緩過ぎたプレイとメッシのためにという遊びで自滅

バルセロナ

2013-2014・リーガ・エスパニョーラ第22節、バルセロナVSバレンシア@カンプ・ノウ。

酷過ぎたヴァルデスを久々に観た。2枚のセントラル、ピケとマスチェラーノも低調だった。スピード豊なアルバも失点の起点になって、フラストレーションによる1枚目のイエローも不要だったし、結局は2枚目を甘受するドブレ・アマリージャでゲームは終わってしまった。

開始早々の7分にサンチェスのラッキーなゴールで先制したにも係わらず、2点目のチャンスも少なからずあったが決めてゲームを殺さないと痛過ぎるツケを払うこととなる。バレンシアのデキは全く良くなかったにも係わらず、前半終了間際に守備がもたつきカウンターからパレホに綺麗に決められてしまった。

完璧にボールは持っていていつものバルサだったが、失点するサマもいつもの悪いバルサだった。

解説の安永くんも言っていたが、何かメッシに決めさせようとしていたフシが見受けられ(安永くんが言ったからではない)、遊んではいないだろうが、遊んでいると言われても仕方ない。

後半。立て直さないといけなかったが、ヴァスデスが目測を誤り、アウヴェスが自分よりも小柄なピアッティに競り負けふわりと浮いたヘッドがゴールラインを割ってしまって、負わなくてもいいビハインドを負ってしまった。

54分にラッキーなハンドで得たペナルティを蹴り込んで追い付いたが、その5分後にあっさり失点し、シャビを下げてイニエスタを入れて前への活性化を図ったマルティーノだったが、アルバが退場し痛過ぎる勝ち点3のロスト。マドリードの2チームが好調なだけに、直接対決までは失う勝ち点はない。

『厳しい結果だ。優勝の可能性が削がれたわけではない。が、これまでとは完全に違うリーグ戦が、これから始まることになる』と語ったマルティーノだが、この試合からそうだっただろう?

後半に修正しなければならなかった。繰り返す、もう敗れることは許されない。

 

ヴァルデス

目測を謝るシーンが2度もあったヴァルデス。

反省だ。

 

バルセロナ

キックオフの前に、2月1日に亡くなった偉大な“ラ・ロハ”の父、ルイス・アラゴネスに黙祷を捧げるバルセロナの面々。アトレティコでの指揮が結果も出て有名だが、バルサでも対戦相手のバレンシアでも指揮を執ったアラゴネス。

 

 

このゲームには苦言を呈し、雲の上で眉を顰めていたかもしれない。

反省だ。

 

メッシ

まだ本調子とはいかない『神』。

決めていておかしくなかったシーンが2度はあった。チームメイトに取らせてもらう必要はない。自身の自信あるプレイで次節は流れからのゴールを観せてくれるはずだろう。

広告