『誰もが望むバルサに戻った』

バルサ

はちょっと大袈裟だろうと思う。

2013-2014・チャンピオンズリーグ・ベスト16・セカンドレグ、バルセロナVSマンチェスター・シティ@カンプ・ノウ。

しかし、『誰もが観たいと望むメッシ』に近づいてきた感はある。

ファーストレグを0-2で落としているマン・シティは確固たるインテンシティを持って攻めてきた。一方の愛すべきバルサもそれに応えるべく、キックオフ直後はやや押されていたと思うが、何処までも、何時までも回せるロンドで徐々に落ち着きそれに対峙した。

直前のバジャドリード戦での有り得ない体たらくは、やはりビッグマッチでは雲散霧消。メッシは前線から献身的にプレッシャーを掛けてファースト・ディフェンダーとなっていた。

 

メッシ&アグエロ

メッシ&アグエロ

自陣でユース世代からの僚友アグエロからボールを奪ったりもしていたし、いつものようにドリブルで仕掛け、またエリア内でペナルティを得るべきだった(レスコットは完全にメッシを引っ掛けた)突破も見せてくれた。

バルサもシティもお互いをリスペクトし過ぎずアタッキングサードへ攻め入る展開。

バルサは、セスクが左サイドからエリア内に侵入してきたアルバにスルーパスに通し、アルバはハートを引き付け、中央に優しいグラウンダーのパスを折り返して勝負ありというシーン(ネイマールがゴールに流し込んだがアルバがオフサイドの判定/アルバは完全にオンサイドだった)があったし、シティはヤヤ・トゥーレがエリア内のシルバにパスを通し、シルバはダイレクトヒールで落としてナスリがシュートを放つ。ヴァルデスの正面だったが、可能性を感じるシーンがあった。

メッシがエリア内で躍動し、チャンスを2〜3度演出していた前半45分。シティよりゴールの香りがしていたが、スコアレスで後半へ入っていった。マン・シティは正直助かっただろう。一つでも決まっていれば即ゴー・ホームのセカンドレグ。

どちらにとっても重要な得点。そして、後半も双方にチャンスが訪れた。

 

メッシ

いつものようにエリア右からドリブルで中央へ侵入したメッシが放った一撃は左ポストを叩き、後半からアグエロ(負傷した)に代って入ったジェコが放ったヘッドはヴァルデスが搔き出し、サバレタがフリーで放ったシュートは枠を大きく逸れたりもした。

バルサが望まないオープンな展開。それにに終止符を打ったのは、やはり『神』メッシだった。

 

メッシ

メッシ

メッシ

メッシ

67分。

セスクがメッシに通そうとしたスルーパスがレスコットに当たって、エリア内に溢れたところを拾ったメッシが秀逸過ぎるバセリーナで勝負を決めた。

ライブで観ていた時は右足で決めたと思っていたがリプレイで左足で蹴っていたの観て2度驚愕したゴラッソ。

『誰もが観たいと望むメッシ』の姿がそこにあった瞬間だった。

 

メッシ

世界のトップ・セントラルの一人であるヴァンサン・コンパニを上体のフェイクで抜き去ったり、ドリブルのスピードとキレはほぼ良い時のアン・ストパップブル・メッシだったこのゲーム。あとは、ネイマールとのコンビネーションがハマるのを待つのみとなったと思う。

ゲームは、相変わらずのセットプレイからコンパニに押し込まれ失点し(この辺がまだ今一歩だし、ピケはジェコに完全にやられていた)、終了間際にイニエスタの飛び出しからアウヴェスが蹴り込んで2-1(アグリゲートスコア4-1)で幕が降りた。

 

イニエスタ

アレクシス・サンチェスのパスを受けて難なくハートを躱しアウヴェスにアシストしたドン・アンドレス。

パーフェクト。

 

イニエスタ

この日はペップ時代に良くあった左エストレーモで先発し、いつものようにエレガントなプレイを披露してくれた(結構削られていたが・・・)。

時にはインテリオールに下りて来てセスクやネイマールとポジションチェンジし、ドリブルにパスにトラップと、縦横無尽だった。マルティーノがゲーム後、『この1カ月半のベストプレーヤー』と語ったが、いつ観てもホント上手い。

 

アウヴェス

アウヴェス

ファーストレグ同様、終了間際にゴールを決めたアウヴェス。

『信じてるゼ』。

 

バルサ

『今夜、彼らは状況をひっくり返そうとしてきた。一方、我々はリードにも慢心しなかった。苦しい時間もあったが、シティーがある程度ボールを支配することは予測できた。我々はボールをキープしていないと落ち着かず、相手のセットプレーに苦しめられた』

『マンチェスター・シティーはポゼッションを争うのに好ましい相手ではない。だから我々は今夜のようにプレーしたんだ。ボールをよく動かすことができる相手との対戦では、今後もこのやり方で(続けて)いくかもしれない』

と語ったマルティーノ。拮抗したポゼッション(55-45)だった。

『今夜はサポーターの存在を感じただけではない。彼らの姿勢と応援は、本当に心強かった。我々はまさにそれを必要としていた。選手たちは彼らへの感謝を示すために奮闘したんだと思う』

ファイナルまでの険しい道のり。極東の片隅からも応援したいと心から思った朝だった。

広告

帝国の進軍は続く

シュバインシュタイガー

2013-2014・チャンピオンズリーグ・ベスト16・セカンドレグ、バイエルン・ミュンヘンVSアーセナル@アリアンツ。

難なくガナーズを退けたミュンヘン帝国。

ボールを持って、カウンターを許さない。

先制したシーンは完璧だった。左サイドを突破したリベリーの折り返しにスルスルとエリア中央に入ってきたシュバインシュタイガー。繊細なタッチでトラップし冷静にゴール左へ蹴り込み、ガナーズの心を折った。

 

ペップ

『非常にインテリジェントなプレーを見せた。アーセナルのカウンターをコントロールしながら、試合を支配しようと思っていたよ』

『相手は我々のボールロストを狙っていたが、うまくやれたと思う。1-1になった後、15分間はプレーに問題があった。ただ、それほど大きな問題が生じたわけではない。満足している。すべてOKだ』

と語った『賢人』。ポドルスキーに豪快にネットを揺らされたが、焼け石に水。危ういシーンはほとんど無く、180分間の戦いを完全にコントロールしていた。

1-1(アグリゲートスコア3-1)で難なく試合を閉めたミュンヘン帝国。強いなァ〜。

しかし、『皇帝』ベッケンバウアーの意見は違うようで興味深いコメントが出ていた。

『ゆくゆくは、我々もバルセロナのようになるのかもしれない。選手たちはゴールラインの上でもパスを選択して、誰もバイエルンのサッカーを見たがらなくなる』

『私のビジョンは異なる。2列目からでもシュートのチャンスがあれば、シュートを打つ。特に、相手のディフェンダーが集まっているときなどはね。そのときは、シュートを打つことが最も効果があるからだ。もちろん、それを判断する権利は100%選手にあるがね』

チャンピオンズ連覇まであと5試合。

かなり可能性が高いと思うが果たして?

そして、贔屓のバルサが間もなくキック・オフ。よもや逆転されることはないだろうなァ?。

ライブ視聴に備えて少し寝るとしよう。