Good-Bye“ibra”

ロナウド

ロナウド

ブラジルワールドカップ・ヨーロッパ予選プレーオフ、スウェーデンVSポルトガル@フレンズ・アレーナ。

素晴らしい一戦でした。

 

イブラ&ロナウド

イブラヒモビッチVSクリスティーアノ・ロナウド。

ファースト・レグをロナウドのヘッドでモノにしたポルトガル。1発でも決めればアウェイゴールで一気に有利になりますが、後半、まさにその1発でゲームが動き出しました。

攻めるスウェーデンとカウンターを見舞うポルトガル。最早ゴールしかないスウェーデンがイブラのコーナーキックからのヘッドと強烈なフリーキックで2ー1とし、あとワンゴール。しかし、ロナウドがゲームを決めました。

しかも2発。

2ー3(アグリゲートスコア2ー4)。

スルーパスへの反応、強烈かつ冷静にネットを揺らしハットトリック。ブラジルへのチケットはロナウドの全ゴールでポルトガルが手にしました。 それにてもロナウド、スゲぇーわ。広大なスペースが有ればやっぱ世界一ですね。スピード、パワー、スキル、パーフェクト!ポルトガル代表通算47ゴールでパウレタと並んでポルトガル歴代最多タイ。

ブラジルでも輝くでしょうか?楽しみです。

 

イブラヒモビッチ

ラストチャレンジに2発で応えたズラタンでしたが、ロナウドの計4発に沈みました。

『ボールロストからのカウンターでやられてしまった。下がってプレーするときと、前線に張るときのバランスを維持したいと思っていた。2ー1にしてからは3点目を奪うことに集中したが、残念ながら失点して厳しくなってしまった』

『おそらくこれが俺にとってW杯予選突破への最後の挑戦だろう。代表チームでそれほど長くプレーすることはない。一つ確かなことがある。俺の居ないW杯を観るつもりはないということだ』

『ポルトガルには祝福を贈りたい。でも、両チームにW杯へ行く資格があった』

寂しくなりますね。

あと、フランスが0ー2からホームで3ー0で勝利し見事チケットを手にしました。リベリー、バロンドールに指を一つまだ掛けていますかね。しかし、ロナウドだろうなぁ〜。

広告