R&B炸裂!!

ベイル&ロナウド

2013ー2014・チャンピオンズリーグ・グループB・グループステージ第4節、ユベントスVSレアル・マドリード@ユベントス・スタジアム。

強烈な個のパワー。

決定機を逃しませんねェ〜。後がないユベントスが引き蘢ってしまい、どうなるかな(ハズレ?)と思いましたが朝から十分楽しめました。

 

カシージャス1

マドリーはボールポゼッションしてもダメですね。ロナウドとベイルはスペースが必要です。攻めあぐねていると、前半終了間際にヴァランがポグバを倒してしまいペナルティで先制されたマドリー。

 

ロナウド

ロナウド

ロナウド

上手い。

マルティン・カセレスの痛過ぎるバックパスのミスを咎めたロナウドの冷静なゴールで追い付き、8分後にあっという間に試合をひっくり返しました。

『あぁぁぁぁ〜』って感じで左サイドを抜けてブッフォンとの1対1にあっさり勝利。ここまでチャンピオンズ4試合で8ゴールと絶好調です。

 

ベイル

60分。

ロナウドのパスを受けたベイルが、エリア右で仕掛けニアに豪快に蹴り込み逆転。1億ユーロの男も速くて強い。しかし、このシーン以外はほとんど消えていましたが。まだまだ手探りかな。

ゲームは、ユベントスも粘り、痛過ぎるミスを犯したカセレスのクロスをジョレンテが頭で合わせ2ー2で終えました。

カシージャス、何てことない右からのクロスだったけどなぁ〜。ディエゴ・ロペスなら飛び出して触っていたかも?って思いました。

 

カシージャス

今日もスーパーなセーブを数度見せてくれた『聖』イケルでしたが、最後のシーンはどうだっただろう?

一瞬の逡巡が致命的となるキーパーは大変です。

グループBはガラタサライがコペンハーゲンに0ー1で敗れ2位争いは混沌としてきました。ユベントスは最下位ながら勝ち点1差。ガラタサライとコペンハーゲンに連勝すれば自力勝ち抜け。どうなるでしょうかね。

どうでもいいけど、マドリーのこのオレンジのサード・ユニフォーム?、オランダ代表みたいで好き。

広告