“good luck” jose

何かイイですね(笑)。

イビラヒモビッチってヤツは何処か人を惹き付けますね。今年のバロンドール授賞式でのクロップとのヒトコマ(コチラ)もそうでしたが、ヤンチャな面が憎めないナイスガイって感じなんだろうなぁ〜。

2013-2014・チャンピオンズリーグ・クォーターファイナル・セカンドレグ、チェルシーVSパリ・サンジェルマン@スタンフォード・ブリッジ。

ファーストレグを1-3でモノにしていたパリでしたが、終了間際にデンバ・バの劇的なゴールで2-0で敗れチャンピオンズから去ることとなりました。

ファーストレグでハムストリングを痛めてしまったズラタン王はスタンドから仲間の奮闘を見守りましたが、ロンドンではネットを揺らすことが叶わず。

『俺がピッチに立っていれば』と間違いなく思っているハズですが、ゲーム後の恩師ジョゼ・モウリーニョのインタビューにお茶目に登場してくれました。

『グッド・ラック!!』

 

ズラタン&モウ

身を屈めて近づくイブラヒモビッチ(笑)。

 

デンバ・バ

美しいゴールではありませんでしたが、プレミアらしいゴールかな。値千金の一発はチェルシーをネクストラウンドへ導きました。

 

モウリーニョ

ゴールが決まった後に喜びを爆発させてタッチライン沿いを疾走したモウリーニョと落胆したブラン。

モウリーニョは、『(疾走したのは)祝福のためではない。フェルナンドとデンバに変更を伝えるためだ。まだ残り3分とアディショナルタイムが残っていたからね。我々がとっていた戦術を続けることはあまりに危険だった。デンバにはDFの前でプレーさせたかった。フェルナンドにはマックスウェルのマークを求めた』

『デンバは最後に大きな仕事をしてくれた。我々はそれにふさわしい戦いをしたと思う。守ることを決めたチームを倒した。チームは気持ちを注いですべてを出し、この準決勝進出に値したよ』と語りました。

ポルト時代を彷彿とさせたランニングでしたが(笑)確かに何か指示を出していました。

 

モウリーニョ

やっぱなんか持っているんだろうなぁ〜。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中