ティトに捧ぐ

バルサ

2013-2014・リーガ・エスパニョーラ第35節、ビジャ・レアルVSバルセロナ@エル・マドリガル。

ブスケツとマスチェラーの涙が印象的でした。

2失点から2つのオウンゴールで追い付き、最後はブスケツの浮きパスをセスクが頭で繋いでエリア中央に走り込んできたメッシがネットを揺らして辛くも勝利。

これだけでいいでしょう。

 

メッシ

メッシ

バルサ

マスチェラーノ

フットボールについて話すのは不適当。

このような状況ではフットボールは取るに足らないものだ的なことを語ったマルティーノ。しかし、この試合で不適切で深刻な出来事が起こったことは記しておきたいと思います。

 

アウヴェス

75分。

コーナーキックを蹴ろうとしたアウヴェスの元にバナナが投げ込まれました。人種差別の激しいヨーロッパでは起こり得ることではありますが、なんともクダラナイ行為でしたね。そして、アウヴェスは見事にそのバナナを食べて、何事も無かったように振る舞いました。

スペインでは『人種差別に対する最高の返答』と讃えられ、ネイマールやバロテッリはじめ多くのプレイヤー達がツイッター等でバナナを食べている画像をアップしました。

『(人種差別行為には)あのような行動を取ってやらなければならない。このようなことはもう、僕たちに変えられはしないんだ。11年前からスペインにいるが、ずっと同じであり続けている。馬鹿な奴らは笑ってやらないといけない』とゲーム後に語ったダニエウ・アウヴェス。

チャンピオンズリーグ等でも見られる“no to racism”のバナー。差別は無くならないと思いますが、それを許さない行為が重要なんだと改めて思いました。

 

教会

バルセロナ大聖堂でのお別れ。

 

バルサ

メッシ

アウヴェス&ネイマール

シャビ

カンテラ・カルテッド

お別れの時の画像数点。

ゲーム後シャビは、『ティトへの称賛として勝利を捧げたかった。勝利を彼と彼の家族に捧げるため、最後まで全力を尽くしたよ。身体の状態は悪く、最も難しい試合の一つだった。ティトという人物はとても重要であり、僕たちは模範的存在を失った。彼は僕たちの人生において、ずっと模範であり続ける』と語りました。

 

ビラノバ家

ティトのご家族。

ご冥福をお祈りいたします。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中