アドヴァンテージ、バルサ

メッシ

メッシ

2013-2014・チャンピオンズリーグ・ベスト16・ファーストレグ、マン・シティVSバルセロナ@エティハド(シティ・オブ・マンチェスター)。

大きなアドヴァンテージを得ることが出来たが、3点は取って欲しかった。取る事が出来たゲームだった。戦前の予想より攻めて来なかったマン・シティ。コンパニ曰く、『相手をリスペクトし過ぎた』。しかし、鍔迫り合いが続く中、ネグレドの頑張りでゴールの香りがしていたのはマン・シティだった。

 

ネグレド

マン・シティ

少々ヒヤリとさせられたが、前半はスコアレスで折り返し。

バルサはいつもの通りボールは持っていたが、10人で固く閉じられたマン・シティのゲートにエリア内での決定機は皆無。エリア手前でシャビとメッシがボール交換し、メッシが右足でシュートした(体勢を崩し枠を越えて行ってしまった)シーンとシャビのミドル(枠に飛んでいた)がチャンスらしいシーンだっただろうか。

そして後半、ゲームが動く。

 

メッシ

レッド

54分。

イニエスタのスルーパスに抜け出したメッシ。デミチェリスが引っ掛け1発レッド。コンパニの表情が全てだった。

 

メッシ

メッシ

ペナルティを得たメッシが冷静にど真ん中に蹴り込み、貴重なアウェイ・ゴールを得ることに成功した。しかし、ここから完全にゲームを支配、とは行かないのがダメなところだろう。

『試合を殺せない』バルサ。

 

アウヴェス

サンチェスとのワンツーで抜け出したアウヴェスが右サイドからエリア内に侵入してシュートを放つも左ポストを外れ、逆にカウンターからサバレタにエリア内に侵入されシルバにシュートを放たれてしまう。ヴァルデスがセーブし事無きを得たが、追い付かれていてもおかしくなかった。

 

アウヴェス

ようやく決着を付けたのは後半終了間際の90分。

今度はネイマールとのパス交換でエリア内に侵入したアウヴェス。2度目は冷静にハートの股を抜いて、カンプ・ノウへの帰還を果たすこととなった。

不満はたくさんある。否、不満の方が多い。

敢えて撃ち合わなかった?バルサ。ショートカウンターを出せるところでも前へ行かないシーンがけっこう有ったし、メッシはボールを失い過ぎた。イニエスタとセスク(この試合に先発)はドリブルで崩していたが、周りが連動していなかった。解説の名波くんが、『良くもないが、悪くもない』と言っていたが、淡々とし過ぎだった。

スペクタクルとは行かなかったが、結果はバルサにとっては大きいアドヴァンテージ2発。ネクストラウンドへ大きく近づいた1戦に満足すべきなんだろう。

 

トゥーレ&メッシ

試合終了後の元チームメイトのトゥーレとメッシ。

ペップならこの試合をどう総括しただろう?。パスは回っていたが、失ったボールに対してプレスはほとんど掛かっていなかった。『ゲームを殺す』気概が感じられなかったし、危うく追い付かれるところだった。

勝つことも負けることもあるが、勝つという情熱、熱量をもっと見たいと思う。セカンドレグはホーム『カンプ・ノウ』。このリードが足枷にならないことを祈り、スペクタクルを期待したい。