暗黒時代への備え

バルサ

2013-2014・リーガ・エスパニョーラ第34節、バルセロナVsアスレティック・ビルバオ@カンプ・ノウ。

普通でそこそこ強いビッグクラブに堕ちてしまった愛しのバルサ。そう、アーセナルのように。

ピッチでジョギングしかしなくなったメッシ。

理由は分かりません。

スペースがないと何もできなくなったバルサ。

戦術とインテンシティが足りません。

タフでソリッドな守備網を搔い潜る術とメッシをコントロール出来るマネージャーが必要ですかね。

この試合もなんかあっけなく失点してしまい、公式戦4連敗か!?って感じでしたが、ビルバオは前にガンガン攻めてくるのでどんなに駄目なバルサでも決定機は何度も訪れました。

『13度の決定機を迎えたチームが勝てなければ、それは偶然の結果だよ。今日のようなパフォーマンスを維持すれば、敗戦よりも勝利を収めることの方が多いはずだ。今日の試合を見ると、分からなくなることだがね』とマルティーノは言いましたが、スペースがあったからです。

『(メッシ)彼は口ではなく、そのプレーによって返答をする。ペナルティーエリアの近くで、多くの選手が守備をするチームを相手にしたとき、我々は一つの問題を抱えてしまう。しかしながら、メッシが先週と異なるプレーを見せたわけではない』とも語ったように、結局は何も変わることなく、変えることも出来ませんでした。

例の移籍トラブルで来たるシーズンでは新たなセントラル等を獲得するのは難しいでしょう。誰が指揮を執ってもイイと思いますが、メッシをコントロール出来る、走らせることが出来るマネージャーが来る事を望んで止みません。

加えてカリスマ性がある人物が求められます。

グアルディオラ以外に果たして居るでしょうか?。

 

ペドロ

50分に失点しまいビハインドの後半。

このまま敗れるかと思いましたが、74分にアレクシスのシュートをペドロが方向を変えて追い付き、その1分後にはメッシがフリーキックを叩き込み何とか勝利しました。

 

メッシ

メッシ

コレがあるからピッチに居るのではないだろう。

 

メッシ

ホントどうしちゃったんだろうなぁ〜。飽きちゃったかな?。

メッシが居ないバルサ・・・になってしまうのかしら。復活してもらいたいものです。

広告