フットボールの女神は残酷だ

ジェラード

ジェラード

何もジェラードのミスから失点することないだろう。

2013-2014・プレミアリーグ第36節、リヴァプールVSチェルシー@アンフィールド。

この試合、引き分け以上ならプレミアリーグとなって初めての戴冠が見えたかもしれなかったリヴァプールだったが、前半のアディショナルタイムに非情にも、無情にも、ホーム・アンフィールドで、かつキャプテン・ジェラードのトラップミスで痛い失点を喫してしまった。

リヴァプールのいつもの見慣れたビルドアップ時に起ってしまった一瞬の油断。アディショナルタイムだったし、避けなければならなかった。

いつもなら起らなかったかもしれない。

フットボールの女神は(僕はいると思っている)残酷過ぎる。モウリーニョが好きなのかもしれないが、今シーズンはレッズの優勝で良かったハズだ。

後半は亀のように引いて守る退屈な青い壁に果敢に、勇敢に攻めたレッズ。失点の原因となったキャプテンもミドルやヘッドでなんとかネットを揺らそうと試みたが、無情にも時間だけが過ぎていった。

ついにはフィールドプレイヤ全員が敵陣に入って勝ち点1を捥ぎ取ろうと試みたが、無情にもウィリアンが溢れ球を拾ってトーレスとのカウンターを決め切って幕が降りた。

この敗戦で残り2試合を全勝しても、マン・シティが全勝すれば上回ることが出来ず、悲願は来シーズン以降に持ち越しとなってしまうこととなった。

 

ロジャーズ

『失点にはがっかりしたが、それは仕方ないことだ。スティービーを責めることはない。私は彼がこのクラブにとって素晴らしい選手だということを知っている』と語ったブレンダン・ロジャース。そして、

『もし2連勝してシーズンを終えることが出来れば、我々はチェルシーよりも上の順位でシーズンを終える。そして、シティよりも上の順位にいくことが出来ると思っている。まだ試合は残されているんだ。今のシティは優勝出来ると感じているだろう。今の我々は立ち直るだけだ』と述べた。

もちろん、まだ諦めていない。

残り2節。自分たち次第ではなくなったが、アンフィールドに歓喜は訪れるだろうか?。

 

モウリーニョ

『モウリーニョのフットボールは退屈だ。カウンターから得点を上げたときの挑発的ガッツポーズも鼻についたが、素晴らしい。拍手で讃えよう』

結果だけ残す“ハッピー・ワン”。

フットボールは非情でリアリズムを凌駕出来ないときの方が多い。だからこそ僕は、攻撃的でインテンシティ溢れるチームに心惹かれてしまう。レッズはプレミア制覇に相応しい資格は十二分にある。

歓喜がアンフィールドに訪れることを願って止まない。

 

アンフィールド

アンフィールド

“You’ll never walk alone”

広告

フットボールの女神は残酷だ」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: “deloitte report” 2013-2014 | no football no life @favorite things

  2. ピンバック: さようなら、スティーブン | no football no life @favorite things

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中