チャンピンズに専念だね

クロップ

2013-2014・ブンデス・リーガ第17節、ドルトムントVSヘルタ・ベルリン@ジグナル・イドゥナ・パルク。

う〜〜ん・・・。ロイスが飛び出し、飛び出してきたキーパーを嘲笑うようにゴールに流し込み難なく先制したんですけどね。

ドゥルムのトラップを搔っ攫われカウンターを喰らい追い付かれ、サールがもたつき前半終了間際に逆転されてしまいそのままどうにも出来ずあっけなく敗れたドルトムント。

ディフェンスがどうにもこうにもです。

クロップは、『1-0とした後、ヘルタに試合に戻ることを許してしまった。ペースをしっかりつかまず、その時間帯で優位に立つ機会を逃している。アクセルを踏む足を緩めてしまった。失点はどちらもいらなかったはずだ』

『これまでの敗戦は、すべて不必要な形だった。今日もそうだね。今年は非常に激しかった。ここ数カ月は特にそうだ。だから、休みに入れて良かったと思っている。考えることがたくさんあるよ』と語りましたが、じっくりリフレッシュして2月に備えてもらいたいものです。

13節にミュンヘンに敗れてマイスターシャーレは逃したと書きましたが(コチラ)、もうリーガはいいので(でも最低限チャンピオンズ出場権だけは確保しようね)チャンピオンズ専念です。

ヴェンダーにスポティッチ、フンメルスのセントラルが戻ってくればもう少し落ち着くだろうし。まだもう少しシーズンを、ゴキゲンなカウンターを堪能させてくださいな。

 

憂さ晴らしに、今シーズンのチャンピオンズ・グループステージのゴール集を。

素晴らしいカウンターだなぁ〜。んでもって、何でオーバメヤン出ないんだろう?何かあるのかなぁ〜。まっいいけど。

さぁ〜てと、次はバルサの試合だ。でもネイマール出ないんだよなぁ〜。

大丈夫かな?。

広告