三朝温泉へ

るるぶ

今年は三朝温泉へ行くことに。

鳥取県へ行ったことが無かったので(47都道府県を完全制覇する予定)行くことが決まりました。

このクソ寒い中、砂丘にも行こうかと思っております。

クソな1年、ホントお疲れサマでした。

皆様、良いお年を〜。

広告

個人的ベストゴール5選(2013)

昨年も記した個人的ベストゴール(コチラ)。今年も大掃除を終えてあとは温泉へ行くだけとなりましたので、1年を振り返りながら選んでみました。

今年は思い入れの有るゴールがたくさん有って、3選に出来ませんでしたので5選となってしまいました。

異論しかないと思いますがご容赦を。では。

 

【第5位】

バセリーナ

2013ー2014・リーガ第10節、『クラシコ』@カンプ・ノウでのアレクシス・サンチェスの美しいバセリーナ。

『クラシコ』の勝利を決定付けた、打った瞬間に入ったと思った1発。今シーズンは好調なアレクシス、チャンピオンズでも存在感を出してもらいたいですね。

 

【第4位】

ファン・ペルシー

2012ー2013・プレミアリーグ第34節、アストンヴィラ戦@オールド・トラッフォードでのファン・ペルシーの1発。

サー・ファーガソンのオールド・トラッフォード最後の1戦で素晴らしいハットトリックを決めたファン・ペルシーの2点目が第4位です。

『グレイトでファンタスティック』とのサーのコメントがこの1発を象徴していますね。

 

【第3位】の前に番外編。

ロッベン

2012ー2013シーズンのチャンピオンズ・ファイナル@ウェンブリーでのロッベンのコロコロ決勝ゴール。

南斗水鳥拳のようなポーズが笑えました。では気を取り直して、

 

【第3位】

カガワくん

ネイマールの美しいフリーキックやボレーを抑えてのランク・イン(笑)。コンフェデレーションズカップ2013のイタリア戦でのカガワくんの1発。

2ー0にした価値ある1発だったんですけど、その後イタリアにゴールを奪われ結局は3ー4で負けました。

モイーズに変わってまだマン・ユナイテッドでゴールを上げていない(アシストすらもない)カガワくん。やはり移籍するほうがイイんじゃないでしょうか?

アトレティコって噂もありますが、リーガに移籍しないかなぁ。無いかな。

 

【第2位】

レヴァンドフスキ

2013ー2014・チャンピオンズリーグ・アーセナル戦@エミレーツでのレヴァンドフスキの1発。

センターサークル付近からの怒濤のカウンターアタックの締めのダイレクトボレーでした。

『死の組』を首位で突破した愛すべきシュバルツゲルベン。リーガは不調で4位と順位を落としていますが、チャンピオンズでは昨シーズン同様にゴキゲンです。

今シーズンは果たして何処まで行けるでしょうか?目が離せません。

 

【第1位】

メッシ

今年はコレしかありません。

2012-2013・チャンピオンズリーグ・ミラン戦@カンプ・ノウでのメッシの凄過ぎる1発。

ファースト・レグを0ー2で落としていたバルサにとって息を吹き返すに十分な秀逸過ぎる前半早々のゴールでした。

観ていてコレは行ける!!!ってなりましたもんね〜。

今年もたくさんゲームを観て、一喜一憂した1年でした。来年はブラジルワールドカップもあります。全ての愛すべきフットボーラー達に感謝。

来年もよろしくお願いします。

青の祓魔師12巻

青の祓魔師12巻

姪っ娘から借りてきました。

ついでに、『【劇場版】魔法少女まどか☆マギカ 新編/反逆の物語』を観てきました。う〜〜ん・・・。オヂサンには難しかったですよ、ハイ(泣)。

そして、12巻。

面白くなってきましたね。京都編のようになるんじゃないでしょうか?

今巻の主人公はツンデレ出雲。イルミナティのドン、ルシフェルが現れメフェィストと対峙したり、そのイルミナティのスパイは志摩くん。意外でした。

燐や勝呂達も稲荷大社へ向かい、出雲の過去が少し語られます(使い魔の白狐さん)。

バトルは13巻以降、期待したいと思います。

こうでなくっちゃね

ネグロド

ネグレド

プレミアリーグ・第18節、マンチェスター・シティVSリヴァプール@エティハド・スタジアム。

楽しい試合でしたね〜。

カウンターの撃ち合い。

両チームとも、どんどん恐れずアタッキングサードまで入ってきます。24分にリヴァプールが見事なワンタッチから先制し、俄然面白くなりました。

今シーズン、ホームでは無類の強さを見せるマン・シティ。右サイドのヘスス・ナバスとサバレタでどんどん攻めて行きました。31分にコーナーキックからコンパニのヘッドで追い付いたのが大きかったです。

リヴァプールとしては痛い失点。それでもイーブンでしたが、前半終了間際に鋭いカウンターを喰らってしまいネグレドに決められリードを許してしまいました。

前掛かりに成り過ぎたでしょうか。

後半も何度か決定機がありましたが、結局スコアは動かず。しかし、フットボールはこうでなくちゃです。

“ハッピー・ワン”にもリスクを取ってもらいたいものですね。

“ARISE 2” arrival

ARISE

観ました、攻殻機動隊・ARISE、border:2・Ghost Whispers【Blu-ray】。

9課誕生!!

しかし、その前に素子・パズ・サイトーVSバトー・イシカワ・ボーマ。そして、サイトーの・・・。

サイトー、何か違うんだよなぁ〜(泣)。ヘアスタイルもね。ヘリからのスナイピングでミスショットしたしなぁ〜。やっぱ、神山さんのアニメシリーズの方が良いのかなぁ〜?アクションシーンは1より多く、これからなのかしら?

まっ、最後まで付き合いますけどね。

次回は来年7月、border:3 Ghost Tears。トグサ、ようやくです。

恋人と甘い一時を過ごす休暇中の草薙素子の元に、仲間となったバトーから爆弾テロの急報が届く。その現場を制圧すると主犯のカルディス人の胸にはテロリスト「スクラサス」のシンボルが刻まれていた。それと同じ頃、山の手のダムで起きた爆発でひとりの刑事が死亡した。その所持品には“人魚の脚(MERMAID’S LEG)”と記された義体技師の名刺と義体の脚部が遺されていた。それを手懸りに死んだ刑事の後輩であるトグサが捜査を開始する。

恋人と甘い一時を過ごす素子?

大丈夫か?

退屈なロンドン・ダービー

モウリーニョ

このオヤジ、確信犯。(守備的な)戦術にかけては天才だ。

2013-2014・プレミアリーグ第17節、アーセナルVSチェルシー@エミレーツ。

どんだけ守備的なんだ。

前線ではトーレスを哀れに孤立させた。ワザと?

ミケル、ランパード、ラミレスの中盤ではさもありなん。モウのオヤジ得意のカウンター戦略?勝ち点1さえ取れれば良かったのだろうけど。

引いたチェルシーを全く崩せないガナーズにも問題アリ。ローテーションを使わないヴェンゲル。エジルは消えては居なかったけど、決定的な仕事は皆無だった。疲労もあるだろう。

後半、ジルーに決定機が訪れたが枠へ飛ばなかった。前半にランパードがポストを叩いていたので、まぁイーブンってところか。

ディス イズ プレミア。

オールド・トラッフォードでも守備的に戦い勝ち点1を持って帰ったハッピー・ワン。

『私は、ミスター・ヴェンゲルには一度も負けていない』

確かにそうだろう。

素晴らしい!!拍手で讃えよう!!!

『戦術的な試合だった。アーセナルは勝利を望んだが、負けたくなかった。チェルシーも勝利を望んだが、負けたくなかった。我々が勝つこともできたと思う。最大のチャンスをつくったからね。だが、ゴールラインテクノロジーがあり、誰も文句は言えない。私は、我々が完全に試合を支配したと思う』

『我々にとって、この試合で負けないことは重要だった。首位を勝ち点2差で追うのと、勝ち点5差にされるのは違うからだ。両チームが負けないことを心配していた』

ビラス・ボアスが去って、モウリーニョは残る。

ロマンでは生き残れないプレミア。

出勤前に早起きして観るには酷だったスコアレス・ドローのマンデー・ナイト・フットボール。

マン・シティとリヴァプールに淡い期待を抱くニュートラルなフットボール・ラバーの僕は素人なんだろう。でも、エミレーツに木霊した『チェルシーのフットボールは退屈』チャントに諸手を上げて賛成だ。

フットボールってネットを揺らす為にやるもんでしょ?

クリスマス・プレゼント

トラベラーズ・ノート

『何か届いていたわよ』

相方がポストから取ってきたトラベラーズ・ノートからの封書。

もしや?

ようやく?

 

トラベラーズ・ノート

やっぱり!!

今年買ったパスポートサイズ(キャメル)のトラベラーズ・ノートの写真投稿(コチラ)の御礼だそうです。

やったーーー!!

アザッーーーース!!!

たくさんのステッカーをいただきました。嬉し過ぎるクリスマス・プレゼントとなりましたね。

 

トラベラーズ・ノート

ついでに手帳も来年のモノに変えました。いただいたステッカーでペタペタとカスタマイズして行こうと思います。

2014年もトラベラーズ・ノートと共に。