改めてこれが実力なんだな

カガワくん&長友くん

今更だが。

相手が10人になって嫌な感じがした。

2014・ブラジルワールドカップ・グループC・第2戦、日本VSギリシャ@エスタディオ・ダス・ドゥーナス。

世界一のスペインですら5人ないし9人で守る相手にゴールを抉じ開けるのには一苦労(あるいは叶わない)するのに、我らが日本代表ではさもありなん。ギリシャは10人になって、引いて守りカウンターで一発を狙う戦術に切り替わった。

案の定、大きな守備ブロックを敷いたギリシャに虚しくクロスは跳ね返され、時間だけが過ぎていった。それでも後半途中から入ったカガワくんのクロスに、裏を取ったウッチーがダイレクトで中へ折り返して、フリーで左サイドを駆け上がってきた大久保くんがゴールへ流し込むだけのシーンが訪れたが、虚しく大きくゴールマウスの枠外に外れていった。

これを決めないと勝てない。

大久保くんは、『ボールが浮いていたので振り抜かず、インサイドに当てようと思った。ボールが強かったしね。でも上に行ってしまった』とゲーム後に語ったが、単純にスキルの問題か。メンタルの問題か。

ボールポゼッションは70%に届く勢いで、シュート数も16本とゴールへの意欲は見せていたが、エリア内でのアイデアや連動性に欠けていた。またまた交代枠を使い切らない無能なマネージャーをどうこう言うのはもう止めよう。

スタメンを外れたカガワくんは、『もちろん、こんな結果は望んでいない。ただ、これがW杯。厳しい舞台なので。僕たちは次、勝つだけ』と語ったが、代表は20年、コレを言い続けている。

今大会は、攻めて(みんなが言うには自分たちのサッカーで)ブラジルに何かを刻むはずだったが、「自分たちのサッカー」はココが限界なのだろうか。

僕は、今回は攻めて、攻め勝ってグループステージは突破出来ると思っていた。初戦の本田くんのゴラッソは吉兆だったはずだが、そこから歯車が狂いはじめ、結局は2試合を消化し勝ち点1が現実だ。自力でのグループステージ突破は叶わない。

『自分たちは2勝するしか(決勝Tに)上がれないと思っていたので、相手のゴールを割ることが出来ずに、ただただ悔しいですね』

『結果がすべてなので、勝ち点3を取れなかったことがただただ悔しいです』と語った本田くん。

そう、ただただ涙が出るほど悔しい。デキる(幻想?)ハズなだけに悔しさが募る。

キング・カズが『勝ち点1を取れたことでベスト16に行けるかもしれない。まだ諦める必要はない』とコメントしたが諦めることはもちろんない。

諦めるなら代表は応援しない。

最終戦はグループ・ステージ突破を決めたコロンビア。

僕を、全ての代表サポーターをアツくさせるプレイを見せてもらいたい。この4年間の集大成をブラジルの地に刻んでもらいたい。フットボールを愛する人間を幸せにしてもらいたい。

頑張れ!日本代表!!。

 

内田くん

FIFAのMOMは本田くんだったみたいだが、この試合のMOMは内田くんだろう。機能しない左サイドに変わって、右サイドを好守に渡って支配していた。

 

日本代表

サポ

必ず勝つ!!は変わらない。

ヌルい日本代表よ、そろそろいい加減何とかしてくれ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中