ハワード・ウェブと誤審と心配なセレソン

ウェブ

2014・ブラジルワールドカップ・ベスト16、ブラジルVSチリ@スタディオ・ゴベルナドール・マガリャンイス・ピント。

今でも忘れられない、ワールドカップ・サウスアフリカ大会のファイナル、スペインVSオランダのジャッジをしたハワード・ウェブ。結構な誤審やロッベンの単騎ドリブルを意図的に悪質なファウルで止めようとしたプジョルに対してイエロー・カードしか提示しなかったこのスキンヘッドのプレミア・レフェリーが、このゲームを捌くことに僕は少なからず不安を抱いていた。彼の地で彼はまた致命的なミスを犯すのではないかと。ホスト・カントリーでの失敗はかなり危険だから。

ゲームはホイッスル後から激しい当たりが展開された。チリの前へのアタックにピッチのあちこちで転げるカナリア軍団。そして微妙なシーンが10分を過ぎて訪れた。

ネイマールとのパス交換でフッキがエリア内で倒れたのだ。見ようによってはペナルティ(しかしペナルティではない)。しかし、ハワード・ウェブは微動だにせず、最初の難関を突破した。このあたりは流石と言わざるを得ない。開幕戦でレフェリングした西村さんとの違いに(良いか悪いかはべつだが)僕は安堵した。開幕戦でのジャッジが基準となるなら吹かれてもおかしくなかったと思うが、プレミア基準はいい意味でひと味違う。

ゲームは、チリの魂のディフェンスがセレソンの黄色い弾丸を防ぎ、熱い熱いゲームとなって観る者を飽きさせなかった。

しかし、徐々に押し込まれるチリ。まぁ仕方ない。相手は世界のトップ・オブ・トップでホストカントリーなのだから。数多くのコーナーキックを得たブラジルはそのうちの一つをモノにし、リードを奪う。しかし、チリもセレソンの一瞬の隙(スローインからのミスを見逃さなかった)を付いてダイレクトパスを受けたアレクシス・サンチェスがエリア内右に侵入しゴール左隅に流し込んで1-1とした。

前半は本当に面白かった。ここまでのベスト・バウトと言っても過言ではないスリリングなゲーム展開に、後半も期待が高まっていった。そして、また訪れた誤審。やはり人間のすることだ。致し方あるまい。

55分。ロングフィードをエリアで前を向いて受けたフッキ。右胸あたりでトラップしボールを不格好ではあるがゴール右隅に流し込み後半早々にセレソンがリード・・・と思いきや今度はそれがハンドと見なされゴールは取り消されたのだ。

微妙ではあった。スローで観るとハンドでは無かったが、またもや誤審が生まれてしまったのだ。セレソンサポーターの怒りは尋常ではなかっただろう。その後はブラジル寄りにホイッスルが吹かれていたように錯覚を覚えてしまい、徐々に足が止まっていく両チーム(凄まじい炎天下では致し方ないが)。その中でもブラジルに二度、チリにも二度ほど決定機が訪れたがネットを揺らすことは叶わず(特にチリは本当に惜しかった)エクストララウンドへと進んでいった。

もはや両者に走れ攻めろと言っても、太陽が西から昇ることがないように効果的なソレは不可能なことだった。それでも終了間際にチリがバーを叩くシュートシーンを演出し、ブラジルサポーターの何人か心臓が止まったことだろう。

フットボール・ロシアン・ルーレット。

後攻めのチリが連続で失敗し、ブラジルもウィリアンがストップされ、この試合何かとキーとなったフッキも失敗し手に汗濁る残酷な展開も、最後はチリがポストに当ててしまいジ・エンド。

セレソンが辛くもネクスト・ラウンドに進み、勇敢に戦った偉大なチリがブラジルの地を去ることとなった。

ウィン・オア・ゴーホームの1発勝負はやはり面白い。

ハワード・ウェブのジャッジは後半に失敗したが、ゲームを熱くする無駄なカードを出さなかった点は褒められると言っていいだろう。戦犯になりかけたフッキも胸を撫で下ろし、セレソンは次なるハードルへと1歩進んだ。

 

フッキ

ハンドじゃなかったよな。

1ゴール損したが、勝ててよかった。

 

セレソン

死闘。

 

セレソン

勝利が確定した瞬間のセレソン。

チアゴ・シウバとネイマールの涙が物語っていました。

 

アレクシス・サンチェス

アレクシス・サンチェス

この日もキレキレだったアレクシス。

同点ゴールは見事でしたがね・・・。

 

バルサの僚友

バルサ&バルサ&バルサ。

『苦しかった。それが本音だ。勝ちたいという気持ちは自分のサッカー人生の中で一番大きかった。すべてを出し切ったよ。いまはただ休みたい 』

『母国のファンの前で負けてしまうのではという恐怖はなかった。勝ちたいという気持ちがその恐怖を打ち消した。あの涙は勝てた喜びからだよ』とゲーム後に語ったネイマール。

負傷の報道も出てましたので心配(セレソンのゲーム内容も含め)ですね。そして、次は超新星ハメス・ロドリゲス率いるコロンビア。こちらも凄い試合になることを期待したいと思います。

 

ハメス・ロドリゲス

ハメス・ロドリゲス

今大会一のスーパー・ボレーを沈めたハメス・ロドリゲス。

ブラジルをも飲み込めばハメスの大会となるかもしれません。しかし、ヤバイ1発だったなぁ〜。

まもなくオランダVSメキシコです。また寝不足だ。

広告

いよいよノックアウト・ラウンド

ワールドカップ・トロフィー

僕がワールドカップを観始めたのは1990年のイタリア大会からだ。

ストイコビッチの幾度となく繰り返された華麗な切り返しと一流のスナイパーのようなスルーパスを繰り出すバルデラマに魅了された、フリット、ファン・バステン、ライカールトのミラン・トリオを擁して前評判が高かったオランダが3分けと躓き、辛くも進んだノックアウト・ラウンドでライカールトがフェラーに唾を吐き敢えなくゴーホームとなったことに失望した、ロベルト・バッジョ(彗星のように現れ美しいゴールを決めた)がアメリカ大会で悲劇の主人公となるプレリュードとなった、そして結局最後はドイツがドイツだった大会(その時はまだ良く分からなかったのだけれども)から24年が経った今大会。

色々なドラマ、目を覆いたくなるような愚行(今大会もご多分に漏れず嘆かわしい出来事が3つ4つあった)、美しい瞬間に奇跡のヒトコマ等歴史の目撃者の一人となってきたが、ここブラジルの地もいよいよ1発勝負に切り替わる。

南米大会の様相を呈するほど(エクアドルのみ敗退)の南米勢の勝負強さ、アジアのレベルの低さ(結局ひとつの試合も勝つことが出来なかった訳だから)を再認識させられた大会となっているが、ここらからはウィン・オア・ゴーホームの一発勝負。

何が起きてもエキサイティングでエモーショナルだろう。

ブラジルVSチリ、オランダVSメキシコが白眉(もちろんライブ視聴することとなる)だが、とりわけホスト・カントリーのブラジルはベスト16からかなり険しい道程となっている。勝ち上がれば、コロンビアとウルグアイの勝者との再びの南米決戦。そしてボトムハーフの(順当にいけば)フランス(デシャンの下、一致団結しかなり不気味な)とドイツの勝者とセミ・ファイナルを戦うこととなるだろう(おそらくはドイツだろうけれど)。オランダは曲者メキシコを下せば、ギリシャとコスタリカの勝者と当たり、それを順当に退けてアルゼンチンとセミファイナルを戦うというのがマジョリティ予想となるだろう。

南米VSヨーロッパの定説を覆すアウトサイダーが果たして現れるだろうか。アルゼンチンは伏兵スイス、ボトムハーフにはプレミア・ベルギーが控えている。一筋縄に行かないのは言うまでもない。足元を掬われる可能性も少なからずある。

順当なセミファイナル(ブラジルVSドイツ、オランダVSアルゼンチン)で大いに盛り上がりたい気持ち7割、伏兵の1発を観てみたくもあるが2割(とくにチリのアップセット)、ジャイアント・キリング(それはコスタリカが勝ち上がることだが)観たさ1割といったところが今の気持ちだ。

ディフェンディング・チャンピオンの“無敵艦隊”スペインが沈んだ今大会。残りのビッグ3(ブラジル・アルゼンチン・ドイツ)は順当に勝ち進めるだろうか。フットボール・ロシアン・ルーレットもあるノックアウト・ラウンドは全く予断を許さない状況だ。

兎にも角にも、熱くて美しいゲームをたくさん観たいものである。

 

トーナメント表

僕はまだアルゼンチンにベットしたままですが果たして?。

オランダの初優勝でもイイんだけれど・・・。

蟲師 続章第8話『風巻立つ』

蟲師

蟲師

今回は『とりかぜ』という蟲を口笛で操る少年のおはなし。

『とりかぜ』、『ヤドカリドリ』みたいでしたね。この蟲自体は何もありませんが・・・。

 

ギンコ

『夜には吹かんことだ』

『悪いことがおこる』と注意したギンコさん。しかし、無意識に吹いてしまうのでした。

 

イブキ

蟲師

蟲師

船を沈めてしまい、そして蟲に憑かれるイブキ。

 

ギンコ&化野

一方のギンコは化野先生と。

久しぶりの化野先生、イイですネ。

 

化野先生

真剣な表情の化野先生。

 

化野先生

化野&ギンコ

化野先生では治せない。

呼蠱(よびこ)という蟲の仕業のせいでした。

 

ギンコ

とりあえず自分に取り憑かせ外に追い払ったギンコ。

キモい〜。

 

蟲師

イブキに再度忠告するギンコでしたが・・・。

口笛を吹くの止めないイブキ。継母に対する複雑な感情を持て余していました。

 

蟲師

蟲師 蟲師

そしてとうとう家まで吹き飛ばしてしまいました。

 

ギンコ&化野

『あっ・・・やりおったなー』(化野)

 

蟲師

『その後、その少年を里で見たものはなかったという・・・』

家を出て、一人でやっていく決心をしたのだろうイブキ君に幸あれ。まっ・・・、一人ではなく『とりかぜ』も一緒だし寂しくはないだろう。

しかし、呼蠱(よびこ)の作画が半端ない回でした。放送が一週伸びたのも頷けるクオリティで、やっぱ蟲師はイイですね〜。

メッシ、自らバースデイを祝う

メッシ

2014・ブラジルワールドカップ・グループF・最終戦、アルゼンチンVSナイジェリア@ベイラ・リオ スタジアム。

昨日27歳になったメッシが自らの2発でネットを揺らし、母国を3連勝に導きグループ・ステージ首位突破を果たしました。

良かった。

開始早々の3分に、縦パス1本で左サイドを抜け出したディ・マリアの強烈な一撃の跳ね返りを豪快に蹴り込み先制点を齎したメッシ。お爺ちゃんに『もっと走れ』と言われた(笑)みたいですが、前半のアディショナル・タイムに自ら得たフリーキックを直接捩じ込み2得点。これで3試合連発の4得点。バルサの同僚ネイマールと並び得点王レースをも引っ張ってます。

試合はナイジェリアのカウンターに守備が綻び2失点と頂けませんでしたが、コーナーキックからディフェンダーのロホがネットを揺らし3-2で勝利しました。

ノックアウト・ラウンドの相手は伏兵スイス。ミュンヘンのシャチリがハットトリックと好調で侮れません。

何としてでも突破しなければなりません。

バモス!メッシ!!。

 

メッシ

メッシ

ゴールの上を突き破らんばかりの豪快な1点目。

溢れ球によく詰めてました。

 

メッシ

メッシ

美しい弧を描いた2点目のフリーキック。

ここまでは結果、メッシとネイマールは順調(内容自体は決して褒められませんが)です。

ツートップが絶好調過ぎるファン・ペルシーとロッベンが共に3得点のオランダ、トーマス・ミュラー(こちらも3得点)のドイツあたりとの決戦が面白そうですが、果たして?。

日本の惨敗に心を痛めておりましたが、ノックアウト・ラウンドが待ち遠しい今日この頃。フットボールって、やっぱ楽しい!!。

それでも明日はやってくる

長友くん

『少しの時間がたって落ち着いた今、みなさんに自分の思いを伝えたいと思います』

『自分の中にある一番大きな気持ちは、本当に申し訳ない気持ちです。応援して下さった人、支えて下さった人たちに最高の結果で恩返ししたかったです』

『本当に申し訳ない気持ちです。すべての批判を受け止めます。僕はチームの勝利に貢献することができませんでした』

とブログで心境を綴った長友くん。

この写真の後、インテルの同僚グアリンに慰められるシーンに・・・。

『批判してくれる人は自分を成長させてくれます。そのすべてをエネルギーに変えて、必ず成長します。応援して下さった人、僕を支えてくれる人、批判してくれる人たちすべてに感謝して、これからも成長しなくてはらないと思っています』

 

カガワくん

『悔しかったし、これで終わりだと思うと、すごく寂しかった』

『今すぐ振り返るのはなかなか難しいです。勝つことを目標にやってきて、でも1勝もできないということが結果として残ったので。ただ悔しいです』

『難しさというか、こういう戦いで勝ち抜いていくために必要なことを感じた。こういう4年に一度の大会で自分たちのサッカーを出し切るメンタリティーだったり、チームとしての強さというのを初戦から痛感させられた。やはり経験を含めて物足りなかったと思います』

『分からないですが、やっぱり自分のキャリアは続くし、ここで引退するわけじゃないので。このワールドカップに懸けてやってきたので、今はなかなか気持ちの切り替えが難しいですが、しっかり整理して頑張ります』

日本人プレイヤーで最も高みに登ったプレイメイカーの明日は?。ただただ、頑張って欲しい。

 

内田くん

『ワールドカップはどんなかなと思ったけど、普通にサッカーの試合だった』

『自分たちのサッカーをすれば勝てますよ、それは。でも、できないから。これが地力じゃないですか。何回も言ってきましたけど、いつもどおりやればいいと思っていた。それをやれないんだけど。そういうレベルだから』

『世界は近いけど、広いなと』

『勝って、ここ(ミックスゾーン)を通ってしゃべりたい。負けてしゃべっても説得力がないし、格好悪いでしょ』

どこまでもクールに、マイペースに。ウッチーはどんな時でもウッチーだった。

『課題とか、夢とか、目標っていうのを、下の世代に託すってのはどうかと思いますけど、僕らの大会は終わってしまったので』

満身創痍の中、代表を引退するようなコメントも発したが・・・(引退は)まだ早いよ。

 

長谷部くん

『この4年間、このワールドカップのためにやってきたが結果は出なかった。非常に残念。応援に来てくれたサポーターもいるし、時差のある中、日本で応援してくれたサポーターもいる。気持ちに答えられなかったのが悔しい』

『自分たちは最後までやり切る使命があったし、最後まで顔を上げてやろうとみんなで話した。攻める姿勢を最後まで貫いて、ああいう結果になった。後悔がないかと言えば、最後の部分は後悔はない』

『ここでまた新しいものを模索していくのか、これまでの方向性を継続していくのか。それを考えるのは日本サッカー協会だが、日本の10年、20年先を見てやっていくのであれば、継続していくことがいいというのが僕の個人的な思い』

『このチームはまとまりや団結も素晴らしかった。試合に出ない選手の振るまいは、2010年からチームに受け継がれているもの。それは継続していくべきだと思う』

どんな時でも心を整える長谷部キャプテン。

『自分たちの力不足です。それ以上それ以下でもないです』

『結果がすべての世界なので。この大会のために4年間やってきて結果が出なかったので、キャプテンとして非常に責任を重く感じています』

ただただお疲れさまでしたしかない。

 

岡崎くん

『力不足と言えば、それまで。それしか考えつかない』

『自分の力がないなと感じた大会だった』

『自分の好きなところにボールが来ればある程度できるけど、ワールドカップはそれだけじゃない。そこを抑えられたときに自分の総合力が問われる。それを考えたときに、自分のやってきたことはまだまだ足りないと思った』

『自分のせいで失点したので、取り返せたことは気持ち的に大きかった』

『やってきたことを封じられて、今日みたいに上がろうとバランスを崩したら1-4。コートジボワール戦みたいに下がろうとやったら1-2。一つのことを貫かせてくれなかった。そこを封じられたときに何もできなかった』

『ギリシャが2-1で最後に持っていったというのはより響く。自分たちがやりたかったことをやられた。悔しいし、整理できない。勝っていれば自分たちが(決勝トーナメントに)行けていた。そういう未練もある』

起死回生のヘッドで一旦は追い付いたんだ。それだけに悔しさが募る。ブンデスで開花した今シーズン。この舞台でも輝けるはずだろう?。

 

本田くん

『自分の言ったことに責任もあるし、非常にみじめですけど、これが現実。すべてを受け入れて、また明日から進んでいかないといけない』

『また一から、この悔しさを生かすしかないのかなと。自分にはサッカーしかないし、自分らしくやっていくしか…、そのやり方しか知らない。これからも……これからというか、明日からですね。また前を向いて進んでいきたいと思います』

『何を言っても負けたので。ただの負け犬の遠吠えになるけど』

『こういうサッカーで勝たないと、見ている人も魅了されないと思うし……。ただ、勝っていないので。『何、言ってんねん』って話になるでしょうけど、今後、日本サッカー界で大きく議論されるでしょうけど、僕はこのスタンスで行くことが、個々の選手の成長にもつながると、そういうふうに思っています』

『ここで変えないと言っても、『何、言ってるんだ』ってなるでしょうけど、俺はこの生き方しか知らないし、自分らしく生きる、生き続ける。明日からもサッカーができるチャンスがあるのは、すごく幸せだし、サッカーに感謝しないといけない。強気しか、僕には道がないと思う』

間違いではないけれど・・・。11人でやるのがフットボール。日本代表の未来は果たして?。

以上、代表談話備忘録。

新しい指揮官のもと、これから何をどうするか。無能な協会に期待せず、それぞれのプレイヤーに頑張ってもらいたい切に思う。

 

日本代表

また次の4年間が始まるのだ。

そして明日は、きっといい一日だ。

お疲れさま

日本

俺たちは弱い。

2014・ブラジルワールドカップ・グループC・最終戦、コロンビアVS日本@アレーナ・パンタナール・スタジアム。

前への意欲とともに攻撃的にいったが、如何せんスキルが足りなかった。

目に余るミスパスの多さ。

目を覆いたくなる稚拙なディフェンスは世界レベルで戦うに至っていなかった。

いいだろう、失点覚悟だ。

前半17分に今野くんの不用意なペナルティで早々に失点したが、前を向いてガムシャラに攻めていった。無謀なほどに。カガワくんの惜しいシーンもあったが、如何せんシュートに力がない。コーナーキックを数本獲得したが、ショートコーナーからのアイデアは皆無だった。

焦るばかりで空回り。

カウンターから2点目を決められなかったのは幸運だった。そして、その幸運を活かす前半アディショナルタイムでの岡崎くんのヘッド。息を吹き返すハズだった。ギリシャが1-0でリードもしてくれていたのに。

しかし、後半のホイッスルが吹かれてから圧倒的にズルズル押し込まれる。

失点は時間の問題だった。

何故なんだろう?。繰り返す過ちとデジャヴ。

55分に決壊し、日本のブラジルワールドカップが終わった。それでも長谷部キャプテンは、下を向くな、攻めるんだと味方を鼓舞し続けた。

大久保くんはスキルが足りなかった。

岡崎くんは前半のゴールで結果を出したが後半は消えてしまった。

本田くんは全くスピードがなく相手のマンマークに手を焼きアタッキングサードでプレイ出来ず、カガワくんは・・・。シュートを数本打てただけマシだったか。

この日先発した青山くんは何本パスを成功させただろうか。長谷部くんは守備に忙殺され、内田くんはほとんど攻め上がることが出来ず、長友くんはカガワくんと効果的でないパス交換と無意味なクロスを上げるばかり。

そして、酷すぎた吉田くんと今野くん。世界レベルのテクニックとスピードに翻弄されアジアのレベルを世界に晒してしまった。

俺たちは本当に弱い。

史上最強と謳われ、偶に見せる美しい崩しに惑わされた。マン・ユナイテッドやミランにインテル、ブンデスやプレミアでプレイする選手が増えたのをいいことにヤレると勘違いしてしまったのだ。ほとんどレギュラーでやっていたのは岡崎くんと長友くんと内田くんくらいだったのに。点を取らないと勝てないフットボールでセンターフォワードのデキは32カ国中最低だった。

これが現在地。

結局20年何も変わっていない。繋いで攻めていくことはもう無理だろう。引いてカウンターで虎の子の得点を守りきる、勝ち点1で満足し無駄な失点を増やさない。相手を上回る攻撃を見せることが出来ないのだから・・・。

また振り出しに戻ってしまった。

フランスで受けた屈辱と得た教訓を思い出すことから始めよう。

新たなナカタくんやナカムラくん、ホンダくんやカガワくんがまた現れるのだろうが、この結果を決して忘れては駄目だ。

俺たちは決して強くないのだから・・・。

 

1失点目

不用意な1失点目。

 

2失点目

いつも通りの2失点目。

 

3失点目

諦めた3失点目。

 

4失点目

ドイツでブラジルに叩きのめされた光景がフラッシュバックした無慈悲なハメス・ロドリゲスのバセリーナでの4失点目。

 

カガワくん

エリア内付近左サイドから右へ切れ込んでの惜しいシュートシーンが1度あったが、チカラがなかった。 もう一段、上に行くためにはエリア内でのインテンシティを身に着ける必要があるだろう。ファン・ハール・ユナイテッドで果たして出番は訪れるだろうか。

厳しいと言わざるを得ない。

悔しいミッドウィークの朝。寝ずにライブ視聴したが、全く眠くならないほど落胆した朝となった。

アッズーリもグッバイ

ゴディン

ゴディン

2014・ブラジルワールドカップ・グループD・最終戦、イタリアVSウルグアイ@エスタディオ・ダス・ドゥーナス。

アトレティコのゴディンが肩で押し込みウルグアイが勝ち抜けとなりました。なんか決めるんだよなぁ~この人。

両チームとも決定機がゼロだった前半。

カテナチオよろしくイタリアペースだったと思いますが、マルキージオの1発レッドが痛かったです。

 

マルキージオ

イエローが妥当だったと思いますが・・・。

1人少なくなってしまい、81分のコーナーキックから失点。攻撃的アッズーリの本領もカテナチオをも発揮することなく、2大会連続でグループリーグ敗退となってしまいました。

 

バロテッリ

バロテッリも前半にイエローを貰い後半から交代でブラジルを後に。

2枚目をケアした交代だったと思いますが、マルキージオが代りに1発レッド。皮肉なのもですね。

イングランド(コスタリカとの最終戦はスコアレスドロー)と共にゴーホームとなったアッズーリ。暑さにやられたブラジルワールドカップ。4年後は復活するでしょうか。

そして、あと15分でまたまた運命のキックオフ。寝ずのコロンビア戦に突入です!!。