God bless you

シェルストーレム

win or go home。

まもなく始まるブラジルワールドカップ・ヨーロッパ予選・プレーオフ、ポルトガル対スウェーデン。

CR7とズラタンのどちらかが本番で観れなくなるのは本当に残念な限りですが、現地15日と19日のホーム&アウェイで雌雄を決することとなりました。

どちらがブラジル行きを決めるのかは“フットボールの神のみぞ知る”ですが、熱い魂のこもったゲームを期待したいものです。そんな中、スウェーデン代表のMFキム・シェルストーレムの心暖まるエピソードをネットで見ましたので記しておきたいと思います。

先月のヨーロッパ予選、最終節の対ドイツ戦でのヒトコマ(マッチレポートはコチラ)。

この試合のエスコート・キッズ達(ウィリアムズ症候群というハンディキャップを背負った子供達だったそうです)のうちの1人のオコトの子が、フレンズ・アレーナに詰め掛けた50,000人もの大観衆にパニックに陥ってしまいました。そんな彼を優しく抱きかかえ、落ち着かせようとしているシェルストーレム。

『こういう場合、僕はフットボーラーとしてではなく、知人や親であるかのように振る舞うことにしている』

『僕は、スタンドでおそらく不安な気持ちで見守っているマックスの両親の代わりを務めなければならないと思った。もちろん、子どもたちのためにもね。穏やかであろうとしたし、優しく接しようともした。そうすると、子どもたちはいつも満足してくれるからね』

と当たり前のように振る舞い、当たり前のように語った心優しきフットボーラーに、クソな日々に殺伐として荒んだ社畜の心に優しい穏やかな風が吹き抜けていきました。

こんな事でゲームに勝つことはもちろん出来ません(ドイツ戦も撃ち合いの末敗れた)が、僕もこうなりたいと思わずには居られません。

極東のニュートラルなフットボールラバーとしては、当然のことながら前評判で劣るスウェーデン代表を応援することと相成りました。

願わくば、スウェーデン代表にフットボールの神の御加護が有らんことを。

広告

Under the Dome

 

最近のお気に入り。

『LOST』が好きだったので、BS258チャンネルの『Dlife』の予告を観た時から楽しみにしてました。

 

Under the doom

【あらすじ】

アメリカの田舎町、普段は何事もなく住人は暮らしている。そんな町に見えないドーム状の障壁が突然あらわれ、外部世界と遮断されてしまう。 町全体を取り囲む障壁は、透明で外界の様子は見えるものの音は聞こえず、行き来することが出来ない。上空を飛んでいたセスナでさえ障壁に激突して大破してしまう。 障壁を辿り、出入り口を探す者も現れるが、住宅、森、動物、人間でさえも寸断されている。

町に閉じ込められた住人は、自分自身が置かれている立場を受け入れようと試みるが、徐々に住人たちの不安・不満・不信の不協和音は大きくなっていく。このドーム状の障壁は、一体誰が、何の為に、どうやって・・・。政府も警察も軍も世界中を巻き込んで、人類史上前代未聞の出来事に、謎の究明と町全体の救援に乗り出してゆく。

原作は巨匠スティーブン・キング。

この類いのドラマは謎が明かされるまでどれだけ引っ張れるかが最大のポイント。

今のところ大丈夫かな。

あと、原作を読んでませんので結末は勿論、どうなって行くかも知りませんので結構楽しめるのではと思っています。本国ではシーズン2が終わったみたいですが、日本で放送されるかが心配。どうなるかなぁ〜?

頑張って!!『Dlife』