サンドバック

モイーズ

創造性も意外性も皆無だった。

2013ー2014・プレミアリーグ第5節、マンチェスター・ダービー@エティハド。

酷過ぎた『赤い悪魔』。戦前の高揚を裏切った『選ばれし男』。

ファン・ペルシーを怪我で欠いて、ウェルベックをワントップにヤングとバレンシアがサイドでは、さもありなん。

エティハド・スタジアムの尋常じゃない声援に後押しされたブルーの怒濤のアタックに為す術なくネットを揺らされ、サンドバックとなった。

前半終了間際までシュートすら打てなかった。

モイーズもいい加減、気付いたことだろう。そう思いたい。守備はソコソコやれるが、マッチョなだけではヨーロッパのトップには勝てないのだ。

コレクティブに連動し、インテンシティに満ち溢れ、スキルフルかつイマジネーション豊かでなければ前へは進めない。闇雲にサイドからクロスを放り込むだけでは、ネットを揺らすことなど僥倖なのだ。

お気に入りの、フィジカルの割に少しだけ上手いアフロではアタッキングサードでは通用しない。

確執があった(と思う)ルーニーが、世界の5指に入るセントラルのコンパニにシャットアウトされてしまいどうればイイか分からなくなった。それはもう観るも無惨に。

前半終了間際にトゥーレに押し込まれ0ー2。

後半開始早々にはネグレドに粘られ、何気なく中央に折り返したボールをアグエロに蹴り込まれ、その3分後には、右サイドをナバスに抉られナスリに豪快に蹴り込まれジ・エンド。

まだ10分も経っていなかった。

名実ともに世界一の『ダービー』で、世界に無能を印象付けてしまった『選ばれし男』。

日本人でこのビッグ・マッチを観ていた誰もが『カガワを出せ!!』と叫んだだろうし、メキシコ人達は『チチャリート!カモン!!』と怒り狂ったに違いない。しかし、『選ばれし男』はウェルベックをクレバリーと代える恐ろしく意味のない手しか打たなかった。4失点してしまい錯乱したのだろう。5点目を失なうことを恐れた無能は、マン・ユナイテッドには不要だ。残りの交代枠2つのカードを切らずにホイッスルを聞くことなどけっして許されない。

走る事を止めないバスク人にオールド・トラッフォードを蹂躙されて以降、サー・アレックスは方向性を転換したハズだ。その為にドーバー海峡を渡った小柄なイマジネーション溢れる攻撃的ミッドフィルダーを何故使わない?今のままでは、卓越した個人技とかセットプレイでしかネットを揺らすこと(終了間際にルーニーがスペシャルなフリーキックを決めた)は叶わないだろう。

『赤い悪魔』と恐れられるマン・ユナイテッドは、リーグの下位を低迷するサムワンとは違うはずだ。フロントから現場まで一体となって、パラダイムを示さなければならない。

サー・アレックスのチョイスは誤りだったかどうかの答えが、そう遠くない時期に明らかになるだろう。モイーズに残された時間はそう多くはない。

故に、重ねて言わせてもらいたい。

『カガワを使え!!』

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中