ポケットティッシュボックスを買ってミタ

『いつの間にか増えて、かと言って特別使い勝手が良いとは言えないから、いつの間にかゴミになってしまう』、そうポケットティッシュ。巷間、往来激しいところで何気に配られているソレについて、貰ったはイイが、結局やり場に頭を悩ませている諸兄御婦人達に捧げるブツのレビューを書いてミタ。

 

ポケットティッシュボックス

ブツはコチラ。

sarasa.comのセラミック・ミニティッシュボックス。送料込みで2,175円也。

サイズは約幅115×奥行90×高さ80mm。

白いセラッミク製のボックスに、つや消しが施されたステンレスの蓋はなんともシャレオツである。試しにポケットティッシュを入れてみたが、7ヶぶん入るシロモノだった。

シンプルなデザインも完璧だ。

ヘアサロンやら不動産やら英会話教室等々の様々な会社が、効果も良く分からないのにお店や自社(製品)を宣伝する媒体として今尚、街中で配られてる無粋なポケットティッシュをスタイリッシュに保管するには申し分ないデキである。

しかし、このシャレオツなボックスに致命的な欠点があった。ソレさえなければ、ポケットティッシュ問題に悩む日本中の人にオススメする素晴らしいソリューションとなったのだが・・・。

その致命傷、そう、肝心のティッシュが取りにくいのだ。

何枚も何枚も続けて取っていければ完璧なのだが、ポケットティッシュの構造はそうなっていない。よって、中央の丸い穴に指を入れて引っぱり出さなければならないのだが、コレが上手くいなかいのだ。致命的に穴が小さい。ティッシュの残りが少なくなると目も当てられなくなる。

ティッシュ枚数が減るに従って、ステンレスの蓋も下がって行けばまだマシなのだが、そのような構造になっていないので最後の方はステンレスの蓋を外して取らなければならないのだ。

う〜〜む、残念。

☆☆☆。

単に、ポケットティッシュを袋から出して保管するボックスとし使うことになったが、それでもかなり気に入っている。部屋の至る所に放置され忘れ去ることも、ブランド物のバックの底でゴミとなることも無くなるハズだ。

シャレオツに保管したい方は購入して損はない。