“back to the race” Man United

モイーズ

こんなでイイのか?

2013ー2014・プレミアリーグ第11節、マン・ユナイテッドVSアーセナル@オールド・トラッフォード。

首位を快走するアーセナルを迎えた今シーズン一の重要な一戦。楽しみに観た訳ではなく、どんな感じになるだろうって感じで、モイーズの失態があればコキ下ろそうと思ってたんですが・・・。

スタメンはRVPをトップにカガワくんにルーニー、バレンシアのガム爺が残した前線にまずは沈黙。 アーセナルのポゼッションにカウンターのマン・ユナイテッド。まぁ〜今までのチーム状態からもコレも致し方なしか。

そして、27分。ルーニーのコーナーキックをRVPが頭で合わせて幸運にも先制したマン・ユナイテッド。ラッキーでした。

 

RVP

RVP

RVP

RVP

勝負強いなぁ〜。

1点リードを亀のように守り切ったマン・ユナイテッド。引いてカウンターって感じでもなく勝ち点3を捥ぎ取りました。

 

カガワくん

しかぁ〜し、何か寂しい。カガワくんも攻撃ではなく守備が安定していた感じです。

繋いで抉じ開ける、自陣から飛び出す赤い弾丸でネットを揺らす。コレが観たいんですが、勝ち点3がプライオリティではこんなゲームも致し方なしかもしれません。

 

ルーニー

ほとんど消えていた(1発だけ惜しいシュートを放ちましたが)エジルとマン・オブ・ザ・マッチのルーニー。

そのルーニーは試合後、

『最高の結果だね。アーセナルは素晴らしいチームだけど、僕らは勝たなければならなかったんだ。今日の試合は(今シーズンで)一番厳しい試合だったよ。今日の守備は素晴らしかった。そして、ロビンがゴールを決めてくれたんだ。今日の勝利はチーム全員の勝利だよ』

『今日の試合で負けられないことは、全員が理解していた。もし負けていたら、アーセナルとの勝ち点差は11になっていたんだからね。ほかのクラブの結果を見て、今日の試合で勝てば、上位に食い込んでいけると分かっていたんだ』

と語り上位への意欲を当然の如く表しましたね。

『代表ウィーク前に最高の1週間を過ごすことができた。代表戦が終わったら、年が明けるまでに順位を上げていきたい。それが僕らの目標だ。たぶん年が明けたら、僕らは首位に近づいているだろう』

カガワくんの移籍も完全に無くなったかな。

モイーズは更迭って言ってスミマセン。でもこんなフットボールやだ!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中