Ten things Moyes has got wrong at United

モイーズ

Getting the big names firing(ビッグネーム達をお払い箱に)

マンチェスターイブニングニュース電子版に『マン・ユナイテッド、モイーズが犯した10の過ち』が載っていました。そのうちの一つが上記タイトルで、カガワくんの力を引き出すことに失敗した、ファン・ペルシーは怪我でもがき、多くのプレイヤーが期待を大きく下回った等々が書かれていました(たぶんそんな事が書いてあると思います。何分、中学生レヴェルの英語力なので・・・詳しくはコチラ)。

ルーニーの調子が上がったことだけが、唯一ポジティブな出来事では寂し過ぎますね。

チャンピオンズでの対オリンピアコス戦@ヨルギオス・カライスカキスをドルトムントのゲームの後に観ましたが、目も当てられませんでしたもんね。

前半終了間際の38分に失点(けっこう偶然の産物だったと思いますが)し、後半開始早々の55分にゴラッソを沈められ、良いところなく敗れたマン・ユナイテッド。アウェイゴールを一つでも返せばオールド・トラッフォードで充分逆転可能だと思いましたが、ファン・ペルシーのシュートは大きく枠を越えてしまい90分を終えました。

ネットで面白いポジショニングのチャートが出ていましたが、中盤のプレイヤー達のポジショニングが悪過ぎます。右サイドで先発したアシュリー・ヤングの地面(ボール)しか見ていないプレイにも草が生えました。

ファーストレグをアウェイに乗り込んだチームで唯一敗れたマン・ユナイテッド。このままクロスでドカンでは、オールド・トラッフォードで凄まじいブーイングが起るのではないでしょうか。

やっぱカガワくんを先発させるべきだと思います。

 

カガワくん

the Japanese playmaker will depart in the summer。

って記事にありましたが、この夏に本当にグッバイとなるのでしょうかね?。ネットのチャートではカガワくんのポジショニングは完璧だったんだけどなァ〜。ソレを活かすことが出来ないモイーズ。全ての元凶はソコなんだけどなァ〜。

ミュンヘンからクロースやドルトムントからロイスやギュンドアンを取っても絶対変わらないと思います。

とほほ・・・。

モイーズのゲーム後のコメント。

『欧州での我々は最悪のプレーだった。それは確かだ。本当に今夜はひどいパフォーマンスだった。我々は最初からまったく試合に入れなかった。今日のプレーでは、何にも値しない。我々は良い調子で、良い精神状態で試合に臨めたのだが、今日はそれを見せられなかった』

『私は責任を負う。私のチームであり、常にそうする。今日の我々は良いプレーができなかった。もっと良いプレーをしなければいけない。そして我々にはそれができる』

『唯一良かったのは、もう1試合あるということだ。選手たちも傷ついている。自分たちのプレーを分かっているんだ。だが、ここにはチームがある。我々はともに団結していくよ』

『セカンドレグがある。オールド・トラフォードは、これまでも素晴らしい夜を目にしてきた。私はまたそうなることを願っているよ』

なんか、駄目な上司の典型のような発言です。役に立たないプライド(見栄)だけはあって、根拠無希望的観測。

だから、願ったら駄目なんだって!!。

 

マン・ユナイテッド

『僕がプレーしたいと思っているスペースを、チームメートがよく埋めてしまうんだ。そうなることで、そのスペースに入るのが難しくなってしまい、彼らのポジションに基づいた走りで調整する必要が出てくる。残念なことだが、彼らは僕のゾーンでしばしばプレーしているんだ。本当に残念だよ』と語ったファン・ペルシー。

全然団結してねェーーー。もう、チチャのワントップでいいんじゃね?。

おしまい。

広告