2.44m×7.32mのドラマ

マドリー守護神

wowowのノンフィクションWを観ました。

『天才』と『努力』の人って括りでは計り知れない凄いドラマです。マドリーのカンテラ出身で同年齢のイケルとディエゴ。

モウリーニョとの確執から出番を失い、怪我もあってどん底に堕ちてしまった『聖』イケル。

その怪我のタイミングに合うように、2013年1月の冬の移籍マーケットでマドリーに戻ってきたディエゴ。そしてただ出場するだけでなく、完璧に結果も残してポジションを手に入れたのが凄いです。

超人的な反応が持ち味のイケルと、サイズがあって的確なポジショニングとセービングが持ち味のディエゴ。

対照的なふたり。

ドラマティックです。

モウリーニョがいつものケンカ腰に言った、『足元がうまく、クロスに飛び出せる高さのあるゴールキーパーが好きなんだ』ってコメントも良く分かりますが、事は『ラ・ロハ』の正守護神だけに簡単にはいきません。結局、モウリーニョが去った今シーズンもマドリーの守護神はディエゴ・ロペスとなりましたがね。

ラインを高く設定する、あるいは必然と高くなる(相手がリトリートするので)ヨーロッパの列強のスタイルは、広大なスペースを埋める事が求められます。そういう意味では、今のディエゴ・ロペスの方が合っています。

厳しい世界です。

そのような世界で、番組のエンディングに心からの笑顔を携え語ったイケルの言葉に心を打たれました。

『これまでになかった経験をした。そこからプラスになることを見つけ出すよ。そしてまた、ファンを喜ばせたい。結局、人に喜んでもらうのが好きなんだ』

『試合に出られないのなら我慢して努力するだけ。どうってことない。つらい時期はもう乗り越えたんだ』

『僕はいま、新しいイケル・カシージャスだよ』

 

カシージャス

超人的で神懸かったセーブが持ち味。

 

カシージャス

ロッベンとの1対1に勝利し優勝に貢献した南アフリカ・ワールドカップでの思い出。

ブラジルでも勇姿を観ることが出来るでしょうか?って何故か最後はカシージャスばかりになってしまいました。

Tú puedes! Íker!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中