La Decima!! Campion of “2014”

マドリー

マドリー

2013-2014・チャンピオンズリーグ・ファイナル、マドリード・ダービー@エスタディオ・ダ・ルス/リスボン。

“個”対“集団”。

それも圧倒的な“個”に対峙する闘う“集団”と形容されたファイナル。ここまで素晴らしいシーズンを送っているロヒ・ブランコ。このゲームも開始から激しく、バランス良く白い巨人に何もさせなかった。

36分に『聖』イケルのミスからゴディンの力ないヘッドがゴールラインを越えてもそれは変わらず、ほぼ完璧だった(ゲームとしてはけっこう退屈だったが)と思う。

そしてそれは90分間続いた(65分過ぎから徐々に足が止まってきてはいた)が、あと5分で栄光のビッグイヤーを手にするところだったのに、『愛すべきクソったれ』の起死回生のヘッド(それは一昨シーズンのドログバのソレのように劇的だった)でテンションが切れてしまった。

この日キレ過ぎていたディ・マリアのシュートの溢れ球を1億ユーロの男が頭で押し込み、後半途中出場した攻撃には秀でるセレソンの左サイドバックが豪快に蹴り込み、最後はこの日ほぼ見せ場が無かったCR7がペナルティを決めてフィナーレを迎えることとなった。

アトレティコは“賞讃されるべき敗者”となり、昨シーズンのドルトムントと同様の結果に、ニュートラルな立場の僕は寂しさを禁じ得なかった。

93分までリードしていたのに。

5分のアディショナルタイムは長ぇーよ。

フットボールではよくあることだが、今シーズンはロヒ・ブランコのシーズンで良かったじゃん!!と思えて仕方なかった。

フットボールの女神は余程お金持ちが好きらしい。

最後はマドリーが、投資資金に見合う果実を手にし偉大なデシマで幕が降りた。

 

シメオネ

『悲しさは感じない。自分の目標を達することができなかったことに対するビターな気持ちが残っている。レアル・マドリーは後半、より良くなった。我々は全員疲れていたが、相手は少し良くなった』と語ったシメオネ。長過ぎるアディショナルタイムに対しては、『レフェリーが望むときに試合は終わる。私が言うことはない』と相変わらず渋過ぎるコメントを残しました。

クロップのようなユーモアはないけれど、カッコいいですね。

 

ゴディン

運もあったが・・・。

早すぎた先制点だったのかなぁ〜。

 

カシージャス

カシージャス

不用意な飛び出しで頭を越されてしまった『聖』イケル。

ラ・ロハの僚友に救われました。ペナルティキック合戦となって、クルトゥワとのマッチアップが観たくもありました。

 

セルヒオ・ラモス

まさに起死回生。

ヤンチャなアンチャンが大きな仕事を成し遂げました。

『僕のキャリアで一番重要なゴールだ。最後まで戦い抜き、ファンに信じられないほどの喜びを与えることができた。これは僕のゴールではなく、最後まで僕たちを後押ししてくれたマドリディスタ、家族、みんなのものだ。長い間待ち続けた。僕たちは優勝にふさわしい』

『ゴールについては、どんな感覚か説明できないよ。すさまじいスピードで、理解できなかった。僕たちは偉大すぎるライバルを相手に、歴史をつくった。フットボールを愛するすべての人とこのチャンピオンズリーグを祝いたい』

 

ラモス&カシージャス

そして、僚友カシージャスに対してはこう言ったみたいです。

『今日の抱擁は、数年前に交わさなければいけなかった。ゴールを決めたときは『君は愛すべきクソったれだ』って言ったよ』

 

ベイル

ベイル

3度あった決定機は逃しましたが、最後に美味しいところを持っていきました。

信じて走っていたかいがありましたね。

『今シーズン、ここまでアトレティコと4回対戦したけど、どれも厳しい接戦だった。彼らに先制されると、守備を崩すのは困難になる。幸運なことに、アディショナルタイムで追いつくことができた』

『僕は逃したチャンスのことを忘れて行き続ける。それを過去の経験から学んだ。そうすれば、また機会がくることがある。うれしいことに、僕は決定的なゴールを決めることができた。それがラスト10分の勢いになった。チャンピオンズリーグ優勝は全てのフットボーラーの夢だ』

『(トロフィーを掲げることは)信じがたい感覚だった。説明できないね。ずっと記憶に残るよ』

 

マルセロ

マルセロ

容赦ないシュートを放ち3点目を奪ったマルセロ。

攻めなくてもいいのに(笑)。

 

ロナウド

足が縺れてましたがね。

17ゴールは見事という他ありません。

 

アンチェロッティ

モウのオヤジやペップよりも凄い成績を残す名将のアンチェロッティ。

調整型の中間管理職。

3度のチャンピオンズ制覇には脱帽です。

 

マドリー

くっそーーーー。

おめでとうございました。

 

ジエゴ・コスタ

わずか9分での交代。

前線でボールが収まらず、この怪我がやっぱり痛すぎましたね。しかし、素晴らしいシーズンでした。

お疲れさまでした。

広告

メッシ契約更改、他バルサニュースを少々

メッシ

メッシ

アトレティコ戦の前に報道されていましたが、先日19日に『神』メッシが契約更改を行いました。詳細は明かされていませんが、報道によると年棒は2,000万ユーロ+出来高払い500万ユーロだそうです。前契約が1,700万ユーロ+最大出来高1,500万ユーロだったそうで、固定部分が大幅アップですかね。

何にしても、世界最高に見合うものを披露してもらいたいと願うのみです。ワールドカップを良いカタチで終えて来たるシーズンに臨み、安定したパフォーマンスとインテンシティを見せてもらいたいものです。

 

ルイス・エンリケ

そして、そのメッシのやる気を引き出すことが最大のテーマとなるマネージャーに、バルサを知る男ルイス・エンリケが就任することとなりました。

プジョルの前のカピタン、ルイス・エンリケ。

熱血漢というイメージの44歳の若き指揮官。セルタではそこそこ結果を出しましたがローマでの蹉跌が少々不安を煽ります。バルサBのマネージャーも経験していますが、攻撃のアイデアはどうでしょうか。

何かとネガティブなカタルーニャでも駄目なんじゃないか?と報道されているみたいですが、バルサ復活を託すのみです。

現地時間明日(もう今日か?)にクラブでサインが行われる模様です。

 

ピケ

ピケ

う〜〜ん・・・セクシィ。

リアル・セレブ、ジェラール・ピケも契約を2019年まで延長することが発表されました。

シーズン終盤は怪我で離脱を余儀なくされ、不本意だった今シーズン。偉大なカピタンはもう居ません。『バルサの会長になりたい』とアホな事を言わず(お爺ちゃんがバルサの副会長だったこのオトコなら可能だろうけど)、自身がカピタンになってチームを引っ張っていくことを目指してもらいたいものです。

しかし、セレブだなぁ〜(笑)。

バルサのプレイヤーらしくないっスよね。

 

シュテーゲン

シュテーゲン

最後はポルテーロ。

兼ねてから噂があったマルク=アンドレ・テル・シュテーゲンがヴァルデスの代りとなります。

『ボルシアで18年間プレイしてきたから、奇妙な感覚ではあるね、寂しく思うことになるのは分かっているけれど、もちろん興奮もしているよ。ボルシアには本当に感謝している。ここで色々なことがあったし、特に素晴らしいことが多かった。クラブは僕にいつも大きなサポートをしてくれた』と古巣に感謝の言葉を述べましたが、難しいバルサのポルテーロ、頑張って欲しいです。

まぁ〜まだ肝心のセントラルの補強が残ってます。バルサ幹部には何としてでも話しを纏めてもらいたいものですね。

DFBポカール・ファイナル(2013-2014)

優勝カップ

ドルトムント・サポ

2013-2014・DFBポカール・ファイナル、ドルトムントVSバイエルン・ミュンヘン@オリンピック・スタディオン・ベルリン。

ライブでは観れませんでしたが、ドイツの祭典を観ました。

失意のチャンピンズとなったドルトムントとバイエルン・ミュンヘン。カウンターとポゼッションの縮図、昨シーズンのチャンピオンズ・ファイナルのような熱いファイナルを期待しましたが、やはりこの2チームのマッチ・アップは面白いです。

前半開始早々にミュンヘンがアタックを仕掛け、2度のチャンスを作りました。ドルトムントは重かったですね。しかし、何とか凌ぎ0-0で後半へ。

 

ドルトムント

ドルトムント

ドルトムント

後半64分。

フンメルスのヘッド(オフサイドだったかな)がゴールラインを越えていましたが、ゴールは認められず。決まってれば・・・。

その後も撃ち合う両チーム。

しかし、ネットは揺らせず延長へ。そして、またしてもこの男がゲームを決めました。

 

ロッベン

ロッベン

107分。

なんてことない右サイドからのクロスがキーパーとラインの抜けてきて、最後はロッベンがゴールに流し込みました。

ディフェンスが疲弊していたかな。ボール・ウォッチャーとなってしまい痛過ぎる失点となりました。

終了間際にはトーマス・ミュラーが止めをさして(いつもミュラーですね)ゲームは0-2でミュンヘンがものにしました。

ふう。

 

クロップ

怒ってたなぁ、クロップ(笑)。

2シーズン連続の無冠となってしまいましたが、よくやっていると思います。レヴァンドフスキが去ってしまいますが、来シーズンもゴキゲンなカウンターを披露してもらいたいものです。

『前半は期待していたようなフットボールを見せることができなかった。みんな疲れている感じだったし、動きに余裕がなかった。後半に入り、ペースをつかみ始めたところでゴールを決めたが、主審がそれを認めなかった。ゴールと判定されていれば、流れは変わったと思う』

それもフットボールの一部だもんなぁ〜。

お疲れさまでした。

 

ペップ

ペップ

今シーズンは2冠で終了。

3冠のチームを引き継ぎ、チャンピオンズでは躓きましたが(かなり批判されましたもんね)まずまずのシーズンでしたでしょう。

『ブンデスリーガの優勝トロフィーが一番大事で、それを獲得したら良いシーズンを過ごしたということになる。でも、ポカールも優勝できたことはもちろんとても幸せだ』

来シーズンも新しいパス・フットボールを披露してもらいたいものです。

JBL PEBBLESを買ってミタ

JBL

久しぶりにオーディオネタ。

長期出張中に伴いPCオーディオの充実を図ってみました。ブツはアメリカの老舗スピーカーメーカーのJBL。Olasonicの卵型スピーカーやBOSEとかと迷いましたが、デザインとプライス(4,900円)優先でコチラに。

結論は大正解。

発売されてからけっこう経っていますので、レヴューは先人たちのを参考にしていただきたいのですが、5,000円の音ではありません。USB DAC内蔵で低音も変な味付けをせずにしっかりタイトに鳴らしてくれます。

低音厨の僕も大満足。

接続は2台のスピーカーをミニジャックケーブルで繋ぎ、USBケーブルをPCに繋ぐだけです。MAC側で『システム環境』→『サウンド』をクリックするとでJBL Pebblesと認識されていますのでチェックを入れれば完了です。

バスパワー駆動のため電源を取る必要もありません(これもイイ)。

 

jbl

3.5㎜入力端子も備わっているので、WlakmanやiPhoneなどを繋いで使うことも可能です。

中央のシルバーになっているところがスピーカー音量を調整するところです。また本体の裏側にケーブルを収納できるようになっていて、持ち運びし易く使い勝手も考慮された設計となっています。

 

jbl

jbl

macやwin pcのスピーカーでは満足出来ない(満足するのは不可能ですよね)諸兄にピッタリの、リーズナブルでコンパクトなPCスピーカーです。

5,000円しないし、買って損はありませんよ〜。

日はまた昇るハズ

シメオネ

シメオネ

道を見失わなければ。

2013-2014・リーガ・エスパニョーラ最終節、バルセロナVSアトレティコ・マドリード@カンプ・ノウ。

インテンシティは見せた。

何かと批判された、置物になってしまったメッシでさえディフェンスするシーンが観られた。

前へのソリッドな意思とゴールを奪うというタフなミッションを、アレクシス・サンチェスの豪快なゴラッソ(34分にまさに炸裂した)が結実させかけた。しかし、シメオネに導かれたロヒ・ブランコは、残り45分がスタートした瞬間からペースを奪い、周到に用意したであろうセットプレイで49分にゲームを振り出しに戻すことに成功した。

エンパテではリーガはアトレティコのものとなる。

沈むことなくゴールへ向かう姿勢は見せてくれたバルサだったが、ネットを揺らすことは叶わなかった。

前半終了間際から押し込まれていたバルサ。ハーフタイムで息を付いて復活するどころか、完全に押し込まれ決壊。幾度となく指摘されていた弱点のセットプレイ。栄華を極めたペップ・バルサならネットを揺らす術を持っていたが、マルティーノ・バルサはとうとう見付けられず無冠でシーズンを終えることとなった。

『アトレティコこそ正しい王者だ。彼らを祝福しなければ』とイニエスタは語ったが、『バルサは道を見失ってしまった。自らを戒めなければ』ならない。

まずは熱い屈強なセントラルの補強だ。ダヴィド・ルイスが本命視されているが、必ず新戦力を補強しなければならない。

シュテーゲンの入団は確実だろうが、ポルテーロからビルドアップするバルサに順応しなければならない。

アウヴェスが残留するかどうかは不透明だが、凡庸で無意味なクロスを上げ続けるならモントーヤでいいだろう。

この日、素晴らしいゴールを上げたアレクシス・サンチェスは何を置いても残留させなければならない。

ベイルに遅れをとった、ピッチを転げ回るだけのブラジルの至宝はボールを持ち過ぎる。

先日、世界一のサラリーで契約更新に合意したと言われる『神』メッシをヤル気にさせる指揮官が必要だ。

ルイス・エンリケに出来るだろうか。

やってもらうしかないのだけれど・・・。

サイクルの終焉と騒がれるが、ミュンヘンに惨敗した昨シーズンから転げ堕ちている。

あの美しかったバルサはもういないが、また新しく世界が模倣を試みるプレイスタイルを築けるハズだ。全ては確固たる熱い意思と明確な戦術と方法論を持つマネージャーに懸かっている。

日はまた昇る。

ワールドカップが終わればまたすぐに新しいシーズンがやってくる。

 

カンプ・ノウ

カンプ・ノウの雰囲気は最高だったけれど・・・。

 

サンチェス

ゴラッソ!!!。

しかし、このシュートがゴール右上隅を駆け抜けた時にも優勝出来る感じがしなかった。それが問題だろう・・・。

 

ゴディン

アトレティコ

繰り返す過ち。

なんてことないコーナーキックに何も手を打てなかったことも問題だろう。

 

ネプチューン広場

お祭り騒ぎのネプチューン広場。

羨ましい。

 

アトレティコ・サポ

アトレティコ・サポ

おめでとうございました。

『ファンの姿、マドリッドがロヒブランコに染まるのを見たくてたまらないよ。ただ今日は歴史を築くことができたものの、まだ土曜に試合が控えている。我々はその試合のための準備を始めなくてはならない』と語ったシメオネもさぞや喜んでいるだろうなぁ〜。

そして、週末はチャンピオンズ・ファイナル。こうなれば2冠達成しかないだろうね。マドリード・ダービー@リスボン。

観ませんよ、まったく(ウソです)。

ありがとうの言葉

プジョル

先日、ヴィクトール・ヴァルデスに続き、偉大なカピタンがバルサを去るにあたり記者会見を開き言葉を残しました。

『僕はあらゆる方法を試した。ドクター達や理学療法士達、クラブのソシオのみんなにお礼を言いたい。僕らは解決策を見つけることはできなかったが、決してあきらめていない。まだ、続けていくつもりだが、プレーするというプレッシャーはなく続けていく』

『このキャリアを手にできるとは信じていなかった。多くの子供達が持っている夢を僕は生きた。一番好きだったこと、練習し、フットボールをプレーすることができた。多くのタイトルも獲得したが、最も大切なのはこのクラブで得た多くの人間的な部分だ。子供だった僕が、誇り高い家族を手にして去っていくんだ』

『非常に多くのことを学んだ。最高のメンバーとプレーできた』

そして、サポーター達には

『無条件に僕を応援してくれてありがとう。いつも僕のそばにいてくれて、僕はすごく恵まれていた』と述べました。

スピーチの最後にプジョルは、今はこの世にいないアントニオ・オリベレス(プジョルにカンテラ入団を勧めた恩人だそうです)、父親のミキ・ロケ、ルイス・アラゴネスとティト・ビラノバへも感謝の辞を述べたようです。そして、最後をこう締めくくりました。

『一つの時代が終わって、新たな時代がくるだろう。この時代のように楽しむことができることを願っている。本当にどうもありがとう。ビスカ・バルサ(バルサ万歳!)』

 

プジョル

退団会見で言葉を贈ったシャビ。

以下、プジョル・ギャラリー。

 

プジョル

いつも全力。

まさに闘将でしたね。また満身創痍(コチラ)でもありました。

 

プジョル

プジョル

プジョル

ヘッドが似合い過ぎます。

 

プジョル

心優しきグラン・カピタン。

 

ちなみに、1999年から2014年の間で18ゴールを記録しました。

 

プジョル

お疲れさまでした。

貴方を忘れることはないでしょう。

 

トロフィー

そしていよいよ今夜、ファイナルです。

グラン・カピタンにも捧げる勝利しかありません。

マスト・ゴール、マスト・ウィン。

さようならの手紙

ヴァルデス

ヴァルデス

◆ヴィクトール・ヴァルデスからの手紙◆

みなさんにさようならを言うお別れの瞬間となりました。

残念ながら、望んでいたように、ピッチに立ってフットボールをしながらお別れをすることはかないませんでしたが、人生とは時にそういうものです。その意味で、今年は僕にとって残酷な年となりました。

自分はどこから来て、どうなったのかを振り返る時間がありました。そこには、ここまで私を助けてくれたたくさんの人たちへの思いのみが浮かびます。その皆さんにこの手紙を捧げます。 

オリオル・トルト、ホセ・アントニオ・ポサンコ、フアン・マヌエル・アセンシ、ウルシシニオ・ロペス、アルベルト・ベナイジェス、アントニオ・オルモ、フアン・カルロス・ペレス・ロホ、ペップ・セグラ、キケ・コスタス、ジョアン・ビラ、ジョルディ・カステル・・・僕がなりたいと夢見ていたスポーツマンに育ててくれた先輩方。10歳の子供の時から、僕がカンプノウのゴールを守るGKにまで成長させてくれた人々。

全ての人達に感謝します。 

 

ヴァルデス

ルイス・フアンハールにありがとう。

彼の目だけがその才能を見抜き、僕に賭けるのに十分な勇気を見せてくれた。歴史的なバルサの建築の最初から関われたこの栄誉に僕は恵まれたのです。心から感謝しています。

 

ヴァルデス

フランク・ライカールトにありがとう。

僕に必要な信頼を与えてくれ、僕の手でパリの欧州杯に触れることができるその栄光まで到達させてくれた。どこにいても、僕の人生は永遠にあなたへの借りがあることでしょう、監督。

 

ヴァルデス

ペップにありがとう。

僕の知らないプレーへの扉を開いてくれ、成功を探し続けるための道への案内役となってくれた。一緒にその道を見つけられたよね?常に道はそこに残るよ、監督。それから、信じて、それは永遠に続くから。

 

ヴァルデス

ティトにありがとう。

どこにあなたがいても、チームとして勝ち続ける道だけでなく、人生に立ち向かっていくための力とその人としての道を教えてくれたことに感謝します。

 

ヴァルデス

毎日、このクラブ章旗を胸に、一緒に仕事を共有する光栄を手にし、この数年の間、作ってきたグループの中で、僕を重要な存在だと感じさせてくれたチームメートに感謝します。なぜなら、全ては彼らにたどり着くからです。ここに、今いるのは僕らなのだから。

みんなどうもありがとう。

そしてもちろん、この12年間、プロとしてこのユニフォームを来た僕にとって最も大切な人達のことを忘れたくはありません。僕の忠実なサポーターの人達。何が起きてもそこにいて、戦う僕に必要な力をいつも与え続けてくれた、毎回、祝う度に僕のことを誇りに思ってくれた、毎試合ごとに応援してくれた、僕にいつもそのポジティブなエネルギーを感じ続けさせてくれた、そしてこの何年もの間、僕に翼を与えてくれた人達。それなしでは、僕は一人ではやり遂げることができなかったことでしょう。 

ありがとう、ありがとう、本当に心からありがとう。

どうか、これからも僕のことを支え続けてくれるよう、お願いします。

いつまでも、永遠に FORÇA BARÇA!

ヴィクトール・ヴァルデス・アリバス

 

ヴァルデス

ヴァルデス

早く怪我から復帰することを祈念いたします。

またいつかどこかで。