【劇場版】青の祓魔師

青の祓魔師

青の祓魔師

wowowで観ました。

テレビアニメ版の後日潭みたいで、オリジナルストーリーだそうですが、気に入りました。

加藤 和恵さん作。

その原作は『ジャンプスクエア』に連載されている有名どころみたいですね。ちょっと前に相方が姪っ子から単行本を借りてきてたみたいですが、時間がなく結局読めず(相方は制覇したらしい)。今度また借りてこよう。

観る前は『鋼の錬金術師』のようなものを想像してましたが、作画、色使いはこちらの方が良かったですね。しかし、駄目な兄貴(結局全然駄目ではないんですが)と出来る優等生な弟はエドとアルで、ジブリ(ジジとまっくろくろすけ)が出てました(笑)。

【あらすじ】

11年に一度の祭りを目前に、活気づく正十字学園町。その陰では祓魔師たちが総出で悪魔の討伐に奔走していた。燐(主人公・サタンの落胤)と弟の雪男としえみ(は幽霊列車(ファントムトレイン)討伐の任に当たっていたが、その途中で古い祠を損壊させ、封印されていた悪魔を解放してしまう。責任を取るため、燐はその悪魔を「うさ麻呂」と名付け、自室に置いて監視することとなった。当初こそ衝突した燐とうさ麻呂だったが、生活を共にする中で徐々に打ち解け、いつしか兄弟のように親しくなっていく。

祭りも滞りなく進み、事態は平穏に収束すると思われた矢先、なぜか祓魔師たちの指揮系統が乱れ、各所で混乱が生じ始める。台湾支部の祓魔師リュウは、その原因がうさ麻呂の能力にあると看破し、彼を討伐対象に認定する。天真爛漫なうさ麻呂が元凶であったことに、燐は動揺を隠せない。潜伏していた幽霊列車も再活性化し、混乱は更に激化。学園町が未曾有の危機に瀕する中、対峙した燐とうさ麻呂に決断の時が迫る。

 

青の祓魔師

青の祓魔師

独特です。

舞台となっているのは日本ですが、アジアとヨーロッパを上手に織り交ぜている感じ。色使いも好きです。

 

青の祓魔師

霧隠のシュラ姐さん。

この画像はイマイチですが、ナイスバディでキップが良くてイイ味出してます。原作では燐を色々指導しているみたいですね。『八俣遠呂』(ヤマタノオロチ)とお腹に彫られた刺青から魔剣を取り出して戦う。厨二的で最高です(笑)。

 

青の祓魔師

青の祓魔師

徐々に打ち解ける燐とうさ麻呂。オムライスをクロ(猫)と食べるシーン、好きです。しかし、クロは『魔女の宅急便』のジジでしたね(笑)。

 

青の祓魔師

劉さん、カッケェェーー。棍の使い手です。

 

青の祓魔師

オヤジ殿と読んだ絵本が重なり、物語の芯を為します。

『お前ならどうする?』

 

青も祓魔師

うさ麻呂が記憶を消しまっくたせいで、結界が弱まり街が飲み込まれそうになる。奥村兄弟はどうなる?そして、最後に・・・。

うさ麻呂、イイ奴だ!!

 

青の祓魔師

大物というか、ボスというか、何もしなかったメフィスト。予備知識が全くなかったので良く分かりませんでした。

 

青の祓魔師

忘れなかった二人。

 

青の祓魔師

青の祓魔師

大切に祀られます。

おしまい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中