“答え”は?

コケ

バルサ

2013-2014・チャンピオンズリーグ・クォーターファイナル・セカンドレグ、アトレティコ・マドリードVSバルセロナ@ビセンテ・カルデロン。

ジエゴ・コスタを欠いたアトレティコは亀のように閉じ篭ると思っていたが、開始早々から恐ろしいインテンシティを見せてバルサに襲い掛かってきた。

ファーストレグでネットを揺らされたシーンと同じようなところから強烈なシュートを放たれ、その後にはアドリアン・ロペスにクロスバー直撃を見舞われ、そのボールをビジャに繋がれ最後はコケにダイレクトでネットを揺らされた。

始まって5分の出来事だった。

完全に勢いに飲まれたバルサは、早くも無失点で終えるミッションが瓦解した。その後もクロスバー直撃を2度も喰らい、悲しい程に浮き足だった。僕は、フットボールの女神はまだバルサにチャンスを与えていたのかもしれないとセンチメンタルに思う事にしたのだが、その後フィナーレを迎えるまでほとんど何も出来なかった。

思うようにパスが回せない。

足の長い乾いたピッチがかなり影響はしていたであろうが、そんなことはゲーム前から分かっていたはずだ。

前へ進めない。

パスは『そこに出せよ』と言われている横へのみ。それでも、アウヴェスの単純なクロスがフリーのメッシに一度だけピンポイントで合ったりもしたが、メッシのヘッドは右ポストを逸れてネットを揺らすことはなかった。

メッシは80分間消えていた。

昨シーズン、より顕著になった“システム・メッシ”が封じられた、あるいは機能しない時のセカンド・オプション。ブラジルの至宝を100億掛けて獲得したにも係わらず、単騎のドリブルでは状況を打開することは叶わずピッチに転げ回るのが関の山だった。

エレガントに舞うイニエスタもこの日は沈黙。

左エストレーモで先発したハズだったが繋げない中盤に早々にインテリオールに下りてきて不毛なパスを経由するのみだった。

後半、メッシとともにほぼ消えていたセスクに代えてサンチェスを投入し、メッシが中盤に下りてくる感じにトランスフォームしようとしたと思うが、アトレティコのポジショニングは完璧だった。メッシは何も出来ず、サンチェスもイニエスタに代って入ったペドロも何も出来なかった。

結局のところ、タフでソリッドな10人がエリア周辺を固めれば最早何も出来なくなってしまったのだ。

ボールを失っても、少々鋭いカウンターを喰らおうが跳ね返す屈強なセントラルの補強に失敗したのがこの事態を招いたのかもしれない。

ボールを失わないことは重要(特にバルセロナの哲学では)だが、ボールを失うことを恐れてリスクを取らないではゴールを叶わない。

アウヴェスとアルバはやはり恐ろしく高い位置を取らねばならない。高い位置で、サイドで数的優位を作ってエリア内に侵入して行かなければネットを揺らすことは出来ないだろうと思う。

昨シーズンはミュンヘンにズタズタにプライドを引き裂かれ、今シーズンはアトレティコのインテンシティに敗れ終焉となった。

『ビッグマッチで勝利を収めるのは、優れたゲームプランを立てたチームだ。選手たちはチームのアイディアに背かない。彼らには情熱があり、それがすべてだ』とゲーム後にシメオネは語ったが、40年ぶりにヨーロッパの舞台でセミファイナル進出するに相応しい情熱あるゲームを披露したのは賞讃に値する。

『バルセロナのスタイルはアトレティコのアプローチと違う。我々は過去10年のようにやった。我々を成功に導いてきた形だ。今夜は最初の20分に大きな違いが両チームの間にあった。それからは我々にもチャンスがあったんだがね』

『序盤はアトレティコがああいうプレイをしてきた。ロングボールを使い、ルーズボールを拾った。我々は4本5本とパスを繋ぐことが出来なかった。もっとコントロールしたかったが、それが出来なかった』と語ったマルティーノ。

『閉じ篭る相手に対してどう抉じ開けるのか?』の答えはこのミステルでは見付けることは出来なかった。

悲しいがその答えはまだ見付かっていない。

 

ネイマール

単独では答えとはならなかったネイマール。

イニエスタやアルバと絡むシーンは皆無だった。

 

イニエスタ

ゲーム前に200%で戦うと語っていたイニエスタだったが、珍しいミスも多く途中交代となってしまった。

『途中交代に驚きを感じたか? そうだね。でも監督が決定したことだ。アトレティコはラウンド突破にふさわしい。決定機をしっかりと物にしたんだからね。最初の20分間、彼らが僕たちを圧迫することは分かっていたし、実際にそうなった。彼らは長所を生かし切り、僕たちも最後までそうしようと試みた』と語ったが、公式戦通算500試合目のゲームは何も出来なかったゲームとなってしまった。

 

メッシ

ほぼ何もしなかったメッシ。

残念でならなかった。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中