ジャイアント・キリング

コスタリカ

コスタリカ

アツいゼ!!。

羨まし過ぎる快進撃。

2014・ブラジルワールドカップ・グループD・第2戦、イタリアVSコスタリカ@アレーナ・ペルナンブーコ・スタジアム。

イングランド、イタリア、ウルグアイ、そしてコスタリカ。

コスタリカを除く3国はワールドカップ優勝経験のある列強。そんな“死のグループ”に入ったアウトサイダー・コスタリカが、何と初戦のウルグアイ戦(3-1で勝利)に続きアッズーリをも飲み込み2連勝でグループ・ステージ突破を果たしました。

素晴らしいですね。

事前の強化試合では我らが日本代表にも敗れていたのに。

確かにイタリアは重かったです。しかしそれは言い訳でしょう。前半終了間際に1発をモノにし、後半も果敢に攻めていました。これぞ「自分たちのサッカー」ってやつでしょう。

『我々が何者か、世界はようやく理解してくれたはずだ。だが、コスタリカはまだまだ皆さんを驚かせるよ』と語ったピント、コスタリカ監督(誰???笑い)。

この快進撃の余波でイングランドは最終戦を待たずにゴーホームとなりました。

分からないものです。

これだからフットボールは面白い。

事前に日本に敗れ叩かれ、酷評されての臥薪嘗胆。かたやサムライ・ブルーは何となくイケるんじゃないかというヌルい期待とともに沈んだ現状を目の当たりにすると、越後屋さんだけでなく(他にも警鐘を鳴らしていた評論家はいるでしょうが)もっと我々が危機感を持って、愛情を持って叩かなければならないのかもしれません。

単にマグレではなく、素晴らしいジャイアントキリング2発で決勝トーナメントに進んだコスタリカ。

こうなったらもう少し列強を苦しめるシーンを観てみたいものです。

お見事!!。

 

コスタリカ

コスタリカ

コスタリカ

直前にあったペナルティエリア内でのシーンで、ペナルティの笛を吹いて貰えずの中の間隙を付く秀逸な1発。

ただただ素晴らしいの一言。

 

バロテッリ

戦前に、コスタリカを倒したならば(イングランドはイタリアが勝たないと可能性が消えてしまうため)『エリザベス女王にほっぺにキスを貰いたい』とお馬鹿なツイートをしたスーパー・マリオ。

シュートを撃たないとネットを揺らせませんよ、ったく。

そして、最終戦はスアレスが復帰し(イングランド相手に2発を沈めた)復活を果たしたウルグアイとのファイナル。

勝ち抜けるのはイタリアかウルグアイか?。引き分けでも突破するアッズーリが有利ではあるが、引き分けを狙うようではゴーホームでしょうね。

インテンシティ溢れるアツいゲームを観たいものです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中