ビッグマッチ3発

モウリーニョ

この週末はとても楽しみですねぇ〜。

バルサは低迷しているとはいえ、オトラ・リーガの名門バレンシアと。セイドゥ・ケイタ先発するかなぁ〜?。そして、サン・マメス・バリアに乗り込むマドリーを経て、何と言ってもプレミアのマンデーナイト・フットボール。

リーグ戦ホーム全勝のマン・シティ@エディハト・スタジアムに乗り込む“ハッピー・ワン”。

23節のウエストハム戦をスコアレスドロー(38本のシュートを放ちましたがネットを揺らせず)で終えて、ウエストハムは『19世紀のフットボールをした』と皮肉った?(前後の文脈があって、アラダイス親分とは親密なんだろうけど)モウのオヤジ。巧みなメディア戦術の一環か、エティハドで攻撃的にアタックする布石か、と思わせておいて守備的な布陣からカウンターを見舞う算段か。

『ちょ・・・オヤジィ、あんたが言うか?』っていうのは置いておいて、今シーズン、ホームゲーム全19試合でゴールを上げているマン・シティ相手に、どのようなプランで臨むのか、ゲームがどうなるのか興味が尽きません。

『ワールドクラスの選手たちを擁するチームを苛立たせることができた。戦術的に成功したということだ』

『我々に出し抜かれたのだから、ジョゼには我慢ならなかっただろうね。私はジョゼが飛び上がり、“相手は最低なフットボールをした”と言う様を見るのが大好きなんだ。お気の毒だったね、ジョゼ!』

ビッグ・サム親分のコメント、秀逸でした。

プレミアはホント楽しいです。

 

エヴァ

また、チェルシーといえばエヴァ・カルネイロ女史(笑)。

美し過ぎるメディカル・スタッフ。マン・シティ戦は、彼女がピッチに登場するシーンも多くなるかもしれませんね。

広告

無慈悲に圧勝

バルサ

2013-2014・コパ・デル・レイ・クォーターファイナル・セカンドレグ、バルセロナVSレバンテ@カンプ・ノウ。

大雨、閑散とするスタジアム。ファーストレグで4点を取っていましたので、怪我だけはしないようにと願うセカンドレグでした。

 

イニエスタ

ようやく戻ってきたドン・アンドレスもこのように削られては・・・(泣)。何とか無事でしたが、早く試合が終わって欲しかったですね。出勤にも間に合わない午前6時(日本時間)キックオフ。

コーナーキックからオウンゴールで先制を許してしまいましたが、まぁ〜問題なかったです。

 

アドリアーノ

アドリアーノ

年に何回か見せるアドリアーノのゴラッソで追い付き、前半終了間際にはカピタンの魂のヘッドであっさり逆転しました。

 

プジョル

イニエスタと共に復帰したカピタン。

どんな試合でも全力ですね〜。

 

アレクシス

後半にはサンチェスがモントーヤのクロスと溢れ球を押し込みあっさり試合を締めました。

 

セスク

おっと、セスクが5点目を決めましたね(笑)。

このガッツポーズ、笑えます。

『ファーストレグで勝負が決まったと思うと、力が入らないものだ。最初の15分は心配した。本来あるべきインテンシティーではなかったからだ。だが、それからは良いチャンスをつくることができた。今夜の試合には満足しているよ。望んでいたようになった』と語ったタタ・マルティーノ。

 

メッシ

万全のローテーションでメッシはお休み。

マン・シティ(アグエロがまたまた負傷してしまいました)がスパーズをまたまた5ー1で圧殺しましたので負けられませんね。

2月のチャンピオンズが待ち遠しいです。

あと、アトレティコとビルバオの試合、面白そうだったなぁ〜。サン・マメス・バリア不敗記録を見事に破ったアトレティコ。マドリーとのセミ・ファイナルは昨シーズンのファイナルのリマッチですね。

こちらも楽しみです。

何も変わらないマン・ユナイテッド

ファン・ペルシー

2013-2014・プレミアリーグ第23節、マン・ユナイテッドVSカーディフ@オールド・トラッフォード。

クラブレコードとなる60億円以上(3,710万ポンド)のお金を使って獲得したファン・マタが早速先発した一戦を観ましたが、結局はファン・ペルシー頼み、“個”頼みでした。

粕谷さんがコラムで書いておられましたが、モイーズは中盤のタレントを上手に使いこなすタイプではないのでしょう。今日観た試合でも、以前と何ら変わりがなかったです。

退屈過ぎて、サウサンプトンVSアーセナルの試合が面白過ぎて、マン・ユナイテッドはどうしようもないです。ライブで観る選択を間違えました(泣)。

今日はたまたま開始早々にゴールを得ることが出来て試合を優位に進めましたが、トップ4とではこうは行かないでしょう。

何も変わらないと書きましたが、カガワくんの出番だけが減ってしまいましたかね。

残念(泣)。

 

マタ

カガワくんとマタの違いが今のところないです。

60億円以上出す価値はあったのか?

マタと同時起用するプランもないだろうし、ルーニーが戻ってくればカガワくんの出番は皆無になるだろうなぁ〜。移籍するべきだと思うのですが・・・?

 

サウサンプトン

それにしても、サウサンプトンの試合面白かったなぁ〜。ガナーズ相手に一歩も退かず堂々と撃ち合いました。

やっぱそうでなくちゃね。

エジル、最近はデヴュー当初のインパクトが無くなってます。疲労かな?

ドンの復帰は?

イニエスタ

打撲だったハズでは?

もう4試合も欠場中のドン・アンドレス。

痩せてね?

大丈夫?

 

セスクのパスを受けて放った渾身の一撃。

 

イニエスタ

ダニ・ハルケに捧げる一発。

素晴らしい思い出です。でもこの試合、僕は何となくオランダを応援していたんだなぁ〜・・・関係ないけど。

早く復帰してもらいたいものですね。

そして、コパ・セカンドレグ、マドリーVSエスパニョール@ベルナベウを観ようっと。

語るべきはピッチの上のみ

バルサ

2013-2014・リーガ・エスパニョーラ第21節、バルセロナVSマラガ@カンプ・ノウ。

ネイマール獲得オペレーションでの会長辞任。ピッチ外で、それもクラブのゴタゴタ。そんな中でも結構極上なフットボールを観せてくれました。

前半終了間際の40分のコーナーキックで、サンチェスが擦らしたボールをピケがゴールに蹴り込むまでスコアレスでしたが、観ていて楽しいゲームでした。

後半、2得点を奪い勝ち点3を無事上積み。

 

ピケ

ピケ

2試合連続ゴールのピケ。

 

ペドロ

メッシのいつものキラーパスを受けたペドロは、エリア内での秀逸なスキルからネットを揺らしました。

 

サンチェス

ペドロのアシストを難なく決めたサンチェス。

メッシが帰って来てからはちょっとオトナシかったですが、ペドロと共に復活ですかね?

それにしても、ペドロのパス。画像に写ってますが、セスクへ出したのでは?。セスクが前にいましたが、後ろから凄いスピードで走ってきたサンチェスがそのままネットに蹴り込みました(笑)。

『とても難しい一週間だったが、選手たちは目標とすべきことに対して、確固たるプロフェッショナル精神を示した。ただ彼らは、エリック・アビダルやティト・ビラノバの病気というシリアスな問題にも直面しながらも、前に進み続けた選手たちなんだ。話すべきはピッチの上だけと理解しているのだろう』

『今日は素晴らしいボール回しを見せられた。多くの決定機を迎えることができたし、3-0は物足りない結果とも言えるだろう。ただ後半立ち上がりに、同点とされる可能性もあったね』

マドリードの2つも好調なので、このまま直接対決まで負けは許されませんね。

 

おじさん

このオヂサン、いつもカンプ・ノウに居ますね。

 

セスク大好きおじさん

僕が観た『クラシコ』@カンプ・ノウの時も居ました(笑)。決まった席にはおらずメインスタンド側をウロウロしていたオヂサン。

元気そうで何より!!

 

アフェライ

この試合、残り5分でピッチに立ったイブラヒム・アフェライ。

度重なる怪我で厳しいシーズンを過ごしていましたが、お帰りなさいです。

“deloitte report” 2012-2013

今年も発表されましたビッグクラブの収入ランキング(2011-2012シーズンはコチラ)。

リヴァプール(前シーズンは9位)が圏外に去って、パリが躍進ですね。来年は圏外だろうけど、ミランとユーベが渋とく粘ってます。

昨シーズン、チャンピオンズでファイナルまで進んだドルトムントが10位以内に入ってくるのではと言われていましたが、今回も11位だったみたいです。2013-2014シーズンはトップテン入り出来るのでは?

では以下備忘録。

 

【第10位】ACミラン(セリエA):2億6,350万ユーロ。

ミラン

渋とく10位にランクインのミラン。

相変わらずリーグ戦は苦戦でもチャンピオンズではノックアウトラウンドに進みました。本田くんは出場出来ませんが、何処まで行けるでしょうか?

奇跡(優勝)が起きない限り来シーズンは無理だろうなぁ〜。

 

【第9位】ユヴェントス(セリエA):2億7,240万ユーロ。

ユヴェントス

2011-2012シーズンは10位だった黒の貴婦人。

リーグ戦は首位快走もチャンピオンズではガラタサライに遅れを取ってグループリーグでゴー・ホームとなりました。

ビッグイヤーを掲げるにはもう少しお金を使わないと難しいかな。

 

【第8位】アーセナル(プレミアリーグ):2億8,430万ユーロ。

アーセナル

2011-2012シーズンは6位だったガナーズ。

『天才』エジルがマドリーから加入してタフなプレミアで首位を走っています。チャンピオンズでは14シーズン連続でグループステージを突破だったと思います(違うかな?)。そして、ミュンヘンとのリベンジ・マッチ。

突破に少し期待しています。

 

第7位】チェルシー(プレミアリーグ):3億0,340万ユーロ。

チェルシー

“ハッピー・ワン”が帰還したチェルシーも順位を5位から7位に下げました。

プレミアでもチャンピオンズでも手堅く勝ち点を重ね良い位置に着けてます。ドログバの歓喜に湧いた一昨シーズンの栄光を再び手に出来るでしょうか?

無理に1票。

 

【第6位】マンチェスター・シティ(プレミアリーグ):3億1,620万ユーロ。

マン・シティ

7位から一つ順位を上げたマン・シティ。

順調にヨーロッパのビッグクラブとなって行ってます。プレミアでは無類の得点力を見せている攻撃陣は破壊力抜群です。ミュンヘンとも1勝1敗を演じ、2月のバルサとのノックアウトラウンドは瞠目です。

カンプ・ノウで得点出来れば突破見えてきますね。

 

第5位】パリ・サンジェルマン(リーグアン):3億9,880万ユーロ。

パリ・サンジェルマン

2011-2012シーズンは圏外だったパリも順調にトップテン入りでしかも一挙に5位にランクイン。

ズラタン王に加えて、ナポリからカバーニを獲得しヨーロッパでも結果をだそうと虎視眈々です。

どうなるでしょうか?

 

【第4位】マンチェスター・ユナイテッド(プレミアリーグ):4億2,380万ユーロ。

マン・ユナイテッド

絶賛迷走中のマン・ユナイテッドはトップ3の座を明け渡しました。

モイーズによって退化してしまった。

カップ戦も敗退し、スリーストライクアウトじゃね?。現実的な目標であるプレミア4位の座を失えば、順位をもっと下げてしまいます。どこまで我慢するのだろう?

 

【第3位】バイエルン・ミュンヘン(ブンデスリーガ):4億3,120万ユーロ。

バイエルン・ミュンヘン

無敵の3冠を達成し、今シーズンは“賢人”を招聘して盤石のミュンヘン帝国。

ブンデスでは早くも2連覇は確実で、カップ戦も順調。チャンピオンズでガナーズを返り討ちすれば、2シーズン連続での3冠も強ち夢ではありません。パス・フットボールの権化に率いられ、ジョーカー・ゲッツェの加入でどこまで行くでしょうかね。

60%の確率で2連覇もあるのでは?

 

【第2位】バルセロナ(リーガ・エスパニョーラ):4億8,260万ユーロ。

バルセロナ

ほとんど変わらずで5年連続2位のバルセロナ。

新たにネイマールを獲得し、5度目のビッグイヤー戴冠を!!って感じでしたが、そのネイマール獲得オペレーションに不正疑惑が持ち上がりロセイ会長が辞任しました。

5,700万ユーロとなっているネイマール獲得費用が、実は9,700万ユーロかもしれない。ベイルと変わらない金額まで跳ね上がっては何だかなぁ〜。もうビッグイヤー獲得しかありません。マン・シティ撃破しかありません。

よろしく!!

 

第1位】レアル・マドリード(リーガ・エスパニョーラ):5億1,890万ユーロ。

レアル・マドリード

堂々の9年連続1位となった“ゴリアテ”レアル・マドリー。

唯一の5億ユーロ越え。

CR7がバロンドールに輝き、あとはデシマ達成のみですね。最近あまりマドリーのゲームを観てませんが(ドルトムントに目が行ってしまってますので)、ここからはやはり目が離せませんかね。

久しぶりにこの週末のリーガを観ようかな。

ライン設定の疑問とやはり“メッシ”

メッシ

テージョ

2013-2014・コパ・デル・レイ・クォーターファイナル・ファーストレグ、レバンテVSバルセロナ@シウター・デ・バレンシア。

レバンテのバックラインが高かったのは何故だろう?

結構高く設定されたライン。

ホームだから?

じゃあ、リーガは何だったんだ!?

セットプレイの溢れ球を押し込み31分に先制に成功したレバンテ。前半をリードして折り返し順調だったハズですが、53分にオウンゴールで追い付かれてしまう。

そこから立て続けに60、81、86分にメッシのスルーパスをテージョが決めてバルサがセミファイナルに大きく近づき(というか決定)ました。

全く同じカタチで裏を取られてましたし、メッシへのチェックも緩かったです。スペースがあれば何とかなるバルサ。しかし、これからはもっと厳しくなると思います。そして結局は“メッシ”頼み?。まぁ〜仕方ないかな。出勤前にゴールラッシュが観れて良かったです。

そして、先日シャビが公式戦700試合出場を達成しましたが、この試合ではメッシが公式戦400試合を達成したそうです。

おめでとうございます。

 

テージョ

『本当にメッシに感謝しなければいけないね。僕をフリーでGKと1対1にしてくれた。彼のような選手がチームにいることはスペクタクルだよ』と語ったテージョ。

結果は出したが、出番は無いかな(泣)。