フットボールのない週末なんて

フットボールのない週末なんて

デイリー・テレグラフの花形記者でバロンドールの投票権も持っている、ヘンリー・ウィンター著。

凄いですね。

海外サッカー誌『footballista』の人気連載コラムを厳選して集めた本書は、肩肘張らず、暖かくこぢんまりとした、『フットボール』と『旅』『ミステリー』に関する書籍で埋め尽くされた日当りの良いシックな書斎で、スコーンとアールグレイと共に読みたい1冊です。

『2人のドンも、最初は「Who?」だった』

モイーズとルーニーは切ってもきれない』

『モウリーニョはやはりモウリーニョらしく』

が最近のプレミアにリンクして面白かったです。

あと、『リーグ優勝するジェラードを見たことがあるか?』というチェルシーサポのチャントが秀逸でした。

いつも思いますが、フットボールってイングランドの、ヨーロッパの人達のものなんだなぁ〜。

羨ましいです。

広告

メッシ、完全復活!?ファイナルは『クラシコ』

メッシ

2013-2014・コパ・デル・レイ・セミファイナル・セカンドレグ、レアル・ソシエダVSバルセロナ@エスタディオ・アノエタ。

ファーストレグを2-0でモノにしたバルサ。アノエタで1ゴールを上げれば、マドリーが待つファイナルへ進出でしたが、メッシがファイナルのチケットを手繰り寄せました。

ゲームは何てことはなく膠着していましたが、27分。センターサークルでボールを拾ったメッシが単騎独走ドリブルで突進。スピードの乗ってスペースを探し、並走するペドロをデコイに細かいタッチから左足を降振り抜き(キーパーに触れられましたが)ネットを揺らしました。

リーガでも秀逸なゴラッソ2発を放ちましたが、ミッドウィークでも一瞬だけ輝き、今シーズンのコパ、5ゴール目は貴重なファイナルへのチケット。

コンディションが上がってきましたかね。

ゲーム自体は間延びした終盤にグリーズマンに1発返されましたが、体勢に影響はありません。2点目を手にするチャンスは2、3度ありましたが、まぁ〜いいですか。

3年ぶりのコパ・ファイナル、『エル・クラシコ』は4月19日キック・オフ。27度目の頂点を目指す戦いはもう少し先ですね。そして、いよいよ次週はチャンピオンズ。調子は悪くないので、インテンシティを見せてエティハドでアウェイ・ゴールを手に帰還してもらいたいものです。

Vamos!Barça!!