ハットトリックに隠れた不安な船出

メッシ

バルサ

2013-2014・チャンピオンズリーグ・グループH・グループステージ第1節、バルセロナVSアヤックス@カンプ・ノウ。

意外にも初対決の両者。

レジェンド、クライフを源流とする『本家』と『分家』の決戦!っていうにはあまりにも牧歌的な『カンプ・ノウ』。

解説の金子氏も言っていたが、もはや『アミューズメントパーク』と化してしまった『カンプ・ノウ』。フットボールをエンターテイメントの域まで昇華させてしまった『ペップ』バルサ、『神』メッシの存在と壊滅したスペイン経済がこの事態を招いてしまったのだろう。

オノボリさんを許さないプレミアや熱狂的なサポーターで埋め尽くされるブンデスのような、負けることは『死』、敵を叩き潰せ!みたいな雰囲気は微塵も感じられないなか始まったポゼッション対決は、世界が模倣を試みた至高のポゼッションとはほど遠い陳腐な内容で進行していった。

そんな中、ゲームを動かしたのはやはりメッシだった。

22分。

自ら得たファウルを直接ネットに突き刺したのだ。美しい弧を描いたキックは左ポストに当たりゴールに吸い込まれていった。これも解説の金子氏が言っていたが、まさにポストに当てるように蹴ったと思われる一撃で難なく先制したバルサ。しかし、ここからエンジン全開とはならなかった。

メッシのチャンピオンズリーグ通算60ゴール目で先制したが、緩いフットボールは変わらず、逆に『本家』にゴールに迫られる始末。取り戻すべくチャレンジを掲げた『前からのプレス』は、『本家』のディフェンスラインでのボール回しに嫌気があったのか、全く影を潜めた。

まぁ〜あえて実行しなかったかもしれないが。

しかし凋落した『本家』では、ゴールを上げることは叶わず、ハーフタイムを迎えることとなる。

そして後半も静かに始まった。

バルサが追加点を上げたのは、カウンターからだった。55分。敵陣中央でブスケツがボールを引っ掛け、左にネイマール、右にアレクシス、遅れてメッシが中央へ駆け上がったアレクシスと入れ替わるように右を駆け上がり、ブスケツは当然のようにメッシにボールを出した。左で受けたメッシは中央へ切り込み、溜めてディフェンダーを難なく躱してゴール右へ蹴り込んだ。

2ー0。

『本家』に2点差を詰める意欲も技術も無かった。

69分にはショートコーナーからネイマールが右サイドから単純に中央へ放り込み、中央に居たピケが難なく頭で合わせネットを揺らし、75分にはエリアを少し出たところでボールを奪ったシャビがメッシに預け、メッシはゴールへパスをして試合の幕を閉じた。

アヤックスは矜持を棄てた。

バルサは目標を果たすことなく勝利した。

『カンプ・ノウ』はフットボールスタジアムの体をなしていなかった。幸福に包まれたのは、『神』メッシのハットトリックを目撃した世界のオノボリさんだけだったかもしれない。

このまま、バルサはチャンピオンズを駆け上がりリスボンの地に立つことができるだろうか?

不安を感じるグループステージ第1節だったと思わざるをえない。次節は昨シーズン、ジャイアントキリングを喫したセルティック。ミランが初戦をものにしただけに、取りこぼしは許されないだろう。

10月はまたすぐにやってくる。

 

イニエスタ

最近少し元気がなかったドン・イニエスタだが、この試合は良かった。

もっとコンディションを上げて行ってもらいたいものだ。

 

メッシ

メッシ

メッシ

メッシ

壁を観た瞬間に入る感じがした先制点。

今シーズンはメッシ頼みは避けたいのだが・・・。

 

メッシ

メッシ

メッシ

緩過ぎるアヤックスを蹂躙したメッシ。

ハットトリックでチャンピオンズリーグ通算62ゴールとし、歴代1位のラウールまであと9ゴールとなった。今シーズン中に達成するかもしれない。

そして、最後に少しコイツに触れない訳にはいかないだろう。

 

ボージャン

ボージャン

昨シーズンはミランで愛憎ある古巣とマッチアップした元『9』のボージャン。

今シーズンはアヤックスで『カンプ・ノウ』のピッチに立った。惜しいクロスを上げたり、アウヴェスを抜いたり孤軍奮闘。

なんだかもの凄く寂しくなったミッドウィークの朝。ボージャン、頑張ってくれ!

歯車が狂ったドルトムント

クロップ

E382AFE383ADE38383E383972013CLE3838AE3839DE383AAE688A6E6BF80E3818AE38193

冷静さを欠いたクロップ。第4審判への怒りは尋常じゃなかったですね。

2013ー2014・チャンピオンズリーグ・グループF・グループステージ第1節、ナポリVSドルトムント@サン・パオロ。

各組の第1節で最も楽しみにしていたカードでしたが、ドルトムントはいつもの鋭利なショートカウンターが不発。セットプレイから失点してしまい、クロップは審判団に怒り過ぎて退席処分(怪我の治療を終えたスポティッチがピッチに入れない間にショートコーナーから失点)。まぁ〜分かります。嫌な予感でもあったのでしょうね。

そしてフンメルスがハムストリングを痛めて途中交代し、イグアインへの縦への一発のパスを、エリア外でヴァイデンフェラーがハンドで止めてしまい1発レッド。

何かバタバタしてました。

ワンタッチのショートパス交換も出ず、バックラインでパスを回すのみ。ナポリは上手く守っていましたね。ボールポゼッションはやはり駄目なドルトムント。

後半にインシーニェの美しいフリーキックで2ー0とされては“not their day”。かと思いきや最後まで楽しませてはくれますね。10人となってしまって、やっぱ1人足りないってシーンがけっこうあったのですが、途中出場のオーバメヤンが速過ぎてヤバいです。

ロイスやシャヒンの枠を捉えたフリーキック、そのオーバメヤンのエリア左からのシュートがバーを叩くなど、見せ場は失わず。

やっぱイイなぁ〜ドルトムント。

スニガのオウンゴールで1点差となって、アディショナルタイムの3分間もひょっとしたらと思わせてくれました。昨シーズンのマラガ戦のようには行きませんでしたが、途中で眠ってしまうことはありません。

痛いアウェイでの1敗ですが、まだまだ第1節。次節のマルセイユ戦はホーム、シグナル・イドゥナ・パルクです。きっちり勝利する事を祈るだけです。

 

フンメルス

ハムストリングを痛めたフンメルス。

何か精彩を欠いていたんですよね。

交代して、ヴェンダーがセンターバックにポジションチェンジを行ったのですが、そのヴェンダーがイグアインにチギらてしまい、ヴァイデンフェラーのハンドが起りました。

 

ヴァイデンフェラー

もうすぐ前半終了だっただけに痛過ぎる退場でした。

 

イグアイン

ハムシク&インシーニェ

イグアイン(上)は好調過ぎて怖い(笑)

インシーニェ(右)のフリーキックはシティのトゥーレ・ヤヤのゴラッソと共に第1節のハイライトでしたね。

 

オーバメヤン

個人的ハイライトのオーバメヤン。

かなり荒削りですが快速過ぎる魅力があります。フランス人の24歳で、ミランに居たこともあるみたいですね。ドルトムントってスカウティングも凄いですねェ〜。そして、ビッグクラブへ高く売る。

とにかく、グループステージは突破して下さい!!

全く違うユナイテッド!?

マン・ユナイテッド

2013ー2014・チャンピオンズリーグ・グループA・グループステージ第1節、マンチェスター・ユナイテッドVSレヴァークーゼン@オールド・トラッフォード。

カガワくん、ようやく初スタメン!

4ー4ー2の2列目の左で出場でした。

う〜〜ん。インフルエンザ明けか、代表ゲーム明けか、今一歩でしたでしょうか。結構ボールを受ける動きは出来ていました。しかし、解説の福田さんもおっしゃっていましたが、危ないボールの取られ方も何回かあり、パスも安全なパスが多かったし、前へ仕掛けるシーンは正直少なかったです。

ボス、もう少しチャンスを!

もっと出来るゼ。

前半終了間際に惜しいシュート(左サイドから右ポストを掠めた)を放ちましたが、後半は・・・。

71分までプレイし、55点といったところでしょうか?

でも、カガワくんが入って繋ぐマン・ユナイテッドでしたよね。プレミア4節までのクソ・ユナイテッドより良かったのではないでしょうか?

ゲームは22分にエブラの折り返しをルーニーが捩じ込み、後半に追い付かれましたがファン・ペルシーがボレーでネットを揺らし(キーパーに疑問符でしたが)、絶好調ルーニーがこの日2点目(その前に完全にキーパーを躱したシーンがあったのですが、ゴールにも、右にフリーで居たファン・ペルシーにも合いませんでした)、最後はカウンターからバレンシアが豪快に蹴り込み快勝でした。

何にせよ、繋いで行こう。

キック&ラッシュは古いよ、やっぱ。

ルーニーとファン・ペルシーは凄いわ。

5節のダービー、盛り上がるだろうなァ〜。

 

カガワくん

カガワくん

やっぱカガワくんが要りますよね。

全然違うマン・ユナイテッドでした。

 

ルーニー

ルーニー

キレてましたねェ〜。

 

ファン・ペルシー

どんなカタチでも決めきるのは流石です。

 

バレンシア

スピードはあるバレンシア。

玉離れをもう少し何とかして欲しい。あと、ディフェンス。スモーリングの右サイド(かと言ってジョーンズもないけど)は駄目だ。リオも何だかでしたし、バルサ同様セントラル含め、ディフェンス陣が心配です。

冬のマーケットでセントラルとラテラルの補強が必要ですね。