ポケットティッシュボックスを買ってミタ

『いつの間にか増えて、かと言って特別使い勝手が良いとは言えないから、いつの間にかゴミになってしまう』、そうポケットティッシュ。巷間、往来激しいところで何気に配られているソレについて、貰ったはイイが、結局やり場に頭を悩ませている諸兄御婦人達に捧げるブツのレビューを書いてミタ。

 

ポケットティッシュボックス

ブツはコチラ。

sarasa.comのセラミック・ミニティッシュボックス。送料込みで2,175円也。

サイズは約幅115×奥行90×高さ80mm。

白いセラッミク製のボックスに、つや消しが施されたステンレスの蓋はなんともシャレオツである。試しにポケットティッシュを入れてみたが、7ヶぶん入るシロモノだった。

シンプルなデザインも完璧だ。

ヘアサロンやら不動産やら英会話教室等々の様々な会社が、効果も良く分からないのにお店や自社(製品)を宣伝する媒体として今尚、街中で配られてる無粋なポケットティッシュをスタイリッシュに保管するには申し分ないデキである。

しかし、このシャレオツなボックスに致命的な欠点があった。ソレさえなければ、ポケットティッシュ問題に悩む日本中の人にオススメする素晴らしいソリューションとなったのだが・・・。

その致命傷、そう、肝心のティッシュが取りにくいのだ。

何枚も何枚も続けて取っていければ完璧なのだが、ポケットティッシュの構造はそうなっていない。よって、中央の丸い穴に指を入れて引っぱり出さなければならないのだが、コレが上手くいなかいのだ。致命的に穴が小さい。ティッシュの残りが少なくなると目も当てられなくなる。

ティッシュ枚数が減るに従って、ステンレスの蓋も下がって行けばまだマシなのだが、そのような構造になっていないので最後の方はステンレスの蓋を外して取らなければならないのだ。

う〜〜む、残念。

☆☆☆。

単に、ポケットティッシュを袋から出して保管するボックスとし使うことになったが、それでもかなり気に入っている。部屋の至る所に放置され忘れ去ることも、ブランド物のバックの底でゴミとなることも無くなるハズだ。

シャレオツに保管したい方は購入して損はない。

無事に勝ち点3上積み一安心

セスク

2013ー2014・リーガ・エスパニョラー第11節、セルタVSバルセロナ@バライードス。

『クラシコ』のテンションから中2日、バルサのDNAを持つルイス・エンリケに率いられたセルタ(ノリートやフォンタス等けっこうな数のカンテラ組もいる)相手にどうなるかな?と心配気味に朝からライヴを観ましたが、開始早々のアレクシス・サンチェスのゴールで試合を有利に運ぶことができました。

敵陣左サイドでペドロがボールを奪い(セスクのプレスが効いていましたかね)、前を走るセスクへダイレクトでボールを出して、セスクのシュートはキーパに弾かれましたが、エリア中央に溢れてきたところをサンチェスが難なく蹴り込み先制。

サンチェスはノリノリですね。心・技・体が充実している感じです。

先制してからはセルタもボールを回し、チャンスを作っていたと思います。この辺りが、ペップ・バルサと違うところでしょうか?

圧倒する感じが全くありません。この試合はソングがシャビの位置に入っていたことも影響していたかもしれませんが。

前半は1ー0で終えたバルサ。後半早々にセスクのミドルがバー右を叩き跳ね返ったボールがキーパーの背中に当たってネットに吸い込まれるラッキーなゴールで2ー0とし勝負を決めました。

その6分後の54分に今度もセスクがメッシのパスを受けてエリア内、左サイドから豪快にニアを破り3ー0。

貴重な勝ち点3を上積みしました。

シャビ、ネイマール、ピケにマスチェラーノがお休みした今節(イニエスタは後半から途中出場)。上手くローテーションしています。

あとは、メッシ。この試合も何回かチャンスはありましたが、ノーゴールに終わり少しメディアが騒ぎ出しますかね。そのうちまたゴールを量産するかと思いますが、怪我の再発だけは避けたいところです。

 

メッシ

何かのきかっけがあればネットが揺れていたと思いますが少し重いかな?

 

セスク&サンチェス

サンチェスは絶好調。

このままの調子を維持し年内は乗り切ってもらいたいですね。

Heat up “ruhr derby”

ドルトムントサポ

ドルトムントサポ2

2013ー2014・ブンデスリーガ第10節、シャルケVSドルトムント@アレナ・アウフシャルケ。

熱過ぎるルール・ダービー。

 

オーバメヤン

ドルトムント、本当に素晴らしいです。

14分。

4本のダイレクトパスで最後はオーバメヤンがフィニッシュ。アーセナルのノリッジ戦での華麗なダイレクトパスでのウィルシャーのゴールよりも個人的には気に入りました。

センターライン手前からスポティッチが右前に居たグロスクロイツへ出して、グロクロさんからロイスへ渡り、ムヒタリャンとのワンツーでエリア内へ侵入したロイスが出したグラウンダーのクロスをオーバメヤンがゴールへ蹴り込み先制に成功しました。

全てダイレクトタッチ、鳥肌モノです。

スイッチが入った時の前への推進力がハンパないですね。

 

ヴァイデンフェラー

ゲームはボアテングのPKが決まっていれば分からなかったですが、ヴァイデンフェラーがセーブし、ドルトムントのペースとなりました。

 

シャヒン

51分。

シャヒンが中央のエリア手前やや左から素晴らしいゴラッソをゴール右隅に叩き込み2ー0とし、1点返されましたが終了間際にムヒタリャンのスルーパスを受けた途中出場のブワシュチコフスキが冷静にゴール右隅に蹴り込み幕を引きました。

うん、完勝。

素晴らしいです。ゲーム後のクロップのコメントもナイス!

 

クロップ

『ものすごく激しい試合だった。我々の方が、うまく試合に入れたと思う。(序盤は)良い流れをつかみ、望んでいたとおりに守れた。それから素晴らしいプレーでリードを奪っている。その後は試合がよりオープンになってしまった。その理由については、ゆっくり分析しなければいけないね』

『我々が与えてしまったスペースをシャルケが利用して、スローインから危ない場面を2度もつくられた。そのうちの1つはPKとなった場面だ。幸い、ロマン(・ヴァイデンフェラー)が止めてくれたね。後半は、ヌリ(・シャヒン)のスーパーゴールで2ー0になった』

『我々は3ー1で勝ったが、非常に難しかった。ダービーはおそらく、そうでなければいけないんだけどね』

昨シーズンは2敗していましたが、まずはリベンジ。

来週のミッドウィークのアーセナルとのチャンピンオンズリーグが待ち遠しいですね。