BBC×2

マドリー

2013-2014・チャンピオンズリーグ・ベスト16・ファーストレグ、シャルケVSレアル・マドリー@フェルティンス・アレーナ。

大人と子供でした。

シャルケは引いて守らず好感が持てましたが、両サイドに広大なスペースを作ってしまい、2枚のセントラル(特にサンタナ)がザル。今シーズンはボールを持つようになったアンチェ・マドリーですが、結局はスーパーな“個”が爆発(特にロナウドとベイル)。いとも簡単にネクストラウンドのチケットを手にしました。

13分に混戦からベンゼマ。21分にはベイルが個人技でネットを揺らし前半を終える。

52分にはロナウドが高速シザースでディフェンダーを翻弄し強烈な左足で右サイドネットに突き刺し、その5分後にあっけなくベンゼマがこの日2点目を決めて、あとはベイルが技有りの左足と終了間際にエリア中央に抜け出したロナウドがキーパーを躱して最後まで残っていたマドリーサポに歓喜を齎しました。

 

ベンゼマ

ベイル

ロナウド

BBC揃い踏み。

ベンゼマはそんなに良いとは思いませんでしたし、ベイルも消えている時間が多いけど、決定力有り過ぎです。

CR7はこの日の2ゴールでチャンピオンズの得点を11に伸ばし、ズラタンを抜いて再びトップに踊り出ました。

楽々ネクストラウンド進出で、週末のカルデロンでのデルビーにもイイ感じで臨めますかね。

『3月2日のダービーでも、今夜のパフォーマンスを再現したい。その試合では何人かメンバーを変更するかもしれないが、今夜のようなプレーをしたあとで、何かを変えるのはなかなか難しいね』

 

ベイル

お気に入りです(笑)。

電光石火

ムヒタリャン

ロイス

2013-2014・チャンピオンズリーグ・ベスト16・ファーストレグ、ゼニトVSドルトムント@スタディオン・ペトロフスキ。

開始5分で2点を先制したシュバルツゲルベン。

素晴らしい。でもちょっと簡単過ぎ?

レヴァンドフスキの秀逸な縦パス1本に抜け出したロイスがエリア内で粘って、溢れたボールをムヒタリャンが蹴り込み、1分後にはムヒタリャンのクロスをエリア中央でグロスクロイツが落としたボールをロイスが蹴り込んでゲームを有利にしました。

良い時のソレでは無いと思いましたが、“ゲーゲンプレス”が要所で効いていました。あと、ゼニトのキーパーがショボイのもあったでしょうかね。

後半早々に失点しまいゲームの行方が少し不安定になりましたが、レヴァンドフスキがすぐに1発を返し1-3とし試合を決めました。

69分に不運なペナルティをフッキに沈められまたも1点差に追い上げられましたが、2分後に敵陣でロイスがボールを奪い、レヴァンドフスキにアシストし勝負あり。

貴重なアウェイ・ゴール4発でネクストラウンド進出を決めました。

 

レヴァンドフスキ

取られた後すぐに返す貴重な2発を決めたレヴァンドフスキ。

前半で0-3に出来たシーンがありましたが、後半決めきりました。

 

クロップ

『チームのプレーは最高に近かった。プレス、ゲーゲンプレッシングに関してお手本を見せることができたね』

『ゼニトは危険だった。特にフッキがボールを持ったときはね。だから、全力を注がなければいけなかった。失点に対するチームの反応も良かったよ。素晴らしい一夜を過ごすことができたが、勝ち進んだわけではない。セカンドレグもハードワークが待っている』

と語った愛すべきクロップ。0-3で敗れていたリーガからのバウンスバックに見事に成功したドルトムント。縦への勢い、サイドに逃げず中央で攻める戦術、クロスオンリーの何処かのビッグ・クラブに教えてあげたいものです。

まだまだ、簡単に失点してしまうのはいただけませんが、ディフェンス陣を欠き過ぎている現状に我慢、やり繰りで凌いで行きましょう。

 

ドルトムント

アテンプト15でショットオンターゲット12。いつもの通り走行距離でも圧倒したシュバルツゲンルベン。

ネクストラウンドでも観れることが何より嬉しい。もちろんまだ決まってませんが、バルサとやんないかなぁ〜。

 

ロイス

ゴールにアシストと完璧だったマルコ・ロイス。

マン・オブ・ザ・マッチ。

“GODZILLA”2014

今年の楽しみな映画の一つ、“ゴジラ”2014。

前回のハリウッド版ゴジラ(ローランド・エメリッヒ)は全く違うモノになってしまってイマイチ好きになれませんでしたが、今回は本家を踏襲しているとの事で期待大ですね。

今年はゴジラ生誕60周年だそうで、7月ロードショーなのでまだまだ先ですが、必ず観に行こうと思います。

『世界が終わる、ゴジラが目覚める』

最後の咆哮、まさに“GODZILLA”。

 

ゴジラ

我が家のソレははホコリを被ってました(泣)。

撮影前に洗えば良かったかな。