“R・I・P”

ビラノバ

ビラノバ

ビラノバ

日本の2014年4月26日(土)、ティト・ビラノバの訃報を知りました。

享年45歳。

僕と4つしか違いません。

ただただ驚き、言葉を失いました。

3年間の病との闘い、ただただ尊敬するのみです。2012-2013シーズンにバルサのトップチームをペップから引継ぎ、勝ち点100を達成しリーガ制覇を果たしたビラノバ。昨年7月に病気が再発して監督を辞任し、闘病生活を送っていたそうですが、25日に45歳の若さで帰らぬ人となりました。

安らかに。

そして、バルサの行く末を暖かく見守って欲しいと願うのみです。

 

カンプ・ノウ

バルサのプレイヤーには残りのゲームで奮起してもらいたいものです。

『(メッシ)僕自身としては、彼と分かち合って一緒に経験した様々なことをずっと自分の中に持ち続けていくつもりだ。決して忘れることはできない。僕にとってティトはいつまでも永遠の存在だ』と語ったメッシ。

プレイでも応えて欲しい。

広告