『PSYCHO-PASS サイコパス』続編

サイコパス

ようやくオフィシャルに告知されました、PSYCHO-PASS2。

 

サイコパス

サイコパス

サイコパス

『1』の最終回時にこう書きましたが、なんと映画化まで発表されましたね。

ファンには嬉しい限りです。4月からは『蟲師』がありますし、後半はサイコパスで1年中楽しめそうです。

でももうちょい情報出して欲しいなぁ〜。

 

サイコパス

サイコパス

いつなんだ!?

でも劇場に観に行こうと思います。

 

狡噛

『1』で消えてしまった狡ちゃん。

果たして、登場するのでしょうか?。続報を待ちたいと思います。

広告

“draw of quarter finals”(2013-2014)

抽選ボール

抽選会

組み合わせ

決まりましたね。

2013ー2014シーズンのチャンピオンズリーグ、クォータファイナルの組み合わせ。ミュンヘンが当たりくじかな(笑)。

ちょこっとだけ個人的な注目点を上げてみました。

 

◆バルセロナVSアトレティコ・マドリード

ネイマール

ジエゴ・コスタ

バルサにとってはやり易いかな?。

移動も少なく、スーペル・コパやリーガで対戦しているアトレティコは良かったのではないでしょうか。それが油断にならなければイイけど。いつも同じですが、カルデロンでのアウェイゴールがポイントです。

そして、あえて注目はネイマールにしてみました。“野獣”を抑えることが前提ですが、ネイマールが輝くとネクスト・ラウンドへ大きく近づくことでしょう。

バルサ勝ち抜けに1票です。

 

◆レアル・マドリードVSドルトムント

マドリー

ドルトムント

昨シーズンのリマッチとなった組み合わせ。

ジグナル・イドゥナでレヴァンドフスキに4発(コチラ)沈められ散った“エル・ブランコ”でしたが、今シーズンはリベンジを果たすのかな?。ドルトムントは怪我人復帰が最低条件です。世界一を争う脅威のカウンターが持ち味だった両チームですが、マドリーはポゼッションにシフトしている今シーズン。ゲーゲンプレスを搔い潜れるでしょうか?。クロップは立て直せるか?。

抽選前に、『次のラウンドではバルセロナと対戦してみたい。まだ彼らと対戦していないし、僕は行ったこともないところだからね。そうなれば、僕たちやファンにとってはビッグイベントだよ』

『でも、マンチェスター・ユナイテッドと当たるのも面白いね。香川真司と再会できたら最高だ』と語ったグロクロさん。いい奴だなぁ〜、でも残念でしたね。

ドルトムントに勝ち上がって欲しいけど、マドリー勝ち抜けに1票。

 

◆パリ・サンジェルマンVS チェルシー

イブラヒモビッチ

モウリーニョ

ズラタン王をどう抑える?。

昨シーズンはバルサと互角の戦いを演じるもこのステージで散った(コチラ)フランスの傭兵部隊。今シーズンは充実の一途を辿っているパリに、戦術の達人はどう対峙するでしょうか。順当に行けばパリですが、このオヤジだからなぁ〜。

何となく、チェルシー勝ち抜けに1票。

 

◆マンチェスター・ユナイテッドVSバイエルン・ミュンヘン

モイーズ

ペップ・グアルディオラ

もう何も言うことはありません。

オールド・トラッフォードが蹂躙されるシーン、目に浮かびます。“無能”と“有能”。『フットボールでは何が起るかわからない』と言いますが・・・。

もちろんミュンヘン勝ち抜けに1票。

ファーストレグは4月1日、2日、セカンドレグは8日、9日です。今から待ち遠しくてたまりません。

んで、ファーストレグがアウェイって、アトレティコ、ドルトムント、チェルシー、ミュンヘンなのかな?。セカンドレグをホームで迎える方がイイって感じですけど・・・、ここまで来れば関係ないか。

バルサSD、スビサレッタのコメントが全てです。

『今のアトレティコ・マドリーは欧州で最も強力なチームの一つだ。リーガのチームなので、我々は他のチームよりホームでも(アトレティコの本拠地)ビセンテ・カルデロンでも戦い慣れている』

『ここまで来ればどこも素晴らしいクラブばかり、素晴らしいカードばかりだ。フットボールファンは楽しむことができるだろう。決勝トーナメント1回戦での我々のカードも最も厳しいものの一つだったし、次は準々決勝だ』

そして、この週末はビッグ・ロンドンダービーにクラシコ。

フットボール最高!!