ベイル、リーガに1発刻む

ベイル

2013-2014・リーガ・エスパニョーラ・第4節、ビジャ・レアルVSレアル・マドリード@エル・マドリガル。

まだまだでしたが。

先制点を奪われたマドリーでしたが、1億ユーロの男ベイルがカルバハルのグラウンダーのクロスに身体を上手く預けながらゴールへ流し込み、記念すべきリーガでの1歩を踏み出しました。

 

カニ

イエロー・サブマリンは勇敢でしたね。

マドリーをリスペクトし過ぎず、攻守のメリハリが効いていました。一方のエル・ブランコは低調過ぎました。真ん中のベンゼマはほとんど消えていましたし、ペペとラモスは裏を取られ過ぎでした。あと、個人的に結構好きなイジャラメンディもマドリーでのデビューを果たしましたが、意気込み過ぎか、前へ行き過ぎな感じでバランスを欠いていたと思います。

後半、ロナウドがカウンターから(昨シーズンまでの凄まじ過ぎるソレ)ベンゼマのシュートの毀れ球を押し込みリードしたにも係わらず、ジオヴァンニ・ドス・サントスに左サイドから蹴り込まれ追い付かれてしまいます。

ゲームは2ー2のままホイッスルを聞きましたが、マドリーは、ディエゴ・ロペスの好守が無ければ勝ち点0だったかもしれない程低調でした。

難敵、ガラタサライのホームではどうなるかな?

 

ベイル

ベイル

マドリー

今節、FIFAウイルスにやられたのはマドリーでしたね。

ベイル、強いです。コンディションが整えば、恐ろしいだろうなぁ〜。

 

イジャラメンディ

マドリーデビューを果たしたイジャラ。

それほど悪くはなかったと思いますが、もう少しバランスを取る必要があったかな?すぐに改善していくと思いますけどね。

 

ロナウド

左サイドから弾丸のように駆け上がったCR7。

やっぱり左の2列目がしっくりくるよなぁ〜。

ご本人のような見栄えの良いゴール(今シーズン2ゴール目)ではありませんでしたが、イスタンブールでは勝利に導けるゴールを上げることが出来るでしょうかね?