよ』って感じで根負けしていたと思う。

しかし、今日、この打法は鳴りを潜めた。

「高校野球特別規則・17」、「バントとは、バットをスイングしないで、内野をゆるく転がるように意識的にミートした打球である。自分の好む投球を待つために、打者が意識的にファウルするような、いわゆる“カット打法”は、そのときの打者の動作(バットをスイングしたか否か)により、審判員がバントと判断する場合もある」

これに千葉くんのバッティング動作が当たるらしい。

鳴門戦では取られなかったが、宮崎・延岡学園戦前にスリーバント失敗になる場合があると確認していたという。

コレはダメだろう。

準決勝が始まる前にアレはアウトだから止めるようにと警告する審判団?、高野連?の神経はどうなっているのだろうか。

好き、嫌いは別として、千葉くんのバッティングは立派は戦術ではないのだろうか。鳴門戦のあのバッティングはバントでは決してない。振っていたと思う。

高野連は話題性の有る四国の“怪物”と“イケメン”を飲み込んだ花巻東を憎んでいたのであろう。また、鳴門戦で千葉くんがセカンドに居るときにバッターにサインを送っていた(球審が注意していた。千葉くんはよく分からないとトボけていたが・・・)ことが、“姑息なバッター千葉は甲子園に相応しくない”というレッテルが、今日の事態を引き起こしたと邪推する。

結局千葉くんは、4打数0安打。ファウルで粘ることなく凡退した。

残念だ。

1度くらい、カット打法を見せて欲しかった。

球審の理不尽さを、高野連の横暴を全国に晒して欲しかった。

花巻東はヒールに徹し切れなかったのだ。菊池雄星や大谷翔平という怪物が居ても成し得なかった悲願の優勝を、成し得るチャンスは十二分にあったというのに・・・。しかし、ルールに則って、ヒールに徹すること(何もなる必要はないのだけれど)が出来れば、白河の関を深紅の優勝旗が渡るときも来るだろう。

そう遠くない時期に。

イスコ、マドリーを救う

イスコ

新加入の若きクラックがアシストと決勝ゴールでマドリーでのデヴュー戦で躍動した。

2013-2014・リーガ・エスパニョーラ第1節、レアル・マドリードVSベティス@ベルナベウ。

ベティスはコンパクトな布陣でベンゼマをオフサイドの網に引っ掛け、効果的なカウンターを仕掛けていた。

14分。ラモスの拙い守備からカウンターを喰らって失点したマドリー。カルバハルとマルセロの両サイドバックが高い位置取っていた新生マドリーは、そのスペースを何度か付かれていたが、アンチェロッティは攻撃を好むようだ。

モウリーニョに干されていたお世辞にもディフェンスが良いとは言えないマルセロと昨シーズンはいなかったカルバハル。マルセロはベンゼマの同点ゴールに絡み、惜しいクロスも何度か上げていた。

何度もオフサイドに掛かっていたベンゼマにようやくゴールが生まれ落ち着いたマドリー。後半のベティスに決定機はあまりなかったが、マドリーもロナウドやベンゼマが決めきれずドローで勝ち点2を失うかな?とも思ったところをイスコがヘッドでネットを揺らした。

ベティスは良かったが、守備が不安定だったマドリー。

若きクラック候補がアンチェロッティを救った第1節となった。

 

ベンゼマ

強烈な1発を放ったベンゼマ。

オフサイドに掛かり過ぎだったが、結果は残した。

 

ロナウド

昨シーズン以前とポジションが微妙に違うロナウド。

まだまだ時間が必要かな?

取り戻したハイプレス

7-0

2013-2014・リーガ・エスパニョーラ・第1節、バルセロナVSレバンテ@カンプ・ノウ。

いよいよ始まった今シーズンのリーガ。

バイエルンに歴史的惨敗を喫した昨シーズンのバルサ。捲土重来を期す今シーズンの開幕戦は、まずはイイ感じでスタートしましたね。

失われてしまったハイプレスがものの見事に効いて、恐ろしくコンパクトに、両翼のペドロとアレクシス・サンチェスが躍動。何かと批判に晒されるセスクも活躍し初戦は7-0で大勝しました。

プライオリティはリーガですが、ビッグイヤーを掲げることも同じ位の重みがあります。ほとんどターン・オーバーを敷かなかった昨シーズンですが、大量リードもあってか、メッシがかなり久しぶりに後半途中でお役御免。ペナルティ含め2得点上げましたし、今シーズンもピチチ最有力候補でしょう。

そして、ネイマール。『神』メッシとの競演も数分で終わりましたが、無事ホームデヴューを果たし、これから活躍してもらいたいものです。

今日のようなハイプレスを毎試合続けることは不可能ですが、意識、意欲を持って世界が目指したバルサに戻ってもらいたいものですね。

まずは好スタート。

次はアトレティコとのスーペル・コパ・ファーストレグ。勝利を期するのみです。

 

セスク&サンチェス

絶好調だったセスクとアレクシス。

特にアレクシス・サンチェスは凄かった~。

 

セスク

プレシーズンでの負傷が心配されましたが・・・。

得意の浮きパスが面白いように通り、貴重なアシストで勝利に貢献しました。

 

ネイマール

ホームデヴューを飾ったネイマール。

一度ゴールライン深くまで切れ上がり能力の片鱗を覗わせました。徐々にシステムに馴染んでもらいたいものです(前線でのプレスも実行していましたね)。

 

メッシ&ネイマール

もう数試合すれば、恐ろしいハーモニーが観れるはずですね。

『クラシコ』はポゼッション対決となる!?

アンチェロッティ&ジダン

いよいよ開幕するリーガですが、宿敵マドリーの情報を少々。

2013-2014シーズンに向けて、“ラ・ロヒータ”のイスコ(マラガから)やイジャラメンディ(ソシエダから)を獲得した“エル・ブランコ”ですが、プレシーズン・マッチでの興味深いスタッツがネットに出ていました。

計7試合のプレシーズン・マッチを行ったマドリーですが、これらの試合で試みたパスの総本数が4,032本(1試合あたり570本を越える数字)にも上ったそうです。

ベンゼマのワントップに、ロナウドをより中央に近いところに並べ(ツートップか、4-4-1-1かな?)、中盤にイスコやエジル、モドリッチ等(カカやディ・マリアも含まれるのかな?)テクニシャンを配した布陣。シャビ・アロンソやイジャラメンディが戻ってくればまた違う布陣なのだろうけど、兎に角ボールを持って繋いでいくフットボールですね。

コレはバルサに取って良いことなのでは?

世界一速い、6発の弾丸の脅威がどうなるかは分かりませんが、図らずもバルサはよりダイレクトな、速い攻撃にシフトチェンジの様子なのでかなり興味深いです。

鍵を握るのは定説の前線からのプレッシング。

バルサが失ってしまった“それ”を取り戻すのに主眼を置いて、より速くシンプルにゴールへ向かい、プレスを掻い潜らんと丁寧に繋ぐマドリー。

ジョゼ・モウリーニョがプレミアへ帰還した今シーズンの“クラシコ”は、リーガはどうなるでしょうか?ポゼッションでもバルサを上回るのか(無理だと思いますが・・・)?

興味が尽きませんが、10月27日の第10節@カンプ・ノウで一つの答えが出ます。

開幕が待ちきれませんね。

 

イスコ

早くもフィットしている模様の次世代の“クラック”候補。

ポゼッションの、スペクタクルへの鍵はこの男に託された?

 

ベイル

そして、もう一人のキーマン。

あまりにも天文学的に高額な“その男、第四につき”。ガレス・ベイルはドーバー海峡を渡ることとなるのでしょうか?

 

アンチェロッティ

マドリーの方が話題が多いなァ~。

またまた“かん袋”へ行ってキタ

かん袋

お墓参りのついでに、“かん袋”へ行ってきました。

ほぼひと月前に行ってましたね(前回はこちら)。

今回はお盆ということもあってか、お店の外まで長蛇の列でした。まぁ~長居する(というか長居出来ない)お店ではありませんので、10分程度で“氷くるみ”に有り付けますが・・・。

何回食べても、昨日食べてもまた食べたくなる美味しさ。もう暫くは行けないので、3人前のオミヤを2つ買って実家でも食しました。

本当にスバラシイ美味しさ、コレを作った方に感謝したいと思います。

ありがとう!!